恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華街の「天龍菜館」が最近のお気に入り

港総合高校の裏手にある魔窟中華。

私が地元の食べ歩きを始めた頃、
さるHPで紹介されていたのを拝見して、
行き慣れたはずの中華街にこんな場所があるのかとたまげたお店・・・

以来、ずっと気になっていたんだけど、
夜間に高齢の爺さんをこき使うのがどうにも忍びなくて、
なかなか近寄れなかったのさ。

100922 010

最近、代替わりしたらしいという噂を聞いて、
ついに入店を果たす!おっかなびっくりな!

店頭も十二分に怪しいのだが、
もともとガレージだったという店内も2、3発パンチが効いたチープさ。

やや言葉は通じにくいが、
店番の青年orヲバちゃんが配置されるようになったので、
ずいぶん、利用しやすくなったと思うな。

100922 011

「鶏肉ときくらげ、ユリの花炒め」

ガオさんちで紹介されていたこれを見てヤベェと!

これさ、メチャうまいよ!

色合いからして怪しげな現地風なんだけど、
汁に骨付き鶏の旨みが濃厚に染み出ていて、たまらんの!

その他、サイトでも紹介するけど、
お土産の肉まんに至るまで、死角のないお店みたいだわ。
いろいろ小汚いし独特なんだけど、値段も安いし、お料理も面白い。

「栄楽園」なき後、冴えないオッサンが一人で、ハンパ時間に、
ふらりと寄って小腹を満たす場所に困っていたところ。

どうやら次のやどり木はここのような気もしてきたわ。
スポンサーサイト

お知らせ 10/24

①画像掲示板を設置しました。

恰幅の良い彼の画像掲示板@ブタは見た!

使い方は普通の掲示板と変わりません。

長辺450ピクセル程度まで縮小した画像を、
1回に10枚まで添付できます。

問題点は携帯端末からの投稿ができないこと・・・
古いCGIしか見当たらなくってさ・・・

単に画像置き場として使っていただいても構いませんし、
これならブログ記事を書くような感覚でも使えるんじゃないかな?

もちろん皆さんがそれぞれ自前で発信するのが理想なのですが、
こんなサイトですら常時維持するとなるとかったるいもので・・・

ちょっとしたネタを誰かに教えたい時など、
気軽な投稿が出来る場があってもいいのかと思いました。

サブコンテンツなので読み手も多くはないでしょうが、
さりとて誰の目にも止まらないってことも無いはずですよ。

私もブログに書かない小ネタなどを貼っていくつもり。

どうぞ、よろしく使ってやってください!


②沖縄に行ってきます。

11月の頭にちょこっと行ってくる予定ですが、
PCを持参しないため、更新は掲示板に書き込む程度かな?

現地でのオススメ情報もこちらまでよろしく!


③美容院が許せません

最近、街を歩いていてムカつくのが美容院!

何がムカつくって・・・

パッと見、飲食店にしか見えない店が多すぎること!

メニューとかの洒落た黒板出しててさ、
おっ、良さそうなカフェじゃんと思って歩いていったら、

「Cut 4200円」とか!!
Cutってどんな味するんだよって!怒鳴りこみたい!

実際、客がおしゃれなテーブルでコーヒー飲んでたりするから厄介なんだよね。

あとフランスやイタリア国旗の国旗をかかげる靴屋、雑貨屋も紛らわしいから勘弁。

洋光台「パス・タイム」はデヴが喜ぶバーガー店

昭和ニュータウンの残光、洋光台・・・

駅前のくたびれきった団地商店街にその店はあった!

100911 031

このダブルチーズバーガーを見てよ!!
(ああ、なんでこんな引きの写真なんだろ!)

ドロンドロンのチーズの波間に、
パンに納まりきらねぇ巨大なパテが見え隠れ!

手作りバーガーを気さくに噛じりたい!

そんな私の願いを応えてくれる低価格に加え、
満腹必至のビッグボリュームまで!!

愛せる!すべてのメタボはこの店を愛せる!!

「いいじゃんかわさき 2010」はホントにいいじゃんか!

さて、本日の食フェス紹介は意表をついての川崎です!

