恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗平にある「櫻屋」というお蕎麦屋の話

そりゃいったいどこいらの話なんじゃ?と思われたハマっ子の皆様。

一応、神奈川県内。
限りなく町田であり、多摩である川崎にそのお店はあるのです。

茅葺きの古民家を改装したお店へ入り、

案内された卓の上がこんなだった時、
皆様なら、どんなリアクションをとりますか?

100123_002.jpg

これ、みんな、サービスの惣菜類。

いくらでも食べてくださいってことです。

繰り返しになりますが、これはビュフェ台ではありません。
個々のテーブルが全てこんな状態なのです!

100123_009.jpg

天ざるね。

わかりますでしょうかね?
天ぷらが地味に2人前盛ってあることが・・・

すごいね・・・というつぶやきのみがかろうじて出てくるわけです。
スポンサーサイト

金沢文庫「うめや」はスペシャルなラーメン店です

釜利谷交差点の脇にあるラーメン屋さん。
いろんなとこで評判になってるお店だよね。

091011__035.jpg

これまで何度かいただいた無化調ラーメンは、
どれも確かにおいしかった。

おいしいし、綺麗なんだけど、
一方で麺を食べさせるにはどこか一味足りないような・・・
それを無化調という高貴な言葉で納得させているような、
そういう面が無くは無かったり・・・

しかし、ここのラーメンは違うの!

もうね、全てにおいて満ち足りた感じ?
本当に美味しいので、ぜひ食べに行ってみてください!

素材の質や量をどんだけ奢ってんだろ。
それでいて、値段は良心的だったり。

ラヲタじゃねーから、よくわかんねーけど、凄さは確かだ!

神奈川「サンオリーブ」の和牛しょうが焼を復権させたい!

駅のすぐ近くにある肉屋の肉料理屋さん。
ラ・ベルラさんから熱きタレコミをいただいてたお店よ。

やっと行けたわ!

091212_003.jpg

オススメのとんかつもバキバキだったんだけど、
本日のお題は和牛しょうが焼きです。

一部でイマイチ論が出ていたので、
初回オーダーからは外れたのですが、
なんやかんやで、目前に並んでいるわけです。

・・・いやいや、旨くねーか?!

しょうが焼きといっても、
生姜はほんのり、決して邪魔にならず、
実体はジャパニーズトラディショナル甘辛焼きなのよ。

すなわち、
まぁ、合う!
まぁ、ご飯と合う!

さらに、なんですか、このサービス盛りは!

和牛なのに!
うちじゃまずお目にかからない和牛なのにっ!
家族でこのくらいの量あれば御の字だってのにさ!

サンオリーブ、恐ろしい子・・・

話題の「アバター」を川崎IMAXで観てきた!

車椅子の元海兵隊員が、
ひょんなことから異星人のマッチョボディを手に入れてウッハウハ。

ジャングル惑星でィヤッホゥ!なワイルド&ラブ生活を送るうちに、
パッとしない現実世界がすごくやんなっちゃったもんだから、
やけっぱちで、異星人、地球人、双方にとっての災厄に・・・ってお話。

基本構造はケビン・ミーツ・スー族、トム・ミーツ・サムライ、
セガール・ミーツ・イヌイット、ドルフ・ミーツ・ブッシュマンと一緒で、
西洋文明様が都合の良い自己反省(いつも手遅れ)を織り交ぜつつ、
原住民のスピリチュアルを、わかったような斜め上から目線で語るようなもん。

遠い惑星も荒川静香のようなエイリアンも
我々のファイナルファンタジー的既視感を
120%ほど盛り上げた程度で、決して独創的なもんではないの。

でも・・・・
334089view004.jpg
3Dなんだよ!!!!!!

我々、キャプテンEO世代としては、3Dというと、
細かいゴミみたいなのがふわふわ浮いたり、
その中をマスコット的なものが飛び回ったり、
棒状の何かがスローに突き出されたり、
わー!つかめるぅ!きゃー!ぶつかるぅ!
みたいな安っぽいキワモノを想像しがちだよね。

しかし、この作品はちょっと違うの。
無論そういうのも無いわけではないんだけど、
飛び出すこと、遠近感をメインのウリにした作りでないんだわ。

もっとさりげない、演出演出しない使い方なんだよね。
むしろ、CGに現実感や説得力を与える的な効用で、
あくまで技術的脇役からしゃしゃり出ることはない感じ。

そうして出来上がった映像は
確かに今までのものとは全く違う世界なんだ!

