恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツイッター参加ちう

Twitterというものを耳にする機会が増えているのではないでしょうか?

常に時代の最先端から一歩遅れた、
大衆ミーハー層のぬかるみに生きる私も、まんまと手を出し、
この度、初心者の一区切りとされる100フォロワーをやっとこさ達成。
ご報告がてら、簡単にレポートをしたいと思います。


ツイッターはミニブログと言われることが多いのですが、
実際にはもっといろんな要素が微妙に入り混じっているようです。

一回の投稿文字制限は140文字。
まさにちょっとしたつぶやきの世界。

いちいち凝った文章を考えるまでも無く、
思ったことをパッと書き込める気軽さ、
他人の反応や煩わしいネットづきあいを気にせず、
マイペースに動ける気軽さが魅力なわけです。

掲示板やチャットのように、リアルタイムで書き込みがありますが、
参加者が同じ話題を追うわけでなく、個々が自分勝手に発信を行う中で、
時に話題が重なることがあったり、なかったり、
ツッコミが入ることもあったり、なかったりというユルい距離感なのよ。


ツイッターを始めるに際し、
まずはSNSのように既存の発信者をフォローしていかねばなりません。
自分がフォローした人の呟きしか追って行くことが出来ない仕組みです。

ただ、ブログやサイトと違って、検索や誰かの発信から、
他の面白い誰かを探すことが難しいつくりなんですよね。
だからいつまでたってもフォローする人が増えない →つまらない。
同様の理由で自分が見ず知らずの人にフォローされる機会も少なくて →つまらない

コミニケーションツールなので、
他者とのやり取りがなきゃ全く面白く無いのですが、
ある程度、動きが出来てくる段階まで世界を広げるのが意外と難しいため、
始めただけで止めてしまう人もかなり多いような印象ですね。


そもそも個々のつぶやきが面白いかというとそうでもないんだよなぁ~

ニュース系がヘッドライン的に使っている他は、
企業もまだ上手く活用できていない感じだし、
有名なtsudaるの人やカツマーらのスターユーザーすら、
ぶっちゃけ、ロクなことを書いてません。

しかし、そんな何気なく発せられた一言の方が、
発信者の生活のリアルタイムに触れられるような、
”近さ”みたいなものを感じることができるのが醍醐味かもしれません。

ネタや情報の蓄積よりも、今その時を生きるようなツールかも。
実況や、イベントなどや同じ何かに接している時間を共有するような、
そんな活躍が出来そうですが、反面、面白いことが書いてあっても、
その時に読んでいなければ、他のつぶやきの波にどんどん押し流されてしまう宿命。

いちいち相手の過去ログを追う人もいないだろうし、
書いたものが一瞬で消えてしまう哀しいコンテンツなのかなぁとも思います。
ブログやってるからなおさらそう思うのかも?


近しく接するという点においては、
有名人やリアルな友人なんかが多く参加していると、
ちょっとは面白い使い方が出来るかもしれません。

特にタレントに関しては、ブログよりもずっと相性が良い様に思えるので、
本家よりも今度できる「Amebaなう」の方が可能性がありそうですね。

そんなわけで未だにピンときていない状況なのですが、
私は主に記事未満のロクでもない小ネタ更新に使おうかなぁと思っています。

HP、ブログ、掲示板、チャット、クチコミサイト、SNS、タンブラー、ツイッター、
IT界の天才たちが作ってるものだけに、それぞれ性格が違っており、
それぞれに存在意義があるようです。

サービスとの相性は人により様々なので、
一度、試すだけは試してみてもいいかも知れませんね。

ネットによって、素人の世界が面白くなってきましたが、
今以上にいろんな人がいろんなところで個性的な発信をしていくようになれば良いなぁと思います!

最後に色々教えてくれたNewYorkmaniaさん、ありがとう!
スポンサーサイト

二の酉 再びちょっとだけ

二の酉です。
今回はバリバリのメインタイムに突入してきましたよ!

まぁ、すんごい人出!
前回もそうだったけど、ギュウギュウぶりに関して言えば、
例年に増しての密度だったのではないでしょうか?

