恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野毛「天元」の天丼が下町っぽいの

なんかさ、

最近、かつ丼ばっかし食べてるような気がするの。

豚だしね。

ロースだしね。

フライにしてあるんだわ。

しかもラードで!

・・・やっぱ、身体に悪いよねぇ。


私と同じ恰幅の良い皆様へ

いくら好きだといっても、お肉ばっかり頼まずに、

たまには魚とお野菜を!!!


100613 009

天ぷらで!

天丼で!

よろしく!カロリー!どんとこい!脂肪分!!


そんなわけで、野毛のこのお店。

これはあれだな・・・

場面は東京かどっかの下町。
神社仏閣の近くに佇む昔ながらのお店で、
白衣の油汚れた爺さん板前が、ガッと出してきそうな天丼よ!

一番安いのはエビか、紐か!というくらいに引き伸ばされているんだが、
むしろ、真っ黒いタレのしみた衣を喰らう感じで問題なし!

旨いす!私は好きよ!
スポンサーサイト

小学生の時、無理やり踊らされた「ジンギスカン」の話


<追記>
教えてもらった声優盤「めざせモスクワ」が酷すぎるので貼っておく。

最後まで聴いてみて!
えらい展開になっていくから!

これぞ闇!どす黒い闇の歴史!



------------------------------------------------------------

ジン ジン ジンギスカン♪

ヘーラジャ ホーラジャ ヘーラジャ イマラジャ

ジン ジン・・・・

「ジンギスカン」。

私がまだ小学生だった時分、運動会や朝礼の際に、
どういうわけか全児童で踊らされた謎の曲・・・

これは全国的な風習なのだろうか・・・

曲は強烈なインパクトで脳裏に突き刺さっているのだが、
いかんせん、ジンギスカンという単語以外、歌詞が全くわからねぇ!

なんなの?酒場で荒くれ共が飲んだくれているような光景?

その後、大人になって調べた時に、
これがドイツ発の世界的ヒットナンバーだったことを知る。

ウンテイ タイペイ リークン スメルー

ってのもドイツ語だったんだよ!

分かるか!そんなもん!



オリジナル曲の映像があったの!

なにこれ!メチャ楽しそう!
くるくる回る女子たちが、メチャイイ笑顔じゃんか!!

ハムナプトラみたいなハゲや
いかにもバレエ崩れなジンギスカンさんがカッコイイ!
カンさんが微妙に仲間はずれで浮いた感じもイイな!

下手な歌、ぬるいダンス、
まだ、世界がおおらかだった時代の魅力溢るるパフォーマンス!

ちなみに長らく謎だった日本語訳はこんな感じ

ウォッカ取ってこい・・・とか!

とりあえず、ドイツ人中学生がモンゴル文化をよく知らないまま、
えらく蛮風な先入観のみで描いた作品なんじゃなかろうか。

そうそう「ジンギスカン」を歌うこのグループの名はジンギスカン。
この安直な法則に則れば、つのだ☆ひろはメリージェーンという名になるだろう。



「めざせモスクワ」という曲も有名だ。

ジンギスカンというグループは、
有名人や地名を題材に、ご当地っぽさを浅~く取り入れた一発曲が多い。

このパターン、なぜかしっくり染みると思ったら、
私が愛する宝塚レビューのお国巡り曲とそっくりなのだ!
ブラジルはサンバ調でリオ、リオ、叫んどけ!みたいな安易なヤツ!

訳詞はこんな感じ
寒い、ウォッカ、同志みたいな小学生なみの連想力。
愛はキャビアのように美味!って上手いこと言ったようで意味不明!

ちなみにこの曲では先程のジンギスカンさんが、
ツァーリ的な役割でコサックめいた動きを見せてくれる!
コサックめいた・・・ってとこがポイントな!

このダンスパフォーマンスがあってこそのジンギスカンなんだな!
かつての米米CLUBみたい!



ウサン臭さは我が日本を題材にした「サムライ」を聞けば、
傷口に塩を塗られたかのように実感できるだろう。

曲調からしてすでに中国だしな!

フンッ!ディアァー!!

訳詞はこんな感じ
刀を持って一人で行け!・・・っていじめか!?助けてやれよ!

