恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ボルゲーゼ美術館展」をちょこっと拝見

東京都美の「ボルゲーゼ美術館展」を覗いてきました。

イタリアの名門貴族ボルゲーゼ家が
フォカッチャが無いなら、ティラミスを舐めればいいじゃない!
・・・などと金と権力をブイブイ振りかざしながら集めた
イタリアルネサンスや初期のバロックのコレクションです。

私はあんま好きな方面ではないのですが、
ほら、タダ券が・・・平民はいつも金の力にひれ伏すのですよ!

目玉はラファエロの「一角獣を抱く貴婦人」

103029.jpg


このサイトに出ている
ように、
以前は別のモチーフを加筆されていたのですが、
X線検査の結果、下からユニコーンが出てきたという曰くのある逸品。

みんな絵そのものよりも、
説明書きの方を熱心に見ていたんだけど、
ここにUPした画像なんかより、遥かに美しい逸品だったなぁ。

よく見るとおかしな身体なハズなのに、
非常に均整のとれた印象をうけるのは、さすがのラファ先生です。

なんかモナリザっぽくもあるよね。

あとはカラヴァッジオの最晩年作ってやつくらいかな?
正直、パッとする作品が少ないからかもしれないのですが、
点数も少なめで、噛みごたえのある展覧会でもなかったかな?

もともとボルゲーゼ君ちのリッチな邸宅を美術館としていて、
部屋ごとにテーマを設け、豪華な内装、天井画、他の作品なんかと
調和のとれた総合展示をしているみたいなんだよね。

そっから個々の作品を切り出してきてもしゃーないってことなのかも。
現地行って、そのままの姿で観てみたいもんですわ。

都美も2年ぐらいかけて改修するらしいので、
最後の大きな企画展になるのかな?
スポンサーサイト

善行「ビーバー」は変なお店です。

皆様、お久しぶり(謝)!
なんかバタバタしてて、全然更新出来ないや!

・・・なんて、どこかで聞いたような文句で始まりますが、
落ち着いて考えてみると、そんなに忙しくもないのです。

俺たちのテレ東が午後のロードショーで
「セガール映画祭り」とかやってくれるもんだから!

まぁ、セガール=元CIA説の真偽は別として、
善行という駅にあるジャンクフードをやっつけようではありませんか!

100306_010.jpg

そう、それは鶏皮揚。

善行の中高生はハンバーガーではなく、
鶏皮揚をおやつに食べているのです!

えええーーーー!
(秘密のケンミンショー的に読んでくれ!)

駅前にある軽食スタンドのメイン商品が鶏皮揚げって!
どんだけ加齢臭が充満してる街なんだ!新橋か!

とりあえず、アイスモナカや今川焼き、肉まんなど
何でもかんでも油で揚げてみる寄店なんだとか!!

今回は全貌をつかめなかったので、
皆さんもお近くに寄った際はぜひ覗いてみて!

福富町「鑫城靚湯(しんじょうりゃんたん)」の薬膳スープ

皆様、お久しぶり(謝)!
なんかバタバタしてて、全然更新出来ないや!

とりあえず、商店街に入り口にある健康中華のお店。
例によって玖珠さんから情報をいただいたのよ。

漢方入りのスープがウリなんだとか!

100307_009.jpg

これは烏骨鶏と枸杞と朝鮮人参のスープ。

薬膳といっても、ハードなものではなく、
我々がお食事として抵抗なくいただけるバランス。

お一人様でも気軽にいただけるし、
すっきりとした滋味なスープで、いい感じよ。

他のお料理もおいしいし、手頃値だし、良いお店じゃんね!


宝塚星組「ハプスブルクの宝剣/BOLERO」の感想

久々の宝塚。星組を観に行ってきました。

劇は藤本ひとみの小説が原作。

ユダヤ社会を追われた男が、過去を捨て、
ハプスブルク家の懐刀として戦国を駆けるお話。

ユダヤ教の熱心な信者である主人公が、キリスト教に改宗までして、
ユダヤの迫害者である貴族側について戦うっつー部分。

オーストリア継承戦争でのハプスブルク大ピンチ。

昔の恋人にマリア・テレジアがクリソツで、
ユダヤ人として軽蔑されながらも、尽くしちゃうとこ。

厚い友情を結んだ国王との三角関係・・・

お話はいろいろ複雑で、たぶん小説は面白いんだろうなぁと思う。

しかし、舞台においては、
主人公が「オレっち居場所が無ぇ・・・」みたいな嘆き節で、
終始ウジウジしてるだけなので、山場も全く盛り上がらない感じ。
宗教や民族のテーマに下手に手を出してみても染みてこないな。

やはり、2時間では語りきれない背景があるわけで、
時系列よりも、むしろハプスブルクの章を主筋にして、
謎のダークヒーローの過去が次第に明かされていく流れのほうが良かったのでは?

「エリザベート」のリーヴァイが主題歌を提供していてそれっぽいが、
2匹目のどじょうには到底なれそうにない仕上がりだ。

100309.jpg

ショーはボレロをテーマに・・・

してねぇし!

主題歌だけじゃんか!草野め、やっつけやがったな!

中身はジャズ、フラメンコ、民族舞踊等々のお国巡りもので、
これがまた既視感たっぷりのベッタベタ。

何の新味も無い・・・いや
「僕は白い鳩を拾った・・・君に愛の花が咲いた」みたいな
昭和パンタロン達でさえ音読をためらうような白痴ポエムが、
随所に散りばめられていて、観客もすんごく恥ずかしかった。


トップコンビに関しては可もなく不可もなくって感じ。

なんだか、組子も誰が誰やらなので、
組長やゆず長あたりの顔を見ると落ち着く・・・

無難だけど、今回はあんまオススメできないかな。

井土ヶ谷「かもめパン」 ひみつのポケットの中には・・・

今夜はかもめパンのお話。
ハマのチビッコ達にはおなじみのメーカーだよな!

100129_019.jpg

工場の表に直売所もあるんだけど、
片隅でイートインできるようになってるんだよね。

それぞれおいしそうなパンですが、
今回は右奥のものに注目!

「ひみつのポケット」というパン。

ピタパンの口がレタスで隠されていて、
何が入ってるのか全く分からんのよ・・・

この場合「分からないから買わないや!」って人と、
「何が入ってるのか確かめねば帰れねぇ!」って人がいて、
私なぞはバキバキに後者なのですよ。

だから、本来は2個でお腹いっぱいだけど、
無理をして、もう一つ食べてしまうわけです。

このほとばしる 食欲 好奇心!ステキ!

100129_022.jpg

かじってビックリ!!

中身はイカ餃子の具っぽいものと、
中華風に調味された米!!!

これは驚いた!
その方向は全く予想してなかったし、
パンの具として・・・いや、案外違和感が無い・・・

ラインナップは昭和パンがメインなんだけど、
チラホラこういう創作パンが混じっているんだよね。

かもめパン、侮れないぜ!
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。