恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンモールの「フードフェア 2010」

行ってきましたとも!
もちろん、行ってきましたとも!!

山手のサンモール・インターナショナル・スクールで行われるステキイベント!

呼ばれてないのにジャジャジャジャーン!

100429 019

うっはぁ!大盛況!

出掛けに雨が降ってしまったので、
ウダウダ待っていたら、すっかり出遅れてしまったようです!

100429 011

まずは長蛇の列が出来ていたハンガリーソーセージ。
けっこう焼くのに時間がかかっていて、
なんとかギリギリでゲット出来たわ!!あぶねー!

肉がボルボルしてるような荒々しい腸詰。
ハンガリーっぽくパプリカなんかのスパイスが良い風味。
ぶっとくて、これはウマイっす!!

100429 017

前に食べておいしかったグラーシュも!
やっぱりパプリカの入ったハンガリー風ビーフシチュー。
写真じゃわからないけど具もたくさん沈んでます。

こってりとしたお味でやっぱしウマイわ!

100429 009

フィリピンのパンシットってやつ?春雨炒めと春巻ルンピア。
見た目は地味なんだけど、これもウマイんだわ~

春雨の方はオリジナルなのかな?
ほんのりバターみたいな風味がして、
意外なんだけど、とてもいい取り合わせなの。

野菜たっぷりのルンピアもサクっと揚がっていていいじゃん!

100429 005

裏で売っていたオーストラリアのステーキサンド。
トマトに隠れてしまったけど、お肉もバッチリ大きくて、
かなりボリュームがありますよ!

100429 014

インドのチキンカレー。
これもえらく地味に見える写真ですが、
シンプルながらも香り高いスパイス使いはさすがです。
おいしいな~

100429 008

トルコのチキンシャマルワ。
鶏が香ばしく焼けていて、これもいい感じ。
つーか、このへんはしっかりプロが作ってるよな!

100429 016

チリビーンズ!
まさにチリ!コン!カーン!というお味。
コーンチップと兄弟船のような親和性ですよ。

100429 023

シンガポールのラクサ。

エビ風味のココナツカレースープ麺なのですが、
具が油揚げとさつま揚げともやし、
麺はなんとパスタを使ってましたね!

これがまた違和感なくマッチするわけで、
食の世界ってのは奥深いのですよ!

100429 004

奥様お菓子コーナー。
一周りして戻ってみたら、あらかた売り切れていた・・・

やはり、このイベントは
午前中の早いタイミングで勝負をかけないと泣くな・・・

100429 021

ティラミスとクッキーに
たっぷりハムの入ったフランスのキッシュ。

まぁ、どこもハズレなしだよね!

まだまだ全然食べ尽くしてないんだけど、
これほど国際色豊かで充実した食イベントは貴重ですよ。

チビッコ達もカワイイし!!

学校とはなんにも関係がない私なぞが
紛れ込んでしまって毎度恐縮なのですが・・・

来年も何卒よろしく。



スポンサーサイト

「湘南ゴールド」を即買いすべし!

私が最近ハマっているのが「湘南ゴールド」。

神奈川県が12年かけて開発した新品種なんだそうだ。

写真では分かりづらいんだけど、
1粒がピンポン玉くらいしかない小さいものなんだよね。

皮むきとかはチマチマしているんだけど、お味は抜の群!

見た目とは裏腹にかなり糖度が高く、
文旦とか九州の黄色い柑橘みたいな、爽やかな風味と仄かな苦味。

これはウ・マ・イ!!

100425 078

まだまだ生産量が少ないらしく、
普通の果物屋産とかには入らない様子。

写真のものは平塚のJA直売所で買ったもので、
近場では上大岡京急の地場野菜コーナーに売っていたんだけど、
もしかしたら横浜の大手デパートには入ってるかもしれないね。

お味がしっかりしているので製菓や加工にも向いてそう。
これはビッグブランドになりそうな予感よ!

そろそろ季節も終わっちゃうらしいので、
どこぞで見かけたら、すぐ確保すべし!

ちなみに一緒に写ってるみかん「湘南のかほり」もめっちゃ甘!
掛け合わせの元になった黄金柑てのも一度食べてみたいなぁ。

「湘南祭 2010」をつまみ食い

さて、湘南祭の食べ物編です!