国際フェスでもなく、ディワリでもなく、川崎。

経緯を説明すると非常に長くなってしまうのですが、
「24」「寝坊」というキーワードで察していただければ幸いです。

それでも行こうとはしたんだよ!!
でも、チャリ乗ったら、山下公園まで漕ぐのがかったるくなって!
ふらふらと京急に飛び乗ってしまった次第なのです。

お祭り自体は下調べもしてなかっったんだけど、
飲食街のあたりでちょろっと韓国屋台でも出てるのかと思ったんだよね。

101017 003

違ったぁ!!

東口周辺の6商店街が協力したこのイベントだけでもかなりの規模なのに、
お隣りの砂子の商店街やかわさきTMO、競馬場のイベントまで同時集中させて、
もはや全貌がつかめないほどに・・・

食べ物もカレーやら焼きそばやらの定番から、
各飲食店が通り沿いに出した自慢の逸品屋台、
韓国、中国、タイ、フィリピンなどのエスニック等、
歩いているだけでニヤけてきちゃうほどの充実したラインアップ!

私も最近はいろんな方から情報を頂けるようになりましたが・・・

川崎の奴らめ!
こんな素敵イベントをなぜ教えてくれなかったんだ!!!

101017 016

一番旨かったのは「輪倶闇市」の牛丼!

吉野家レベルの安値なのに、肉のみの具をたっぷり乗せてくれたの!

これがいつも食ってるようなバッサリダシの抜けた肉ではないのよ。
口にふくむとトロンととろけるような背徳系の上肉!

もうね、犯罪的に旨かったわ。

その他、うんまそうなホルモン煮やらも売ってて、ここはマヂ反則な屋台。

やっぱ食肉センターが近いからか、店も屋台も肉っぽいのが多いんだよね。

101017 009

「恋郷館」の羊串と麻辣砂肝串。

会場は川崎屈指のエスニックエリアでもあるので、こんなのも食えます。
焼きたて、スパイシーで旨いなぁ~

大衆系中華も多く、パック販売のお料理がえらく安かったり、
皆さんのお好みに合わせて、選り取りみどりよ!

101017 021

「結」のフーチバージューシー。
ヨモギの香りとラードのコクで非常に美味しいです!
初手からペロリです!ヤベェ!

東田アベニューのような細道にもみっちり出店してたのよ。

101017 045

「こけこっこ」のスパイシーチキン。
本場韓国の味!って書いてあったので、
例のタレに絡めたフライドチキンかと思ったら、ちょっとしょぼかった。

唐揚げにキムチ風味の甘辛ダレがかかっているんだけど、
まぁ、相性が悪いはずもなく、そこそこ。

101017 019

「焼肉 SUN」の汁掛飯。
煮込みの汁をご飯にかけました~って、ゲテな一品。

でも、お肉もちゃんと入ってるし、
赤味噌ベースの濃厚な煮汁がご飯と絡まってマジヤバ!

こんなもんばっか食ってた代償で、
今日の終りに何かとんでもない不幸が起こりそうで怖い!

101017 028

「クラッシーズ」のジャークチキン&ポーク。
どちらか悩む必要なし!両方盛ってくれるの!

ドラム缶を切り開いたようなグリルで炭焼きされたお肉はブリブリ!
風味はマイルドだけど、ボリュームもたっぷりだし、旨エェ!!!

これ一皿買えただけでも、ふつうの食フェスなら勝利宣言出してるとこ。

101017 038

「鮨処 祭」のネギタク巻き。
好みのものを職人さんがその場で巻き巻きしてくれます!

ほっと落ち着くお味ですな。

101017 033

「光州家」ではニラチヂミを。
生地に練りこんである緑色タイプ。
モッチリ焼かれていて、タレもおいしいわ

もともと韓国料理店が多いので、韓国屋台は数えきれないほどの出店。
でも、みんなしてチヂミとスジ煮とトッポキを売ってるんだよな!!
あそこまでかぶってしまうと共倒れでもったいなかったな。

お惣菜は閉会間際にダンピングされるので、そのタイミングがいいかもね。

101017 040

最後は「高橋豆腐店」のおからドーナツで〆。
揚げたてで、ふんわり甘くて、お~いし~い!