334089view003.jpg
たとえば、上にUPした浮いた山の画像は
いかにもゲームっぽいありがちなもんだけど、
映画内では、これがまた実にそれっぽく見える不思議!
2Dの宣伝映像類の印象が全く当てにならないぜ。

ある意味、映画のエポックメイキング的な、
「ああ、これからは完全に3Dの時代なんだなぁ!」という感慨。

単に映画の一つというだけでなく、
最新技術エンターテイメントとしても、
これはぜひ観ておいた方が良い作品だと思うの!

334089view007.jpg
(ここに映ってる奴は皆ボンクラ)

とりあえず、技術を観に行くんだから、
3Dで観ないことには始まらないぜ!

ちなみに一言に3Dといってもいろんな方式があり、
こちらなどをよく読んでから上映館を選ぶと良いと思う。

私は川崎109のIMAX3Dをはりこんだのだが、
麻生太郎がクレー射撃でかけそうな薄いメガネだけで、
実に手軽に鑑賞できたよ。高いけど!すごく綺麗!

むろん、すでに十分視聴に足る技術レベルなのだが
3Dというと、見るというより、居るという感覚に近づいてくるんだなぁ。

どんな対象物にもピントがあっているような現実視界と比べ、
必ずしも結像しなかったり、カメラがフォーカスした場所以外は、
ピンが甘くなることがある3D映画はちょい違和感が残る。

私も体調が万全でなかったので、ちょい酔っ払ったようなキモさがあったわ。
観客の注意を意図するメインスポットへスムーズに導く演出技術が重要だね。

もう一点は、いかに大きなIMAXシアターとはいえ、
四方のスクリーン枠によるぶった斬りが3D感の邪魔になっていること。
将来的には上下左右のパノラマでくるっと囲まれるようになるんだろうなぁ。
とりあえず、なるべく前の中央の席を選んだ方が良いだろう。

あと、ただでさえ注意が振り回されるので、字幕は完全に邪魔。
午前中の1回しか無い吹き替え版が良いという意見に賛同するよ。

映画は3時間近い上映なんだけど、
終映語はスゲーっていうザワつきよりも、
疲れた~というまったりした空気・・・

技術向上の余地はまだあるかもな。
その辺は楽しみでもあるわ。

334089view010.jpg

土人どもに文明の力を教えてやる!といった感じの。
ベタ悪役な大佐&パワーローダーがえらくカッコイイ!
そういうストーリーからするとどうでも良いところへのこだわりよ・・・

粉糖のような薄甘いドラマで表面を飾りつつ、
一方で阿鼻叫喚のスペクタクル場面こそ、
執拗に、マニアックに、嬉々として描いてしまう、
キャメ公の本領を発揮した映画なのである!

映画より山を撮りたい木村大作みたいな感じ?

緑色のトラウマ

ロハスな皆さんの中には
家庭菜園などに憧れる方もいらっしゃるかもしれません。

太陽や土と語らいながら、
季節の野菜を育て、採れたての旬をいただく。

ああ、なんたる贅沢。
なんたるマクロビオティック。
体内がみるみるデトックスされて・・・

・・・甘いわっ!

今夜はそんなオリーブ臭過剰なエコ幻想をたたっ壊したいと思います!


うちの両親が暇つぶしに小さな菜園を借りて幾年月・・・

横浜が世界に誇る「サカタのタネ」のすばらしきバイオ技術と、
基礎の土を作ってくれた地主さん、「やさいの時間」のデヴ講師おかげで、
何の素養も無い都市生活者でも、沢山の野菜を作ることが出来ました。

たしかに鮮度が良い野菜はおいしい!

でも、決して良いことばかりじゃない!
むしろ厄介の方が多いから!


まずね、採れた野菜は猛烈に泥だらけ!

真冬のしばれる冷水に手を浸しながら、
たわしでゴシゴシと落ちない泥を洗うだけでも一仕事なんだよ!

おしんじゃあるまいし!ヤオハンだって潰れるわ!

ああ、チンゲンサイの丸っこい根元に入りこんだ土がとれねぇ!
台所の床がいっつもジャリジャリしてる!

土と語らうってのはな、実のところ、こういう事なんだよ!
「ふざけんなっ」ってのが、語りかける台詞!


