恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元町チャーミングセール ポンパドウルの福袋

春のチャーミングセールが始まってます!

混んでるしさ、デブが着られるものも少ないのでご無沙汰してたのですが、
なによ!平日の早いうちなら福袋の販売もあるんだって?!
いや~、全然知らなかったわ!

横浜ウォーカーツイッター
、教えてくれてありがとう!
お昼時でも目当てのものが買えたのでラッキーだったよ!

100224_003.jpg

さて、ついでに定番のポンパドウル袋をご紹介。
期間中、毎日(11時、13時、15時だったかな?うろおぼえ)
数量限定で販売され、時間前には整理券をもらう行列が長く伸びています。

こちらもギリギリ滑り込んだぜ・・・

100224_014.jpg

中はこんな感じ。
金額的にはものすんごくお得なわけでもないんだけど、
見かけたら、ついつい・・・ハマっ子の性だな・・・

セールは今週末の28日まで。
スポンサーサイト

京急大津の覆面ファミレス「ファミリーガーデン」のバーグ

今日はファミレスのご紹介です。

「えーーー興味無ぇーーー」とぶーたれた、あなた。

まぁ、ちょっとヲジサンの話を聞いていきなよ!

090922__014.jpg

お店の場所は横須賀の大津。
海沿いの大手量販店が立ち並ぶエリアにあるわけです。

ご覧の通り、外も中も、お客さんも、
軽そうなバイトのニーちゃんネーちゃんも、
いかにも安っぽい写真が並ぶメニューも、
まったくもってファミレスそのもの。

しかし、

出てくるハンバーグがうんまいの!!
巷のそれとはちょっと違うんだわ!

090922__009.jpg

牛100%を網焼きしてて、
中はレアでもいけますよ的スタイル。

がっつりと肉々しく、香ばしくて、
グリルバーグとしてのクオリティは高いと思うのよ。

ここでハマっ子は某飢虎のことが頭をよぎるのでしょうが、
あっちはさぁ・・・最近は無駄にナマイキ化してるよな!

こっちはね、価格的にもだいぶ手頃な設定で、
そういった点ではしっかりファミレスだから嬉しいのです。

まぁ、ファミレスといってもここの他にお店はなく、
ちょっとイレギュラーな例でしょうかね?

なんかさ、帰り際に見たら、
ピザはしっかり薪窯で焼いてるみたいだし・・・
実態がつかめないお店なのよ・・・

ステーキ類も安いし、気さくに肉食するにはいいお店だと思うよ!

吉野町「レストラン モリヤ」 カツサンドに挟まった意外性

さて、同じ南区のスラムに住むご近所さんたちに質問です。

二葉町の裏にあるこのお店を御存知でしょう?

ぶっちゃけ、二葉町ってどこのエアポケットよ?ってな話でしょうが、
人影すら確認できない裏町に、こんな洋食屋さんがあるのです。

100209_001.jpg

営業中かどうかも良くわからねぇ!

信頼するくらげ先輩が通っていなかったら、
私だって未だに入る勇気がでなかったでしょう。

ビクビクしながら扉を開け、
オススメのカツサンドをいただいてみるのです・・・

100209_003.jpg

どうですか、皆さん?
このルックスを見て、おお!と食いつく人がどれだけいるでしょうか・・・

サンドの脇を固めるのは、
スープ、ピクルス、コーヒーでなく、
煮しまったけんちん汁、たくわん&白菜漬、番茶・・・

オマリーの歌う六甲おろしのような
ZYYG、REV、ZARD&WANDS feat.長嶋茂雄のような異色コラボ・・・

しかし、そんな視覚偏重、下町蔑視のファーストインプレッションは、
一口、二口とサンドをかじっていくにつれ、様相を変化させていくのです。

サクっと炙られた薄いトーストに、
ソースがしっとり染み込んだヒレカツ。

やっわらけぇ!旨めぇ!!!

いや、全っ然!イイじゃないか!