熊手はやっぱ二の酉受け取りが多いのかな?
ヨヨヨイも貧乏規模のものを数度耳にすることが出来ました~

091124_007.jpg

これを食わずに年を越せるか!
「ソムタム」のタイ風モツ煮込み!

甘辛すっぱな、汁まで旨いエスニック煮込み。
こういうのはなかなか食べられないよね。

毎度なみなみよそってくれるのです。安いの!
そして・・・これを全て食べてしまうと、もう他が入らなくなる!

091124_004.jpg

「実家」のトック。
「福美」より単価は上ですが、やはりキムチは入れ放題。
量も多いし、汁も濃いし、あっちと違ってお餅が良い感じに煮込まれているので、
こっちも十分アリですね。

一の酉とは微妙にメニューが違うんだな。
めぼしいものは見つけたときに食っとかなきゃならんぜ!

091124_005.jpg

「味元食堂」のスジ煮込み。
店頭の陽気なジイサンが、やたらチャミスルをサービスしていて、
私もしっかりよばれちゃったぜ。

ピリ辛で実においしい煮込みじゃん!
スジ肉もむっちりトロトロでイケルわ!
ここの品物も毎年鉄板だ。

091124_008.jpg

「栃木屋」のあんかけやきそば。
これもサービスメニューだね。

今年は外国のオネーサンが手伝っていたが、意外な国際化だ・・・

091124_001.jpg

汁ものばっかでダップンダップンになってしまったので、
「トクナガ」のカットパイナップルで〆。

甘くておいしかったですが、ちょっと大きく切りすぎでは!?
口がカネゴンみたいになってしまったよ・・・


商店街の出店もちょっと前は知る人ぞ知る感じだったのですが、
今やすっかり知れ渡ったようで、魚屋や福美の前なんかは
取り付け騒ぎかっ!ってくらいの人だかり!ビックラこいたよ!

売ってる方も大変そうだけど、
お祭りだけあって、どことなく楽しそうな雰囲気でイイよね。

残念ながら、今年は行けなかった方も、
また来年のご参考に。

六ッ川「ちゃんこ鍋 いなせ」にもあった、ちゃんこ山!

大衆お寿司屋さん「いなせ」には、
ちゃんこ鍋が食べられるお座敷スペースが併設されています。

前にどなたかから教えてもらって???て感じだったんだけど、
いつもの弘明寺店ではなく、六ッ川店の方だったのか!

091106_006.jpg

これが一番小さい小結って奴なんだけど・・・
ここの「2、3人前」というのはデブ世界の尺度であることが判明!

具の全貌が見えるはずも無いのですが、
お刺身で食べられる車えびや鮭、タラなんかの魚介も入ってます。

実際目前にしたらオオーッとなるようなボリューム感で値も手頃。
お寿司もつまめるし、気さくな小宴会にちょうどいいかもね。

ただ、この季節は大人気みたいで、予約しないとまず入れないみたいだったな。

大井町「ハピネス」のカレースパマウンテン

憧れのお店に行ってきました!
駅からちょっと歩いたとこにある垢抜けない喫茶洋食店。

ゆきむらさんとこを指をくわえながら拝見していたのさ。

091008__012.jpg

どこのモン・サン・ミシェルだっ!

うず高く盛られたスパ山を取り囲むカレー海!
グツグツなの!グッツグツ!!温暖化!

マーガリンで炒められた素スパを、
カレーソースに絡めながらいただくわけですが、
いやいや、がっつり旨いじゃないっすか!

皆さんも是非一度巡礼に!