ちなみにこの男系食イベントでは、肉や酒はあっても、
デザートというカテゴリーはほぼ存在しません。


白状しよう、
この程度ではまだまだ紹介しきれてないんだわ。

初めてだったし、着時間も遅かったし、
予備胃袋も同伴しなかったので、逃したステキメニューも多かったのよ。

昨日の元町フェスとは明らかに毛色の違う内容なんだけど、
こっちの方が値も安いし、下町土民の肌に馴染みまくるテイスト!

来年は徹底マークしなくてはならんな!

いいじゃんかわさき、堪能したよ!

「元町フードフェア 2010」の初日レポ

皆さんも待ち焦がれていたであろう
「元町クラフトマンシップ・ストリートフードフェア 2010」です!

困ったことに、この週末は食イベントが山積みだよね~!

限られた胃袋スペースをどう割り当てるべきかを悩んだ挙句、
ハンパに連食するより、一点集中にしよう!という結論よ。

ランチも抜いて、万全の体制で夜を待っていたわけさ。

でもね・・・チャリルートを珍しく根岸周りにしたのが大間違い。

そういえば、あの店、この店と小腹を満たしているうちに、
元町到着時に気がつけば、すでに満腹で・・・

もう最悪のコンディションじゃんか!なぜこんなことに!!!

皆さん・・・
禁欲を貫けない輩だからこそ、醜く肥え太るんですよ・・・

101016 022

今年は思ったより、空いてるかなぁと思ったら、
時間を45分も間違えていた薄ら馬鹿です。

まぁ昨年並みの混雑なのかな?
細かなスペースも飲食の場に提供されていたりして、
食べ物が手に入らない、食べ物を持ってどうにも動けないってな、
厳しい状況ではなかったのでよかったです。

ただ、もともと狭い道でもあるので、
写真のような開場直後の人気行列店脇だと、
歩くのも大変だったりはしたなぁ。

出店内容は、ほぼおなじみのお店、メニューという印象。

一番人気はダンのトツで霧笛楼様。
ここと大木肉屋はオープン時に列んどかないとキツイわな。
続いて行列の長いのはエルエラ、Jパスタって感じかな?

私は昨年となるべくかぶらないように攻めてみたよ。

101016 024

初回は鉄板「修廣樹」の”カルボナーラのようなチーズフォンデュ”。

小さく切ったパンと厚切りベーコンにチーズソースがかかっています。
下に隠れたポーチドエッグの黄味を絡めて、カルボナーラ気分!
振りかけられたイカシュウマイ的なチーズも香りが良いですよ。

101016 032

シルフィーのとこはイタリア料理屋さんになったのか!
「KANDY」というお店の”たっぷりきのこと和牛のペンネグラタン”。

いわゆるミートソースなのですが、あまりトマトっぽくはなく
和牛のときのこのマッタリとしたコクが楽しめます。

101016 035

「BAR NAGOMI」の”アゴだし和風ラーメン”。

最近のバーはパスタやらラーメンやらも求められて大変ですね~

あっさり端麗な塩スープなんですけど、
専門店で出してもいいくらいの出来だと思います。
岩のりの風味が良い感じで、意外とおいしかったの!

101016 037

「Kaoris」の”あつあつ焼きたてラザニア”

お取り分けは綺麗にいってなかったのですが、
ほんとに焼きたてあつあつの鉄板が運ばれてきていて、
それがまた、えっらく旨そうなルックスだったんだよ!

厳密に言うとラザニアではなくペンネなんだけど、お味はとても美味しい。
こっちは甘味と酸味のトマッティなソースで個性的なの。

101016 057

「APERTO」の”スプマンテ”

イヨマンテの夜・・・

ちなみにイヨマンテってアイヌのお祭りだったのか!
もっと南国の島の歌だと思ってたよ、インファント島とかの。

101016 044

ここはフードフェア未参加のお店なんだけど、
例のとんでも構造のテナントに「フレンチーズ」ってビストロができたみたいなの。
フェアに合わせたワンコインメニューが気になって。

”仔羊とエゾ鹿のブランケット丼”。

サイズは小さく、クリーム煮をご飯に掛けたものなんだけど、
お肉がちゃんとそれっぽく香ばしくて面白い!