ちなみにグループは再結成をしたらしく、
これは比較的新しい映像のようだ。来日ツアー求む!



さて、話は「ジンギスカン」に戻る。

ぜんぜん知らなかったんだけど、
日本語カヴァーも相当数出ているんだそうだ。

川崎麻世盤を聴いてみたいものだが、
最近はつんくファミリーも出したみたいなの。

しかし・・・ロクでもない歌詞だな!!

ウオッホホッホー!



せっかくなので振付も探してみたんだけど、
私が習ったのはこれが一番近そう。

すでにデブっていた私は、まいっちんぐに曲げた片足を、
身体の前後でタッチする振付をまともに出来なかったような・・・

むしろ、騎乗を意識したようなオリジナル版の振付がイイよね!
宴会とかで6人列んで歌ってみたいよ!

上級者はカーンさんのぐるっと回ってドヤッ!
という動きをマスターすると味わい深いくなると思うぜ。

いや~ すっかり見ふけってしまったな。
ジンギスカンよ、永遠なれ。

ウワッハハッハー!

鶴見「喫茶 タンゴ」のナポリタンがイイよ

レアールつくの商店街。

普段は人影もまばらな寂かけ商店街なんだけど、
目下、パソコン教室のオヤジによるIT化が進行中。

ツイッターまで持ち出した六角橋商店街とのコラボ企画は、
皆が総出で盛り上げている感じがして、とても面白かったよ!

そんな商店街にあるこのお店は地元密着型の昭和喫茶。
なにやらそれっぽいB食フェロモンが漏れ出ていたのさ。

100612 019

定番のナポリタンセット。
もっとグダグダなのが出てくるんじゃねーかと思ったのだが、
いやいや、きっちり作られたおいしいナポリタンだったのでご紹介したい!

さらに面白いサービスは、
日替わりで特定のスパが食べ放題になるところ。
量を指定してその都度作ってくれるシステムらしいんだけど、
まだまだ胃調の若い諸氏は頑張ってみてくれぃ。

もう一つ「マミール」という喫茶店も気になってるんだが、
そっちはあまりに謎めいていて、中をうかがうことすらできなんだ・・・

やっぱり鶴見の街は濃度が濃いよな。

「宇宙ショーへようこそ」を観てきた

裏山で助けた犬型異星人と一緒に、
ワタシたちは宇宙旅行に出かけたんだ!ってお話。

おかえり、はやぶさ!!
関係ないけど!
336088view005.jpg
夏の日に奇想天外な事件に巻き込まれるチビッコ達が、
出会いや別れ、様々な経験を経て、自分と向き合い、
少しだけ大人になって、明日へと歩みだす・・・
そんな、勇気と友情の王道ジュブナイル物語っす。

根幹はベタベタなので、テクノロジーや宇宙人等の
スペース未来描写がワクワクのキモになるところ。

描き込みも多く、いかにも大作っぽい気合なんだけど、
山村のやけにリアルな生活風景に対して、宇宙のそれが、
個性的に表現されているかというとそうでも無いんだわ。

後年、作品名を言われて、どんなビジュアルが思い出されるか?
観たばかりなのに、どの場面もいまいち印象に残ってないんだよなぁ。

単にユルいデザインの好き嫌いもあるんだろうけど、
ちょこっとだけ出てくるこのパレードシーンのように、
表現方法もバキバキなCGが適していたんじゃねーかな?
336088view004.jpg
伏線なんかはわりと真面目に回収してるし、
キャラクターの機微も丁寧に描いてある。

でも、重要なキーとなる「宇宙ショー」はそれ自身の魅力も薄いし、
組織の目的や背景の説明が不足なため、結局、なにがなにやら。
終盤は観客おてけぼりな空気だったな。

ぶっちゃけ、ショーや犬星は無しにして、
月の中でじっくり完結させた方が、地球を守ったぞ感や、
がんばればいつか会いに行ける感がでて、良かったような気もするわ。
336088view006.jpg
同じく監督:舛成孝二&脚本:倉田英之コンビの作品に
「R.O.D」ってのがあるんだけど、むしろそれを映画化して欲しかった!

