恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華街「萬和楼」の麻醤麺とオヤジのキャラ

関帝廟の脇にある台湾料理のお店。

冒頭から小首を傾げつつ「アレ?前にも来てくれたよね?」などと、
今時、田舎のナンパ師でも赤面しそうなキャッチトークが板についている。
おそらく入った全員に炸裂させている定番だろうが、「おじさんは良い人~」と好評らしい。

shoku2650.jpg

珍しい台湾のベジタリアン料理を扱っているんだとか。
中でも名物の一つになっている麻醤麺は、表にはゴマだれ乾麺と書いてある。

ゴマが濃厚で、シンプルなわりにジャンキーなところもあるんだが、けっこう好きなお味よ。
こういう和えソバを出してるとこって、中華街でも少ないから新鮮だよなぁ。

ちなみに家でもうどんの乾麺で似たものが簡単に作れるから、やってみると良いぜ。
私は手抜きっ子なのでゴマペースト・老干媽・めんつゆとかで適当にやっつけちゃう。
スポンサーサイト

二の酉に行ってきましたよ

昨日は二の酉に行ってきました!

071123 108

そう、横浜橋のではなく、浅草の!!

本場のお祭りはどんなもんじゃ?と。
実はうちの方よりチャチなんじゃねーか?と。

071123 104

とんでもねぇ・・・
周囲数百メートルの歩道が人で埋まり参拝するまで2時間は並ぶようだ・・・

熊手だって、案外狭い場所でやってると思ったら、奥に何列も売り場がありやがる・・・
道幅が狭い分、縁起物がぎっしり並んでいて、なんともきらびやかな情景・・・
作りもそれぞれ特色があって面白いし・・・

ちなみに熊手市の方はすぐに入れて、適当に見歩いていたら、あれ?ここって境内?
さすがに並んでいる人に申し訳ないのでお参りはしなかったけどね・・・

071123 124

屋台はやはりその筋のものが中心なんだけど、心なしかテキ屋が若く活気がある。
規模はパッと見、それほど大きくないんじゃん、とか思ったら・・・
全貌がつかめないほど複雑に広がっていて、ついに歩ききれなかった・・・

また、下町飲食店が店頭を開放していて、みんなが酒盛りしてるんだけど
その風景がいかにも楽しげで、なんともいい感じの味があるんだよね・・・

悔しいがこりゃ完敗だな・・・・
東京ってヤツは田舎者の誇りを容赦なく砕いてみせる場所なのだ!

shoku2653.jpg

あまりに癪なので、現地ではレバ丼しか食べず、地元の方にも顔を出す。
「味元食堂」のスペアリブ。今回は焼きで無く、煮込んであるのかな?韓国味でかなり旨い!

shoku2654.jpg

やはり素通りできなかった「ソンタム」のそうめんに絡めるグリーンカレー。
ここの料理にしてはずいぶんマイルドに作ったようだけどやはり旨い、飯で食いたかった。

shoku2655.jpg

「みちのく?」の山芋磯辺揚げ。これも人気の定番屋台。
まわりはサクッとしていて、中はネットリコッテリ。天丼のような甘辛ダレが塗られる。
なかなか良いつまみになるんだが、これって進化してるのか?中に蛸なんか入ってたっけ?

しかし、こちらも稀に見る混雑振りだったなぁ。
参拝の列が白井肉屋の方まで伸びるのをはじめてみたぜ。

規模が劣る分、こっちはハマの人情で勝負していると思う。

縁の深いヤクザ同士の久方ぶりの再会とか、肩で風を切るチンピラの勇ましさとか、
ヤンキー仲間たちの楽しげな夜店周り風景とか、未青年の酒盛り集会とか、
ワンカップ片手のヤンママと迷子の子供との感動的な親子愛とか・・・

BAD比率ではうちの圧勝。

あとはあまりに豊富すぎる韓国屋台の数。
数年後には酉の市ではなくタッシジャンに改名されるんじゃねーか?

中華街「海員閣」の豚ばらそばを食って腰が抜けた!

香港路にある狭くて小汚くて、接客が横柄で、
我が青春のバイブル「美味しんぼ」で叩かれまくったお店。

前回食べた牛バラそばがえらく旨かったので、またタイミングを計って突入した。
ちなみに平日の2~3時近くになれば、席があいていることもあるみたいだ。

shoku2648.jpg

これが!!また!!!!うんまい!!!!!!!!!!!

歯ごたえの残る頃合に茹でられた細麺。
コクがあって、豚の良い香りのするスープ。
厚みたっぷりトロトロの豚バラ・・・・完璧じゃん。

これって、密かに中華街トップクラスの麺なんじゃないか?
そこらの有名ラ専門店と比べても、全く負けない出来だと思う。

もしかしたら、味のうまさも特に不快さを感じない接客も、
お店が空いている時に入ったからなのかも知れんが・・・

例のババァが消えた後はマシになったという話も聞くし、
バカな注文のルールが健在なのかも含め、詳しい人がいたら教えてほしい。
改めて、他にもいろいろ食べてみたいんだもの。

時代が俺に追いついてきた・・・

皆さん、こんばんは

世のグルメ達はミシュラン東京版の話題でもちきりですね。
かく言う私も今をときめくおしゃれ系グルメブロガーとして、
どのお店が星を取るか興味津々で発売を待ちました。

・・・・あれ、落丁かな??

「牛丼サンボ」とか載ってないんですが・・・

行ったこと無いのはもとより、
聞いたことすら無いようなお店ばかりで、
まるで別の国のガイドブックのようだ・・・


さておき、
ネットで今年の流行語を眺めていたら、気になるワードを発見しました。

「もてぷよ」
http://www.yomiuri.co.jp/donna/do_060214.htm

「つかみたくなる二の腕」「まろやかなヒップ」「柔らかな胸元」

私、フル装備してますよ!!
さぁて、来年は良いことありそうな予感がしてきたぁっ!!!!

山下町のオヤヂ空間「バンビ」のナポリタン

いつも楽しみに拝見している関内ランチさんで知った喫茶店。
階段を抜けると、そこはオヤヂの国だった・・・

薄暗く、そこらじゅうにノネナールが染み付いたような店内。
チープ且つど昭和なお店なんだが、なぜかまったり落ち着く雰囲気が漂う。
官庁が近いからか客のオヤヂ達も心なしか行儀が良く、ヲバちゃん達の対応も丁寧。

071026 011

こういうお店ではナポリタンだろ~ということで早速注文。
まさに期待を裏切らない王道の喫茶店スタイルがやってきた!
お味は油多目のややコッテリとした仕上がりかな。

値段も安くて良いね。
やはりコーヒー代程度で食えてこそのナポリタンだ。

弘明寺「マミー」のクレープ

京急駅前にあるクレープ屋さん。

しょぼいチェーン店みたいな外観なんだが、
「弘明寺で脱サラして25年」とか書いてあるから地場のお店なんだろう。

071028 011

焼き置きでチョコスプレーなんか溶けきらないんだけど、
皮はモッチリとした食感で、クリームもケチってないから悪くないよ。

なにより値段が相場よりずっと安いので、貧乏な男子学生なんかも、
グループでやってきては買い食いしていくようなほのぼの光景が見られる。

おっちゃんも気さくで良い人そうだし、弘明寺の文化店の一つなんだろうなぁ。
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。