屋台は近隣の飲食店のものが中心ですね。
その他、各種キッチンカーにテキヤなど。

定番からワールドフードまでジャンルも幅広く、
この手のお祭りにしては価格もごく手頃な水準。

こりゃ、グルメイベントとしてもかなりヨサゲですよ!

100425 057

まずは「テミヤン海菜食堂」の
海菜あんかけ焼きそばとたたみイワシ段々おむすび。

まぁ、何が目当てで湘南祭に来たかというと、
このテミヤン(宮手健雄)屋台なんですよ!

ハマランチョでおなじみ!
(でも、ハマランチョ自体おなじみではない!)
海辺のフォークシンガー兼海菜料理研究家。
”海菜”というのは海辺で採れるものを指したテミヤンの造語な!

麺は中華麺をホットプレートで軽く焼き付けたもの。
かなり緩い庵なので汁そばみたいになってるのですが、
屋台食にしては丁寧に作ってありますね。
揚げ麺の方がクリスプだし扱い易かったかな?

お味はごくオーソドックスなのですが、
オカヒジキのシャックシャクな食感がとてもいい!
こりゃ、テミヤンとともにもっと注目されてもいい食材だな!

奥のおにぎりはタレ漬けのタタミイワシをサンドしたもの。
香ばしくて、これは直球でおいしいですわ。

100425 024

観光協会のブースでは地元素材で作った”茅産”のCバーガーを。

これは陸味ってやつなのかな?
トマト果汁を練りこんだバンズにやまゆりポークのパテ。
地場のレタスとハワイ風グレービーソース。

お味的には町パン屋の惣菜パンて感じ。
淡白な豚とグレービーの取り合わせがインパクトを薄くしてるかな?
話題的には食いつきやすいので、もう少し練りこんでもいいな。

100425 043

「こむぎや」のスリランカカレー。
個人参加?あんまり売れてなさげだったので買ってみました。

若干鶏臭が残るものの、スパイシーでそれっぽい仕上がり。
バルバリという中近東のパンが付きました。

100425 047

「そば屋十大」のしらすおろし蕎麦。
お姉さんの「毎年大人気のメニューです!」の掛け声につられてしまったぜ!

まず、しらすの所在を確認してしまう感じだな・・・行方不明だろ!
ツユはかなり甘めで、麺もグダったジャンク蕎麦だけど安いから許せる!

100425 038

矢島ハムのメンチカツパン。
白っぽくていかにも惣菜屋さんのメンチってお味。
でも、揚げたてに勝るもの無しだな!

100425 028

「山水」のラー油ドンブリ。
自家製ラー油”茅油”を名物にするって話で気になってたメニュー!

ラー油であえたご飯に甘辛の豚バラが添えられてます。
下のほうにもやしや青物が隠れてしまって、盛り付けはもったいない。

名前とは裏腹に全体的に甘めの仕上がりで、
ラー油の風味もご飯でだいぶ拡散してしまっている印象。
十分おいしいんだけど、後がけにして、
もっと直に口に触れた方がいいような気もするな?

今、上手く乗れればヒットしそうなんだけどな。

100425 053

厚木で飲んで旨かった「サンクトガーレン」

なんと湘南ゴールドがビールになってるのか!
インターナショナル・ビアコンペティションのフルーツビール部門で金賞!

おお、風味は完全に湘南ゴールド!
爽やかで、こういう季節に海辺で飲むには最適のものだろ!
おいしいわ!!


こんな感じで満腹になってしまったんだけど、
まだまだ主要なラインも回りきれてなくって、
さらにやや強気なアロハ食屋台の方も含めると
2日通っても、みっちり楽しめそうな感じだったよ!

来年もぜひ来てみようと思ったわ!

100425 058

最後に地元民が群がっていた協賛くじを。
なんだかんだでつぎ込んでしまったのですが、惨憺たる結果。
リターン率は低く、まさに協賛の名に偽りなしだったわ!

いらぬ欲を出してしまったわ!!

「湘南祭 2010」に初参戦

サザンビーチで行われた「湘南祭」に行ってきました!

100425 001

ああ、湘南よ・・・

学生時代、ライフセーバーのバイト(ウソ)をしながら、
早朝からサーフィン三昧(ウソ)していた頃が懐かしい!
今でもたまに愛車のコンバーチブル(ウソ)をとばして、
134号線をドライブ(ウソ)したり、海辺のダイナーで食事(ウソ)したり
おいしいパスタの歌にタオルをブン回したり(ウソ)している私。

ええと・・・初めてやってきました。

100425 035

いや!かなり大きなイベント!
海岸に設営された会場には屋台も沢山出ています!

