恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカ映画「レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―」

なんだよ!この「最終決戦」てのは!
・・・・さっぱりわからねぇぞ!

さておき、最っ低!逆にドキドキするくらい!
前作もヘボだったけど、今回はさらに酷かったのか!

やはり安ゲームのCGムービーような状況説明から映画は始まる。
数多の監督たちが映画の導入部にどれくらい心血を注いでいるか!
映画会社の奴に改めてガッツリ説教してやりたい気分!

そして、曹操陣内では兵士たちが激しく球を蹴りあう競技を・・・

知ってた?サッカーは古代中国の策嘉(さくか)がはじめたんだよっ!
(民明書房刊「世界のスポーツ夜話」)

090033003.jpg

絶対不利の寡兵で大軍を破る痛快&神秘な計略。
その裏で展開されている周喩vs孔明の息詰まる駆け引き。

赤壁は三国志演義でも屈指の魅せ場であるわけだが、
そのまま作っちゃ、ちょいファンタジーが強すぎるっつー話よ。

そこで、リアル方向に解釈したウー版赤壁を・・・って流れのはずが、
ウーが真性のバカだったから、演義のいいところ全て消した上に、
さらに陳腐に堕したようなお話になってるんだなぁ・・・

つーか、ウーさん、実は三国志、読んだことないだろ!
なんだかそんな気がしてきたぞ!

090033005.jpg

ツッコミどころは無数にありすぎてとても書ききれんのだが、
慣れない大作ってことで、大風呂敷広げすぎたあげく、
悪い意味でリアリティゼロって感じ。懐かしいバブルの頃の匂い!

そもそも40倍の兵力と川幅すら余裕で埋め尽くす(!)船があるのに、
曹操さんはなんで渡航しないのかが全く分からんし・・・
長細い入り江になぜか隙間なく船を詰めてるし。逗子マリーナか!

しかも船酔い対策とか言って船つないでるんだ・・・
ちなみに川沿いの曹操陣地はメチャクチャ広くてさ(Because陸戦も撮りたいから)
兵士は陸で余裕に寝泊りできるんだわ。船酔い・・・しねーし。

あと、孔明さんは無人の藁舟で矢集めもいいのですが、
これじゃ、たった一本の火矢をくらえば丸コゲになりますよ・・・

090033006.jpg

今回は最終決戦(映画撤退ちゅーこと?)てことで、
avexが社運をかけて、人員、セット、CG、火薬、全てをてんこ盛りにした訳だが、
使い方がド下手なので、もはや全てが目障りな動きでしかないのよ。
アクションもイマイチ見せ場がなくって、これは前作の方がまだ良かったわ。

ラストなんかさぁ、

孫軍に攻められて以降、なぜか思考停止して何の指示も出さない曹操。
作戦地図の前で「公孫は倒した・・・袁紹も倒した・・・なのになぜ・・・」みたいな、
死臭漂う遠い目懐古を始めちゃうんだから情けねぇ!

090033004.jpg

やがて追い詰められた本陣で剣を突きつけあう曹操と周瑜(ジョン・ウー的対峙な)、
その周りを孫権、劉備、関羽、張飛、趙雲らがずらりと囲む(炎をバックに)、
しかし、リン・チーリンが人質に!どうするトニー!みたいなバカ。

なんやかんやで妻を取り返した周瑜は言うんだわ、曹操に、

「去れ!」だってさwwww

ちなみにこの時点で80万からいた曹操軍は3人しか生存して無いわけ・・・

試写会場もさすがにドン引きよ・・・

090033007.jpg

私的に一番ドキドキしたのは周瑜さんが、
山盛りの団子を突如一気飲みするシーンな!
ここが一番命を危険にさらしたんじゃねーかと思う!

あと、曹軍の将軍たちがチラ見しただけでビビって撤退を決意しちゃう、
孫軍の周囲を盾で固めた「300」陣形な!
猛火も無問題ですって!アホー!