我々は普段から評判の物、未知の物、フォトジェニックな物に興味が向きがちですが、
”何も無い”はずの身近な場所を再度チェックしてみることも、
意外な出会いに繋がるんだなぁ~と改めて思った次第。

地元、侮り難し!

横浜中華街の春節カウントダウン

皆様は紀元前の中央アメリカを起源とした
”チョコレート”という食べ物をご存知ですか?

それは奴隷たちの汗と血を、
非モテの滾る怒りと涙で溶かし混ぜ、
2月の凍える独り部屋で固めたものと聞きます。

ドス黒い情念の塊、悪しき商業主義の象徴、マヤの呪いの結晶として、
この時期はデパ地下やコンビニの陳列棚から目を逸らす男性も多いのだとか・・・

ああ、チョコなんて見たくもない!見たくもない(大粒の涙)!

そんなわけで、

2月14日は誰がなんと言おうと春節なのです!

ちょうど中国のお正月にあたるこの日。
日本でも元旦には2年参りなんて習慣がありますが、
横浜中華街でもカウントダウンのイベントが行われるのだとか。

せっかくなので話のタネに覗いてきましたよ!

100214_090.jpg

しっかし・・・寒すぎて・・・
なかなかコタツから出られなかったもんだから、
着いたのはギリギリ15分前くらいかな?

関帝廟にはすでにお参りの行列ができてた!

お店終わりの方々がほとんどだと思うんだけど、
カメラを持った日本人の数も多そうだったな。

100213_007.jpg

カウントダウン会場は中華学院の校庭。
すでにイベントが始まっていて、ステージ前には沢山の人だかり!

区愛美さんのミニコンサート。
実は初めてまともに聴いたんだけど、すごくいいじゃない!

沖縄系の音楽をしっとりさせて優しさでくるんだような曲。
穏やかに暮らしながらも、遠い故郷を思うような。
異国を望む港町にぴったりな情景よ。

100213_009.jpg

そして、隣には古筝の・・・美人双子だとぉ!!

「鶯と燕」てユニットらしいんだけど、
コラボも美しくて・・・いや、惚れるじゃないか・・・
テンプルコンサートも行っちゃおうかな!

→ 春節のイベント日程はこちら!

月内の週末は何かしらイベントがあるみたいよ!

100213_029.jpg

区愛玲さんもしなやかに踊ってます!
全然、撮れなかったけど!!

イベントというとどこぞからハンパ芸人を引っ張ってきたりする、
安易な企画が多いじゃん?

中華街のお祭は仲間内の立派なコンテンツを活用しているのが魅力的。
獅子舞みたいにちゃんと文化を伝え、育ているとことか、ほんとに偉いと思うんだ・・・

100214_010.jpg

そんな締めの文章まで脳内に浮かんでいたのに・・・
よりによってスペシャルゲストとして、アントキの猪木氏登場・・・

しっかり落としてくれるぜ、発展会・・・

そうこうしているうちにお時間となり、

新年ハァーオ!

いいね!おめでたいことを2回もできちゃう横浜バンザイ!

100214_070.jpg

やっぱり上手く撮れなかったけど、
山手中華学院生による獅子舞演舞の始まり~!

スペースが狭かったんだけど、
客席に降りてガブガブやったりして、みんな大喜びです!

100214_062.jpg

口から縁起の良い垂れ幕をベローン!
これで各自お参りして、解散というような流れです。

密かに期待していた振る舞い老酒は無かった!

時折、遠くから爆竹の音が聞こえるのですが、
一部のお店では店頭でお祝いをしているようなとこもあったみたいです。

夜の通りを国旗を振る若者が駆け巡り、
そこらじゅうで爆竹が炸裂するような状況ではなく、
比較的しっとり静かなんだなってのが、
中華街の旧正月の風景でしたね。

まぁ、次の日も営業あるしな。
温かいお家に集まってお祝いしてるのかも。

100214_104.jpg

ちなみに媽祖廟も開いてましたが、
なぜかこっちにはあんまり参拝者がいないんだよなぁ。

神様なら何でも良いってな話でも無いのかね?
あっちも新年とあんま関係ないよう関羽だけど?よくわからん。

とりあえず、帰りはカップルどもがイチャつきまくるラブホ街を通ったので、
おめでたい気分はさっぱり消え去った!チッ!幸せが憎いわ!