そして、旬のお野菜ね・・・
確かに旬の野菜が食えるでしょうよ・・・

・・・嫌というほどな!

白菜が一度に20玉とかできるのを
核家族がどうやって処理すればいいんだ!なす術もねぇ!

熟れてきたプチトマトを優雅につまみながら、
夏野菜にハサミを・・・なんて甘い甘い!

バケツレベルで採れるトマトを来る日も来る日も食べ続け、
その上、トマトソースにして、ドライトマトにして、ピクルスに漬ける、
トマトソースにして、ドライトマトにして・・・

太ってはいても、私はイタリアのマンマじゃねーんだぞ!
きゅうりやナスばっかかじって、鈴虫じゃねーんだぞ!

セロリとかもさ、例の茎が一株にどのくらいついてると思うよ?
そもそもセロリってさ、役名がつかないくらいの端役者だろ・・・
一本でいいんだよ!それも毎週見たくないくらい!

なんだか漬物ばっかし漬けてる気がするし!


そんなわけで大量に採れた野菜達を、
冷蔵庫でギュウギュウにストックしながら、
古いものから順に処理していくと、

もう・・・新鮮でも何でもなくなってくる罠!

また、ちょっとでも収穫時期が遅れると
繊細な水菜なんかはやけにごん太に育って・・・
私はこれを鬼水菜と呼んでいるのですが、
これまた非常にたくましく口に触るのよ!

出来がイマイチでも、決して捨てられない!
自分ちで作ったもんだから!捨てられない!

楽しみというか、むしろ苦行の日々なのよ。


無農薬だと、虫も多いんだぜ・・・
はっぱに虫食いがあるとかそういう話じゃねーの。
野菜の泥落としや保存処理をするときに、
太いブニュッとした何か(見たくない!)をつかんでしまうことも多々。
大根の中にダンゴ虫の巣があったりな!もう、どうよ!

細かいウニョウニョは
どんなにか洗ってもレタスやらのヒダに隠れていたり・・・
あえて深く考えないようにしているのだが
良質なタンパク源として、否応なく口に入ってしまっているだろう!


労力は抜きにしても、金銭的にも決して安くはないと思う。
タネからならまだしも、苗を買うものはほぼ市価とトントン。
第一、奴らってば、高速乗って耕しに行くんだぜ!


今ね、しみじみと思うのよ。
必要な野菜を必要なときに必要な分だけ買うすばらしさを!

スーパー、バンザイ!流通網バンザイ!
綺麗に下処理された野菜バンザイ!
ちょうど一食分くらいの小分け売りバンザイ!

常に合格点以上の野菜を作ってくれる
プロのお百姓さん、ほんとにありがとう!!

逆に現代社会のありがたさを痛感するようになったわ。


ちなみにどこの素人畑でも過剰に収穫された野菜を、
他の誰かに配りたくてたまらないご様子。

気を抜くと畑内で押し付け合いになるから、
気配を感じたら、皆サッと視線を逃がすらしい。

近くを散歩した際は是非彼らに話しかけて、
遠慮なく野菜をもらってあげて欲しい!

あと、ご近所が配るちょっとイマイチな自家製野菜も
我慢してもらってあげて欲しい!


最後に「やさいの時間」のテーマソングの冒頭で、
「や~さいに気持ちを聞いてみよ♪」というフレーズがあるのですが、

答えは多分「食べられたくない、ほっといてくれ」だと思う。

六会日大前「焼肉ざんまい」で焼肉ざんまい!

前に「ホルモンセンター天狗家」をご紹介した時、
ヨナ太郎さんが教えてくれたお店。

ああ、好きだ!ヨナさん!ありがとう!

やはり人気の行列店みたいなので、
今回は一番空いてそうな支店を攻めてみたぜ。

091228_004.jpg


私のような貧民肉食者としては、
やれブランド牛やら、Aー5ランクやら、
一頭から僅かしかとれないという頭悪い名前の部位やら、

そういうのはね、クソ喰らえなんだよ!!!

ちょっとばかり上品な牛脂を宝物のようにチマチマ焼くより、
いかにもヤキニクゥ~って感じがする甘辛ダレの並肉をかじりつつ、ガンガンに飯を食いたい!

そんな奴らにはまさに最適なお店!
安い!盛り盛り!そしてお肉も柔らかくておいしい!

文句無しの庶民焼肉店なので、
私からもぜひご紹介しておきたいわけ!

特にハラミがオススメよ!
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。