恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜橋「酔来軒」のトマト肉団子ライス

肉団子大好き!

ラピュタのオープニングみたいなヤツに憧れるよね!

最近、中華街とかではあまり見かけなくなっていて、
密かに消えつつある昭和メニューのカテゴリーなのかな?
むしろ昔からの町中華とかに現存するケースが多いよね。

家でも作ってみたことがあるんだけど、
汁っけというか、油が出てしまって、ちんちくりんになるんだよ~
これは外で食べるべき面倒なメニューだなぁと思ったわ。

外側はカリ、内側はフワ、甘酢餡に絡まった罪なお肉・・・

ミートボールなんかもそうだけど、
実際に食べた経験はそれほど多くないはずなのに、
どこか懐かしいような、心をくすぐられる何かがあるんだよねぇ。

どっかに良い店あったら教えてね!

090606 091

そんなわけで、商店街に入り口にある中華屋さん。

あいかわらず、近所のおとーちゃんや爺さんたちが、
トリカラをつまみにビールや紹興酒をかっくらってます。

このお店の比較的新しいメニューであるトマト肉団子は
団子の中にミニトマトが丸まる入ってるのよ。

揚げたては極熱のトマト汁がビュビュッと飛び出し、メッチャ危険!
でも、味の相性は良くてとてもおいしいの。

餡がまさに横道な仕上がりで好きよ!

値も安いし、接客も気持ち良いし、良いお店。
スポンサーサイト

象の鼻パーク「象の鼻カフェ」のゾウノハナソフト

皆さんもご存知かと思いますが、
開港150周年にあわせて、象の鼻パークなるものがオープンしたわけです。

090604 025

まぁ、なんというか・・・
とりあえず、土地をならしておきましたって感じで、
特別な面白みも無く、絵にもならない公園です。

大きな倉庫があったり、雑多な船着場だった整備前の方が、
使い込んだ感じがあって、それっぽかったような気もするんだけどなぁ。

MMと旧観光エリアを結ぶラインとして整備する必要は分かりますが、
どうせ手を入れるなら、ここはここで観光名所になるような要素が欲しかった!

まぁ、さておき、公園内にはレストハウス&展示スペースみたいなものがあり、
その中にドリンクスタンドみたいなものが入ってるのですよ。

鎌倉のレンバイにあるとっつきにくいカフェと、なにやらやってる人のコラボらしい。
皆で寄ってたかったわりに結構簡易かな。

090604 031

ソフトはかわいいじゃん!

メニューはソフトとドリンクとオープンサンド。
大したものは出来そうに無い厨房環境なのですが、
ちょこっとオサレっぽくて、普通の観光店が入るよりナンボか良いです。

ただ、公園の名物は・・・ソフトのみなのかぁ・・・

新御徒町「中屋洋菓子店」のカステラが渋すぎ!

カステラ屋さん、しかも100年の老舗。
kimcafe先輩のところで教えてもらったのよ。

お店のある佐竹商店街は日本で2番目に古い商店街なんだって。
御徒町のあたりはけっこう歩いていたんだけど、
すぐ近くにこんな場所があったんだねぇ!

店の脇に喫茶コーナーもあり、かなり渋い。
テーブルも懐かしのゲーム機だったりするんだぜ。

090514 018

カステラおいしい!

しっとりキメ細やかで、バッチリ甘い!
まさに下町のストレートな甘味。

店頭にある切ってない状態のものとか!
端っことか!マヂ旨そうでヤバいよ。

カステラのセットドリンクは梅茶か昆布茶のみ。
チープだけどほのかな塩分が良く合うのよ。
珈琲よりいいかもしれん。

ジャムロールはさらに甘くて、たまらん!

「劔岳 点の記」 山男には惚れるなよ!

木村大作先生の初監督作品。

私もいつかは呼んでみたいな、カメラをキャメラと!

日本地図最後の空白地帯、剱岳。
測量のため、命をかけて未踏峰に挑む男たちのお話。

332002view005.jpg

歴史の表舞台に出ない偉業を為した男達の意地と誇り、信頼と友情、
厳しくも美しい山への愛、神なる自然への畏敬・・・
山岳会との関係も含め、なんとなく裏方映画人ともダブるよね。

まぁ、テーマはいろいろあるんだろうけど、
基本は寒そうな山をおっさんたちが無言で歩く画がひたすら続き、
クサい人間ドラマというよりは淡々とした風景記録ドキュメンタリー的な仕上がり。

332002view008.jpg

ただ、その風景画は並じゃない!

普段は中国やらの絶景に世界の広さを感じるわけだけど、
いやいや、国内にもこんな超絶風景があるんだねぇ!