090033001.jpg

まぁ、ジョン・ウーって監督はチンピラ同士の小競り合いで、
銃を2個持たせて(ちょっとした贅沢)銃撃戦をしたり、
亀仙人が思わずビクッとしちゃうくらいの爆薬演出する程度が合ってるんだな。

この先、100年待ってもオリンピックの演出は頼まれないだろうなぁ・・・
スポンサーサイト

原当麻「瓢禄玉」でマスやらコイやらを食った

原当麻の駅からも程近い川魚料理のお店。
フォーティー・サミィさんちで教えてもらったんだよね。

ちなみに私にとって相模原は未知の暗黒大陸なので、
やけにはるばる感が強いんだが、時間的には結構近かったみたい。

090320 006

まずは酢味噌でいただくコイの洗いね。
魚はすぐ脇の池に泳がしてあって、歯ごたえはブッリブリ。

お店は田舎家をぶち抜いたようになっていて、大宴会も出来るほど広い。
窓から田んぼを眺めながら、まったりお食事という田園気分を満喫できるの。

090320 007

マス寿司、マス大根、マス大山@空手バカ。

ここらは相模川も近いし、すぐ上が浄水場だったり、養魚場も多いみたいなの。
やっぱ水のせいなのかな?添えられたクレソンも旨いんだわ。

090320 010

名物のマスのから揚げは頭からバリバリ全部食べられます。
たっぷりの大根おろしがついて来るんだけど、
これを一本食べただけでもけっこうおなか一杯になるよ。

090320 012

むぎとろ飯と鯉をドロドロに煮込んだお味噌汁。

メニューは少なくて、これでほぼ網羅した感じよ。
どれも値段は安くて、気さくにお食事できるお店だったわ。

いやぁ、県内にもこういうお店があるんだねぇ。面白かったわ。

お店は予め地図を確認しておかなければ、
決してたどり着けないようなとんでもない場所なので要注意な!


クロエェ、まきこんですまないっ!

「24 -TWENTY FOUR-」である!

ザ・いまさら!

ブームは数年前なのに、ホントいまさらだが、ハマった!

24_top.jpg

ハマりすぎて、劇中でジャックが使っているという、
ロスコのジャックバッグまで通販購入してしまったほど!

早速、鏡の前でポーズをとってみたが・・・
キーファというより、どう見ても岸学寄りなのが哀しい!

クソォォォォーーーーー!

24-1.jpg

しかし、さすがにアメリカの本気ドラマ!
役者もいいし、金かけてるし、クオリティがハンパ無いな。
特に脚本が秀逸で、毎度、予想を裏切るえーーってな展開で驚かしてくれる!

そして、まぁ、主人公が最悪!

組織や法を無視しまくりで、やりたい放題!
骨折しても、撃たれても、電流拷問されても、飛行機が墜落しても、
1時間もしたらシャキッと動けてしまうスーパー捜査官!

愛人を撃ち殺し、証人を撃ち殺し、
無実の上司まで撃ち殺し、同僚の手首を斧で切り落とす。
車を盗み、刑務所を破り、コンビニ強盗までやってのけるヤク中!

テロリストよりもうよっぽどタチが悪いジャック・バウアーがステキ!

24_season_6_cast.jpg

ジャックは決して死なない!

でも、同僚はミジンコほどの生命力しかない!
護衛的な役割の人はまずもって生き延びることなし!
テロ対策の総本山であるCTUからして短期間に2度も壊滅させられる!

脇役達はキャラが立ってきたら、裏切るか、死ぬかって過剰ハードな境遇だ!

それぞれの家族もロクでもない!
そいつは立派でも身内が必ず足を引っ張る!
いつどこに居ても事態を悪化させるジャックの娘!
どのシーズンでも善→凶悪化するパーマー大統領夫人!
特に女達の負の存在感が強烈過ぎてたまらん!

とりあえず、今もフジTVにシーズン6の再放送をやっている!
途中のシーズンからでも楽しめるので観たほうが良いぞ!

見逃した回はツタヤかここで補完しろぉ!

20080731162537_notice.jpg

トニーーーーーーーーッ!

阪東橋の「あの頃の洋食 洗濯船」が盲点だった件

阪東橋と黄金町の真ん中くらいにある洋食屋さん。

喫茶店というか、スナックというか・・・
洋食をこよなく愛する私が華麗にスルーしてしまう雰囲気。

さのやなぎさんから「なんで抜けてんの?」ってご指摘がなければ、
あるいはこのまま入店することもなかったのだろう・・・

チラッと覗いたらコックはヲバちゃんだし・・・
果たして、どんなものが出てくるのだろうか・・・

090228 011
ハンバーグ。
ぷっくり肉汁ジューシィで、どこか家庭的な優しさがあるのよ。
この場合、家庭的といっても、素人臭い感じじゃなく、ちゃんと洋食。
いや、いいじゃんか、うまいじゃんか。

090228 009
海老フライ。
デカいし、カラリと香ばしく揚がっていてこれも良いわ。
これなら立派に召しのおかず足りうるぞ!おお!