101016 045

同じく「フレンチーズ」の”カジキとエストラゴンマスタードのリエット”に
”自家製ドライソーセージ”も追加しちゃった!

旨い!今回のベストはこれだ!

フランス人のおっちゃんが作ってるんだけど、たぶんちゃんとした技術を持った人で、
私もお酒が飲めれば通いたい感じの、面白くて手頃値なお店だと思うな。

101016 050

「エルパス プレジール」のシュワシュワなロゼワイン。
「ラ・テイエール」のフルーツティを使ったカクテル。

どっちも甘くて、私のような下戸好みのお酒!

101016 029

最後に「ル・プティ・クラージュ」の”パリのりんごパイ”。
パリの「ボワラーヌ」の味を再現したんだとか。

なるほど、これは確かに私が昔、シャンゼリゼにいた頃に・・・

げふ、げふんっ

サックリしたパイの中にさいの目のりんごが入ってるんだけど、
完全に煮え切っておらず、フレッシュな香りも楽しめる感じなんだよね。
良いお土産になるとおもうよ!すぐ売り切れるので早めにゲットしてね。


はじめはどうなることかと思ったのですが、
なんだかんだで、まずまずのご紹介ができたのかな?

よかった、よかった・・・

ちなみに今回取り上げてない中で硬いのは、
「霧笛楼」「香炉庵」「エムズキッチン」に「エルエラ」のオムライス、
「ポンパドール」のカレー、「久祐」のカレーうどんとか。

このフードフェアは明日も開催しますので、是非、遊びに行ってみてね!

「エクスペンダブルズ」 後光を背負ってあらわれるシュワ!

シルベスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム
ジェット・リー、ドルフ・ラングレン、ミッキー・ローク、
ブルース・ウィリス、そしてアーノルド・シュワルツェネッガー!

豪華アクションスター達が夢の共演!!
その他、ノゲイラ兄弟やらリング系の有名人も参戦しているんだもん。

こりゃ、映画を観る前からワクワクが止まらないよな!

どんな形であれ、この陣容を実現した時点で、
もはや成功した映画という評価でいいんだと思うよ!

001_20101012200136.jpg

もっとも、実際に物語をすすめるのはスタ公とハゲ(たくさんいるな!)くらいなもので、
ドリームメンバー同士の絡みは多くないんだよね。

みんな別々のぶつ切り撮影って感じだから、
スターメンバーががっつりスクラムを組んだ印象は薄いかも。

014.jpg

お話はクールに生きてきたはずの傭兵が、
美女がらみの無謀な闘いに挑んでいくというベタベタな内容。

またも心に傷を負っていたミッキーの叔父貴が過去を吐露ったり、
題名にある「使い捨て」や傭兵達の悲哀を匂わせようとしたのかも知れないけど、

どこかで強力な消臭剤でも効いているんだろうか、
スクリーンの手前ではさっぱり嗅げなくなっているスタ公作品よ。

共演要素を取り払った基礎部分のクオリティは、
そこらのB級作とあんまり変わらないと思うな。

011.jpg

アクションは老体向けに飛び道具中心だけど、
格闘家を絡めたりの肉弾戦もちゃんと用意されている。

ステイサム禿のナイフ使いはカッコイイが、
ジェット先生は単に小さいアジア人扱いなので歯がゆい限り。
サブキャラ的に一番おいしいのはド悪役顔のラングレンさんじゃなかろうか?

019.jpg

しかし、最大の見所はシュワ知事とスタ公、
アクション界の龍虎による皮肉のきいたかけ合い場面だろうな!!!

短いし、いかにも合成臭いシーンなんだけど、
場内の反応を見ても、明らかに興奮度が違ったぜ!

みんな、この共演を観たかったんだろうなぁというのがよく分かったよ。

ちなみにブルース禿もここだけのチョイ出演な。

035.jpg

すっげぇ面白かったかと問われると、
そうでもなかったという感想なんだけどね。

こいつらの映画で育ってきた世代としては、
観に行かないわけにはいかんよな。

あと、松竹女子社員によるコスプレがエロくて良かった!
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。