アクセスは近隣に駐車場がないので、
駅からシャトルバスを利用するのがいいでしょう。

ちなみにサザン通り沿いのお宅では、
庭先フリマや手作りお菓子やらツマミやらの販売をしていたり。
健康のために歩いていくのもアリかもね。

100425 011

会場ではオッサンたちがビーチサッカーをやっていたり、

100425 009

オッサンたちがバンド演奏していたり、

100425 016

マウンテンボード、スキムボード、パドルレース、
ダンスコンテスト、ミスコン、ビーサン飛ばし、地引網・・・

湘南の軽薄な海遊び企画満載で、
なかなかに楽しい雰囲気ですね。

自動車を封じられているため、
客筋はほぼ近隣の住民て感じなのかな?
茅ヶ崎らしくチャリンコ率もかなり高いです。

開場してしばらくはお客さんもいなくて、
もったいないなぁと思っていたのですが、
単にチガっ子たちの出足が鈍かっただけ!
昼前にはかなりの人が集まってきて、大盛況!

100425 032

第二会場では「アロハマーケット」という
ハワイ縛りのマーケットが開催。こちらも盛況です。

100425 031

フラフラしてますな。

なにやら、藤沢・辻堂・茅ヶ崎あたりの奥様を中心に、
「地元はハワイだよね」みたいな思想が蔓延しているようなのですが、
まず、目前の海の特産は「しらす」であることを思い出してほしい!
ハワイにタタミイワシがあるか?街のランドマークはダイクマだぞ?

100425 040

とてもいい天気で海がキラキラ輝いていました。

でも、靴が砂っぽくなるので、遠くからやっつけ望遠撮影。
ええ、私とビーチの関わりはそんな程度です。

「根岸フレンドシップデー 2010」で肉ばっか

さて、お待ちかねの米軍祭です!

皆さんではありません、
春の軍イベントをことごとく逃している私が、
お待ちかねだった、待ち焦がれた、ご近所開催よ!

100424 002

人出や屋台のラインアップはほぼ例年並みですね。

ちなみに私ぐらいのツウになると、
会場入りは陽も暮れなずむ終了間際です。

・・・いや、お外が地味に寒かったからとか、
自転車登坂がかったるいとか、車が帰ってくるまで待ったとか、
そういうヘタレた事情・・・もあるのですが、

この時間は魅惑の投げ売りタイムなのよ!
反面、売り切れ商品も多く、スレスレの見極めが必要なのですが、
今回はかろうじて食べ物にもありつけた次第です。

100424 003

バーガー&ホットドックセット。
このバサっとした炭火焼のパテ!たまらんな!

このジャンキーバーガーを楽しみに、
飽きもせず軍祭にやってくるわけです!

人を殴り殺せるくらいのビッグボトルから、
過剰に飛び出すケチャップやマスタードがステキ!
帰るころには腹や袖にステキなシミがついてます・・・

100424 019

別のお店のバーガー&ホットドックセット。
なんと、こちらはレタスやトマト、オニオンを乗せ放題!
すでに切れちゃったけど、ベーコン片もあったし、気張ってらぁ!

せいぜいチーズ、そのチーズすら忘れられてしまうことの多い
ミリタリーバーガー界では地味に画期的なお店といえます!

さらにいうなら、ホットドック一本セットと同値段とか、
訳の分からないやっつけ設定も夕暮れタイムなればこそ!

100424 005

投げ売りだったコリアンBBQリブ&バーガー。
プラナイフでは容易に切れないアメリカンミートですが、
手で持ってワイルドかじればいい!それがテキサス!?

100424 009

やはり値引きのポークBBQリブ。
よくマリネしてあって、軍肉にあるまじき柔らかさ!

グダグダの茹でコーンもそれっぽい!
ちなみに彼らによく伝えておきたいこと。
コーンは野菜ではなく穀物で、パンとかぶるんだぞ!

100424 011

チリチーズドック。

私はドクターペッパーが大好きです。
かつてコストコに通っていた頃は、箱で買っていたくらい!
ルートビアとかも!安いんだよな!