「横浜 金刀比羅・大鷲神社 酉の市 '09」 ちょっとだけ

お酉様の季節です。
すなわち、今年ももうわずかということなのです・・・

我が家ではこのお祭を境に本格的な冬支度が始まるのですが、
昨日もご多分に漏れず、メチャ寒なお酉様ナイトでしたね~

091112_003.jpg

今年は平日ばかりの日程ですが、二の酉までしかないこともあってか、
人出は多くて、参拝は大行列が出来ていましたわ。

熊手屋は、年々微妙に縮小している感じなのですが、
驚いたことに今年は2周している間にヨヨヨイをただの一度も聞かなかったな・・・

不況も極まっているなぁという感じで、
人は多くてもどこか活気に欠ける雰囲気だったのですが、
本来はそういうときこそ、賑やかに景気づけをするのがお祭りの本文。

売れて無くても空ヨヨヨイしたり、
赤ちゃんやチビッコ相手に辻ヨヨヨイをしてやったり、
そういう心意気があってくれるとうれしいんだけどなぁ。

たぶん、中村梅之助先生も嘆いているぞ!!

091112_013.jpg

さておき、屋台食をチラッと。
まずは定番、タイ料理「ソムタム」のタイ風アラ汁。
タイのモツ煮かと思って、鍋を指差し注文したら、「魚です~」って。

タイのアラ、いや、鯛のアラがタップリ入ってて、なみなみ。
混雑の中ではえらく食べづらいんだけど、味はとっても旨いっす。

091112_017.jpg

「ソムタム」は3つ屋台を出していて、
カラオケ支店の前ではチェンマイ焼きソーセージ等、
各種腸詰や竹筒ココナツもち米なんかを販売してました。

トムヤムクン、パッタイ、ソムタム、揚げバナナ、
タイ風手羽焼きなどなど、ミニタイフェスって感じよ。
オススメです!

091112_005.jpg

神社前の大通りで毎年買っているのが、このジャガバタ。
キャップ姿の爺さんが威勢良く試食を配りながら売ってる屋台なんだけど、
ここはいつも盛況なんだよね。

今年も爺さん、元気にやってるなぁという感慨と共に。

場所は神社を背にして右レーンの奥よ。
大盛りなので、色々食べたいときは要注意な!

091112_007.jpg

韓国料理「実家」のプルコギ。
ここはまだお店に入ったこと無いんだけど、けっこう評判がいいお店なんだよね。
ニンニクの利いた甘辛お肉はつまみにしてもいいし、今朝、肉うどんの具にしたわ。
あと、なぜか酢豚を大鍋で売ってたな。韓国式中華って奴か?

ちなみにお祭りでは地元のバッドな若人達の背伸び服や、
ヤンキーファミリー達のダルダルな最新モード、
サカゼンで売ってそうなベルサ-チ風ヤクザファッションが、
賑やかなパレード形式で楽しめますよ。
あれ、一般人てどこにいるのって感じ?

091112_020.jpg

「木浦食品」の牛スジ煮。
スジはホロホロに崩れてしまっていて、
豆もやし、ぜんまいがタップリ入ってます。

商店街の中も韓国食品のお店や魚屋などが出店を出してるよ。
チヂミ、トッポキ、韓国おでん、生牡蠣やカニ汁なんかが人気だね。

福美のトックが大行列している一方で
テキヤ屋台は単なる賑やかしにしかなっておらず、売上は悪そう。
人出があるイベントで場所を独占すれば、
何を売ってもボロイ商売ってな考えは、もう終わったな。

このお酉様でも、韓国屋とかの非テキヤ屋台が、
面白いしお味もいいのでオススメです。

091112_011.jpg

次回、二の酉は11月24日(火)
昼間からやってますので、是非お立ち寄りを!

野毛のとても気まぐれな「イオリ カフェ」

ドンキ向かいのビル脇にあるカフェ。

目立たない!
そして、いつ開いてるか分からない!
数度の挫折の後、やっと入れたよ!

091027_006.jpg

お店は文化系のオネーさんが一人でやってる感じ。

間口が狭く、中も広いとはいえないんだけど、
天井が高くて、椅子やテーブルの設えがいいから、
むしろゆったりとした印象すらあるんだわ。

JAZZがガッツリ目にかかっていたり、
なかなかカッコイイお店なのよ。

091027_009.jpg

自家製パンで作ったフレンチトーストは、
ほんのりオレンジの香りがしてふっわふわ。

メニューもそれっぽいし、なかなか良いじゃんか。
いいお店なのにお客さんが少なそうでもったいない!

是非、応援したいなぁ!
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。