紙を自在に操ることができる大英図書館所属のエージェントが、
とんでも能力を得て現世に蘇った世界の偉人達と、稀覯本の争奪戦を行うお話。

エージェントは活字中毒のビブリオマニアで、天然ドジっ娘で、
巨乳かつ、シュガーな三浦理恵子ヴォイスなのだ!!!!

お前ら!神田古書センターの地下には秘密の本屋があるんだぜ!

渋谷「長崎飯店」の皿うどんは太麺で!

道玄坂の路地裏へ。

チャンポンの誘惑と闘いながら、
あえて皿うどんを選択するという血の決断・・・

その選択の先にはさらに、

パリパリの細麺にするか、ムッチりな太麺にするかという
グーグル入社試験ばりの難問も待ち構えているのです!

ああ、駅からの道のりは、
人生を悩む青年にとって、あまりに短すぎる!

100614 023

しかし

我が選択に悔いなーーーーし!!

具沢山の濃厚ガッツリ餡が、
ほんのり小麦っぽいちゃんぽん麺に絡んでヤバウマッ!

ランチは白飯が付くらしいのですが・・・分かる!分かるぞっ!
オン・ザ・ライスをしてしまうヤローどもの気持ちがよく分かる!

もっとも、このお店ならば、
チャンポンも細麺も相当旨いんだろうけどさ!

ナンパ開発の狭間にひっそりとこういうお店が残っていると嬉しいね。

幸浦の工場直売所と抹茶ソフト

金沢区の工場団地でアウトレット食品を売ってるの知ってた??

うちもコストコに通っていた頃は、
「横浜文明堂」のカステララスクとかを買いに寄っていたんだけど、
実はすぐ裏にもっとたくさんあったらしいのよ。

「かをり」「喜友」「南部フーズ」が、
同じ敷地内に集まっていて、それぞれ一般売りもしてるって、
すごく前にどなたかに教えてもらったんだけど、やっと行けた!

100521 037

「南部フーズ」は煮豆だけじゃなく、真空パック詰めの惣菜や
ラーメンの具みたいなもの、パンやらお菓子やらも売ってたわ。

工場のオッチャンにぜひにと勧められたお多福豆。
1kgでなんと500円!も買ってしまったが・・・・食いきれん!
あとは、野島の海苔の佃煮なんかもあって面白い!

メンマはチャーシュー切り落としは最近ハマっている東洋水産のつけ麺用に。
話は変わるけど、これさ、安いのに麺もつけ汁もなかなか旨いんだわ!

「喜友」ではブランデーケーキの高いの(といっても安いんだけど・・・)と
さらに激安なフルーツケーキの切り落としを。切り落とし最高!!
私はこういう貧乏くさいのが大好き!横浜駅「ルナフーズ」のカステラの端っことか!

「かをり」には売店が無く、工場のインターホンを押して、玄関に入れてもらう形式。
時間が遅くて、レーズンサンドしか無かったんだけど、これもやっぱ半額ぐらい。
久しぶりに食べたけど、クッキー部分の噛みごたえが増したかな??

どこも専門の販売員じゃ無いぶん、
かえってフレンドリーな対応をしてくれるのよ。

甘いものが多いけど、すぐ裏手の文明堂もあわせて回ると、
なかなか面白い買物ツアーになるかも?

詳しくはこちらのレポを参照してね。
→→ その1 その2


100521 031

買い物につかれたら、車でちょっといったとこにある「長峰製茶」の直売所へ。
これはmaruto082さんとこに教えてもらったんだけど、かなりの穴場じゃん!
さすがによくご存知だわ!

立派なお茶類の直売コーナーの脇に甘味処まであって、ゆったりできるの。
こんな場所なのに!しっかりお客さんが来ていることがすごい!

抹茶ソフトもおいしかったわ!
安くて、ボリューミィよ!

あとは片倉町の「日本味噌」と和田町の「日本ウィンナー」だな。

そういえば、南部市場前の県漁連って、直売所もあったの?
入った事ないんだけど、何売ってるかご存じの方いますか?海苔?

この他、いい感じの直売ネタがあったら教えてくれぃ!
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。