100424 013

お菓子はあんまり残ってなかったわ。
かわいらしいいちごのチョココーティングみたいなのが全然売れてなくって、
ここは軍祭りなんだなってのが良くわかった。

100424 016

施設内にある「バスキン・ロビンス」のアイス。
軽くて背徳的な、まさにアメリカンジャンクアイス。

100424 022

冷えたピザ。
かつての総理大臣を思い出しますな。
これからレンジでチンして夕飯になります。

あと残っているのは5月末の池子だけかな?
皆様、くれぐれもお忘れ無く!

ミオカで「第9地区」を観てきた

上大岡の再開発ビル「mioka(ミオカ)」

ついにオープンさる!

100421 006

なんというアーバンシルエット!

聞こえる!上大岡民の歓喜の歌が!
遠く久良岐公園の方からも響いてくるよ!

低層部分は大型商業施設が入り、
上は高級マンション、タワー・ザ・レジデンスなんだと!!

ちなみに隣にひっそり寄り添っている旧三越も、
一応、ミオカブランドで、リニュー・・・してるのか??
あいかわらず、しょっぱいテナントを晒しているぜ。

100421 008

中はこんな感じ!

オープンとかなんとかブチあげてるんだけど、
中核であるヤマダ電機やらが全然できてないもんだから
スッカスカのカッスカス!

そもそも、ジムとメガネ屋しか入ってねぇし!
レストランの目玉はサイゼリアだし!

商業施設として京急様と勝負する気概すらない
フニャチン施設なのである!!騙されるな!

100421 013

一番の目玉はシネコンが入ったことだろうね!
こと京急沿線には、ありえない文化ニュース!

これをもって上大岡はコンパクトながらも、
磐石の機能を揃えたことになるわけだ。

チっ、ほとんど南区のくせに、成り上がりやがって・・・

まぁさておき、近所の奥様やオールド世代がホクホクと駆けつけ、
この日の映画館は大変な混雑ぶりだったよ!


せっかくなので、気になっていた映画を観てきた。
一部で評判の高い「第9地区」ってやつね。

醜いエイリアンが難民として暮らすヨハネスブルグ。
悩みのタネである彼らを僻地に移送する役目をおった男が、
謎の液体を浴び、自らも彼らと同じ異形に変化していく・・・

335765view001.jpg

エイリアン=黒人、内戦難民みたいな描写なんだけど、
初めは彼らを不潔で乱暴でどうしようもないロクデナシとしてコミカルに展開。
それを主人公達がヒャッハーってな感じで追いやっていくわけよ。

主人公は普段なら一番先に殺されるようなちょい抜けのお人好しタイプ。
そんな奴でも、何のためらいもなくエイリアンを蔑み加虐しちゃう。

やがて自分の身体がエイリアン化していくなかで、境遇の逆転が起こるわけ。
自分が属していた組織、仲間たちによる酷い人体実験を受けたりね。

ここで虐げられているエイリアン側の視点に目覚めて、
彼らのために立ち上がるっつーのが定番なんだけど、
逃げ出した主人公は、あくまで利己であり、人間なんだよね。
エイリアンを利用して、なんとか元の体に戻ろうとするの。

人肉が弾け、血しぶきが飛ぶ光景の中、
巨額が稼げる生体サンプルとして主人公を追う義父達。
エイリアンとの同化のため、彼らの肉を貪り食らうナイジェリア人ギャング。
戦火にとりつかれた傭兵ども。追い詰められた主人公の狂気。

主人公のドラマチックで息苦しい変化の他は、
それぞれ、映画的なキャラ付けも薄く、あっさりと日常してる感じ。
エイリアンをスピリチュアルに持ち上げすぎることもないし、
大きな希望や爽快感のある物語が用意されているわけでもない。

結局、人間様が一番恐ろしいよね、
普段から俺らの中は真っ黒だよねってオチかな。
いろんな意味で痛い映画だよな。

ツッコミどころも多いわりに、
上手く出来てて面白かったけど、少なくともデート向きではないかな。

003_20100421212255.jpg


ちなみに我が家に配られたタウンニュース。
「南区周辺に大型商業施設相次ぎオープン!」

ついにキタか!!と喜んで読んだら、
ミオカとコレットマーレとトツカーナの事だった・・・

それがメインのニュース!ああ、南区よ!
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。