飯や味噌汁もおいしいし、えーーー、全然、アリじゃんか!

ホールのヲバチャンも気さくな感じで、
色々と気を使ってくれるから居心地も良いのよ。

営業時間も比較的遅くまでやっているので、
夕食難民になって地元に流れ着いた時の止まり木を見つけたわ!

私の勘もつくづくアテにならんな~

南区のグルメ一家

その日、私が食卓に着くと、
親父様が湯気を立てる大皿をつつきながら、なにやら言ってます。

「なぁ、あのさ、このさ・・・」

んん?どしたの?
スパイスのセロリシードがきつかったかい?

「この・・何?・・うどん?・・じゃねぇのか、えっと・・・」

うどん?

うどん?

今、奴は”うどん”て言ったのか??!!!


さすがに妹が噴き気味にツッコミますよ。

「ちょっと、いい加減にしてよ!これはフェ・・・フォ・・・だよね!兄さん」

リングイネだよっ!

お前は無駄にキリっとした顔をこっちに向けるな!


私はスパゲッティが大好きです。
大好きだけに、外でチマチマ食べるのはまだるっこしく、
丼に盛り々々にした自作パスタが頻繁に食卓に上がっているわけです。

この日もミートソース、イタ公が言うところのラグー・ボロネーゼを、
前日から丁寧に仕込んで、家族に振舞っていた所でした。

しかし、この期に及んで「リングイネ=平打ちうどん」という
文明開化の日本人さながらの反応を目の当たりにするとは・・・

「まんがはじめて物語」かっ!助けて!モグタン!


よく、ほんまさんちは普段からいいもの食べてそう、
とか言っていただけることがありますが・・・

えぇえぇ、我が家の食文化レベルはこんなもんですよ。

そんな私の駄感想に振り回されている皆さん、ザマーミロ!

上大岡京急「大四国・瀬戸内展」の徳島ラーメン旨し!

上大岡京急でやってる「大四国・瀬戸内展」
イートインが魅力的だったので行ってきたぜ!

まずは徳島県「ラーメン東大」の徳島ラーメンな!

徳島ラーメンて好きなんだよね~
昔、ラー博に出ていた「いのたに」でファンになり、
その後、何店か食べてみたんだけど、どこもさっぱりでさ・・・

ここは有名店らしく、TVで観てて旨そうだったのよ!
まさかこっち食べられる機会が来ようとは!

090315 007


まぁ見てよ!旨そうでしょうに!

甘めのスープはトロッとしていて、
舌に骨粒のざらつきを感じるくらい濃厚に煮込まれてるの。

水分のすくなさそうなストレート細めんや、
具の甘辛い肉との取り合わせが絶妙じゃん!

これも白飯が欲しくなるのよ!無いけど!
デフォで少なめなんだけど、これは絶対飯も食うからじゃね?!

旨かったっす!



そして、2店目は香川県の「日の出製麺所」。

ココも超有名なお店だよね。
営業時間が短いレアな行列店ってことで、何度も目にしてるよ。
まさかこっち食べられる機会が来ようとは!

090315 001
090315 004
090315 006

上からちくわ天温玉ぶっかけ、醤油、かま玉。

現地より値段が高いのは全然許容範囲なんだが、
なんだろ、こんなもんなのか・・・

コシとか、口当たりとか、喉越しとか、
もはやこっちの讃岐うどん屋でも良い勝負するんじゃね?

ダシはかなり淡くて(薄めすぎ)、素材の風味もあんま感じない。
醤油はダシ醤油で、これもありがちな感じ。どっちも卓上で自由にかけられる。

いつか聖地巡礼するのが夢だったのだが、
これならわざわざ行く必要もないかなと・・・「綾」で十分かなと。

ま、そんな感じ。

上大岡京急の催しなので規模は幾分小さめ。
物販に関しては、これといって目立つものはなかったかな。

17日(火)~17:00なので、
ラーメン好きな人は行ってみるといい!
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。