山って、すごいな!
私は絶対に登らないけどな!

やっぱCGの描く世界とは迫力や質感が根本的に違う。
プロによって、しっかりと撮り上げられた厚みが確かにあるわ。

しかし、天候も含め、あまりにガチンコなロケなので、
役者やスタッフたちはメチャ大変だったろうなぁ。
崖際とかハンパないし、ちょっとした滑落シーンもメチャ怖い。
この映画の舞台裏でも映画が撮れそうな感じ。

332002view011.jpg

香川照之はもはや先生クラス、すばらしい!
役所広司とか、脇の役者も良いラインでそろえてある。
ただ、主役のインディアンの孫は表情が読み辛ぇことこの上なし!

木村監督は映画監督や演出者というより、
やはり、キャメラマン、職人としての性質が強そう。

山男のキャラともばっちりかぶるのだが、あまりに実直でもある。
作品としてはもうちょっとクサく演出してもいいなぁと思った。

次はどんな映画を撮ってくれるのだろうか・・・

332002view002.jpg

あと、確実に言えるのは、
大作はあおいたんに惚れたってこと!

新妻役の微笑みは大雲海より美しい・・・

中華街「生福園」の特製ミルク麺が辛い!ミルクなのに!

市場通りの外れに出来た台湾料理のお店。

福富町の「台湾菜館」の関係みたいなんだけど、
元は閉めたんだか、そのまま営業してるんだか、良くわからん。

気になっていたこのメニューを食べてきた。
当初は焼きミルク麺という名だったが、焼いてねーもんな!

090607 035

練乳系の白いスープはコクがあってまろやか。

そして、意外に・・・辛いの!

いや、むしろ激辛ってレベル!熱々だし!

荒挽きこしょうなのかな、ガッツリ入っていて、見た目とは裏腹に過激。
蒼井優ちゃんがたまに見せる演技的狂気みたいなもん!

味はうまいね!!!
ヒーヒー言いながらも、汁を飲み干しちゃったほど。

ネギだけは信じられないくらい固かったけど、
麺も頃合だし、シンプルな具も良いじゃんか。

他にも面白そうなメニューがあるし、
屋台料理の看板どおり、単価も安いんだわ。

変わった体裁のお店だけど、良さそうじゃん。
今度は夜に行ってみたいなぁ~

海洋研究開発機構 「よこすか」「しんかい6500」 カッケェ!

今週も男子心がときめく、特殊船が来てました~

ええと、とりあえず、記事読まなくても良いので、
海フェスタよこはま」をブックマークしとけ!

090613 075

今回はJAMSTECの支援母船「よこすか」です!
地球物理学の分野から地質調査や深海調査なんかを行うアカデミックな船。

やっぱダーク・ピット的な活躍をしているんでしょうか!
悪の大富豪とかの海底基地を急襲したりするんでしょうか?!

090613 072

天気も良いし、アレが来てることもあり、
一般公開は長蛇の列!30分くらい待ちました。

090613 024

ブリッジです~
航海士の白い制服がまぶしい!

090613 028

2人用船室とのこと。
狭いながらも自衛隊とは雲泥の差だ。

090613 035

そして、船の腹に納まっているのは有人潜水調査船「しんかい6500」

この間のJAMSTECのイベントの時に、
行こうかどうか激しく迷ったんだけど、向こうから来てくれるとは!

090613 062

「しんかい」といえば、思い出すぜ!カバヤ・ビッグワンガム!
当時は2000だったのに!今や6500までパワーアップ!
世界一深く潜れる船なのだとか!すげぇ!

090613 057

実物は思った以上にデカイ!

コックピットはチタン合金製の耐圧核になっていて、
とんでもない水圧に耐えるため真球に近い構造なんだとか。

090613 040

前面に3つ付いている船窓はこんなに分厚い!

090613 054

公開用に胴体が透けていた。
バッテリーと重りとか、垂直すらスタートか。

090613 066

ここにもユルキャラがいた!
「しんかい6500」を模したロッキー。ヘビメタか!

090613 049

倉庫広い!おっちゃんもメチャ良い顔!

090613 080

後部にスライドして、クレーンにひっかけて透過する感じ。
実にメカっぽい!円谷っぽい発進シーケンス!

090613 076

ピンバッジ貰った~
あと、海洋堂のしんかい6500ストラップ買った!

090613 083

「観光丸」も体験乗船してたみたい。

先日の護衛艦「しらゆき」は7月3~6日にまた来るらしいし、
9月までまだまだいろいろと楽しめるみたいだよ!

是非、出かけてみてくれ!



該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。