保土ヶ谷「保寿堂」のカステラ論争

今日は固くて、古くて、後引かないカステラのお話です。

仲御徒町のレトロなカステラ屋さんのことをご紹介した時、
ムンタンさんから、保土ヶ谷にもあるんだぜ!って教えてもらったお店。

100129_017.jpg

ありましたよ~!
旧東海道に「かすていら」の看板が!

さっぱり目立たない寂び和菓子屋って感じなのですが、
数々の賞に輝いた長崎カステラで地元じゃ知られたお店らしいの。

ケースに鎮座した伊達巻みたいなカステラがとってもご立派!
これがまた、ずっしり重くて、おいしいのよ!

カステラってさ、
ふんわりサックリなイメージじゃない?

ここのはちょっと違うんだなぁ。
糖のネチッとした噛みごたえが楽しめるようなヘビータイプでさ、
アカ抜けないんだけど、質実剛健な日本男児たる充実感があるの。

同じ砂糖でも、佐藤健と佐藤浩市くらい違うわけよ!

いや~、大好きだなぁ!

これは良いものを教わったと、
鼻高々で食後のお茶に振舞ったのですが・・・

100129_026.jpg

ここで話は冒頭の感想に戻るわけです。

あらゆる歯がぐらついているにも関わらず、
入れ歯を拒み戦う母は「・・・固いわね」

実のところ、糖分なら何でも良い父は、
自分も何か発言したくて「・・・昔っぽいね」

和菓子にはまるで興味のない正月太りの妹は、
ちょこっと味見をするものの「・・・もういいわ」

その場に私が確信をもって「たまらんぜ!」を並べたとしても、
決して良い印象にはならないトリック!

よく、食の感想は人それぞれと言いますが、
同じ食環境に生活していてもこれなんだから、ほんとに難しいもんですわな。

もっとも、そんあ感想も書き手の思惑によっては、
「昔ながらの製法で作られた食べ応え十分の王道南蛮菓子」
なんてな具合に言い換えることもできるわけで、さらに混迷はつのっていくのです。

とりあえず、再度違う味のカステラを買いに行こうと、
絶対買いに行こう!と思っているのですが、

家族に分けてやらないことだけは決定済み!
一人で恵方巻きのようにかじってやるもんね!

岸根公園「まぐろ一家」のはみでるマグロ丼

我々は宇宙船地球号の乗組員。

地球に住まう生きとし生ける動植物は、
全て同じ舟に乗る仲間たちです。

そんな仲間たちが今ピンチ!

南氷洋の鯨たちは今日も怒りの潮を、
ガヒルマタ海岸を追われたウミガメたちは泪を、
紀伊のイルカたちは悲しげな鳴き声を上げています。

セイブ・ジ・アース!
マグロもまた、人間による乱獲により数を減らしつつある魚。

漁獲規制が決定されるなど、国際的な動きが始まる中、
世界一のまぐろ消費国である我々日本人ができること。

それは・・・

100129_007.jpg

今のうちにガッツリ食べ込んでおくことかな!?
オジサン、よくわかんないや~!!!

スペシャルまぐろ丼!

スペシャルなハミ出っぷりに反して、
ランチのお値段は全然スペシャルでなく、
多彩なワンコイン丼が主力というお店なのよ!

場所は六角橋と岸根公園の中間くらいかな?
築地のまぐろ問屋が直営するお寿司屋さんです。

いずれ鯨のように庶民が食えなくなるかもしれんしな・・・
つーか、肉食どもはツナ缶バリバリ作んなよな!もったいない!
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。