恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶらり北海道~その1~

この前の連休に北海道へ行ってきたよ。
お付き合いの家族旅行で、現地でもまぁいろいろ大変だったぜ・・・

帰ってきて、写真もネタもあまりに少ないことに愕然としたのだが、
一応レポートしておこう・・・しょぼいけどな!


初日、まず積丹半島の付け根にある余市くんだりまで買い物と食事に。
オヤジがTVで見たんだと・・・田舎のほうが安くてうまいって。
テレ東め!!軽口たたきやがって!おかげで・・・

はるばる車に揺られ着いてみたら目的地は地場のスーパーでやんの!
な、なんなんだ、このアロマ企画ばりのマニアックな旅程は!!

とりあえず、すぐ裏にニッカの蒸留所があって助かったぜ・・・
ここはレトロで雰囲気があって、独特の香りがして、とても良い観光スポットだったよ。

070926 023


食事は件の「柿崎商店」で。これは3種の貝が乗ってる磯丼よ。
空港のバカデカおにぎりとウィスキーの暴飲?のせいで、私は全然食えなかったけどな!
まぁ次で食えば・・・という気持ちが甘かったことに後で気づくのだ!

shoku2463.jpg



午後は小樽まで戻って、超駆け足の観光。
雪の無い風景は初めてだったんだけど、ずいぶん感じが違うんだねぇ。

070926 047

古い建物が根こそぎ観光施設になっていてビックリしたが、コレはコレで楽しい気がする。
従来の産業が空洞化しちゃったのが、かえって建物の保存と観光化に功を奏した形なんだろうね。

070925 025

ちょっと裏道に入れば、キュンとなるような寂びた風景もあるし、私好みな街でもある。
もう少し、ゆっくりグダグダと散歩できればよかったなぁ・・・

070925 014

昼食に強く推したのだが、即効却下された「ニューなると」の若鶏。
執念の持ち帰りを決行したのだが、冷めていた・・・
それでも、今回の旅で一番旨かったものかも。

shoku2451.jpg

「西川のぱんじゅう」 小樽にもあったのか、ぱんじゅう文化!
パリッと香ばしく焼けた皮といい、がっつりしたアンコといい、これはかなり旨い!

shoku2448.jpg

コンパクトで軟派なわりに、それっぽいお店も点在していて、探検しがいのある観光地だ。
土地柄スィーツスポットも多くて、全然まわりきれなかったわ~
スポンサーサイト

デブが主役のミュージカル「ヘアスプレー」

歌って踊れるドリーミングデブのアメリカン柳原可奈子が、
憧れの歌番組に出演できることになり、持ち前の明るさで人気者に・・・
やがて番組内の人種差別をなくすために友人たちと立ち上がっていくというお話。

001.jpg

トニー賞を総なめにしたミュージカルの映画化らしいけど、
年に一本くらいはこういう映画が観られるようになって、とてもうれしいね。

ストーリー自体はバカ単純だし、演出にも特にひねりは無いんだけど、
これが明るくて楽しいエンターテイメント作品になっているのよ!

とにかく、マーク・シェイマン先生のすばらしい楽曲!!
上映中、目をつぶっていても楽しめるくらい!サントラはまず確実に買いだろう!

60年代当時のポップでシェイクなカルチャーを盛り込んだ音楽に乗せ、
歌もダンスもキレのあるウキウキするようなパフォーマンスを魅せてくれるの!

328271view001.jpg

作品もいろんなものがあるけど、やっぱ人を幸せに楽しませる作品が一番いいよな!
疲れ気味の方も、これをボヘーッと観たらちょっと元気になっちゃうと思うよ!

女装のジョン・トラボル子(ヤツはメインじゃネェ!)の影で、
不当に扱いが軽い主役の新人デブをはじめ、役者達も粒ぞろいで良い。
端役の動きからしてあれだもんなぁ、まさにハリウッドの凄さを感じさせるよ。

当然、細かなイマイチ部分もあるんだけど、
エンドロールに至るまで、しっかり楽しめるチャーミングな映画だ!

→ 公式ページはこちら

大和町「フェイン」にフルーツサンドを食べに行け!

本牧にフルーツカフェができたということで、早速チャリを飛ばしたぜ!
場所は山手駅前商店街の一本裏通りになるのかな。

トタン建築溢れるど昭和な風景の中、
突如として、ゴージャスなお店が現れ、正直ビビる。
店内も高級感があり、ゆったりしていて実に良い感じなのだ。
しかし、なぜこんな場所に、こんなおしゃれなお店が・・・

オススメというフルーツサンドにミニパフェとドリンクの付いたセットをいただく。

070921 004

見て見て!
ここのサンドって、よくあるごろごろタイプでなく、
いろんな果物を薄くスライスしたもの重ねてあるのよ!
これだと果物それぞれの味がうまく混ざり合い、またどこを食べても美味しいの。
薄切りでも意外に食感の差は楽しめるし、クリームとのバランスも良いわ。

ミニパフェはホントに小さいんだけど、乙女心(私は持ってる)をくすぐるよね~!!
しかし、安いセットなのに手間惜しまないよなぁ!

070921 005

タカノあたりで食べたら結構とられそうなのに、セットは立派に本牧価格だし、
お店はとても綺麗でサービスも心地よい・・・

できたばかりだからか、環境がしょぼいからか、お客が少ないのがもったいないな!
ここは文句無くオススメできるお店だから、本牧っ子はすぐに走れ!

HP更新しました!9/22分 80店くらい?

というわけで、旅行前ギリギリに終わりました。
見直しチェック何にもしてないけどね! ←いつものこと

HP更新をサボる→未処理分が増える→気が重い→HP更新をサボる→
というダメスパイラルが展開していて、泣きたくなるほど面倒だったぜ・・・
どこかに素人か簡単に管理できるHP用ソフトはないのか??

今回も大盛り5ページ分なので、やはり恰幅TOPから飛んでくれ!

先月は毎日更新もしたので、ほとんどが露出したお店だと思いますが、
横浜の市街地よりも、ちょっと離れたエリアのお店が多くなってる感じかな。

まぁ、連休の暇つぶしになれば幸いです・・・デバックよろしく。

07/09/22
中華街:アジアンパラダイス (スィーツ)
伊勢佐木町:錦堂 (ラーメン)
福富町:元宝楼 (中華)
羽衣町:オレッツォ (イタリア)
曙町:新旺刀削麺 (刀削麺)
横浜・ポルタ:沖縄時間 (沖縄)
横浜そごう:京鼎楼 (小籠包)
本牧・本牧町:再春菜館 (ハルピン料理)
本牧・本郷町:はるよし (かき氷)
阪東橋・高根町:まろん (パスタ)
中村橋:ゑびす屋 (食堂)
磯子・丸山:魚の前田屋 (海鮮)
南太田:ぱあら~泉 (軽食)
南太田:茶房みき (喫茶)
蒔田:キッチン アプリコット (洋食)
上大岡:クオリス (カフェ)
上大岡京急:モティ (インド)
天王町:甘ん坊 (甘味)
浅間町:レストラン テル (洋食)
センター北:こんぴら (うどん)
港北東急:ロンカフェ (フレンチトースト)
鶴見:やーじ小 (沖縄ソバ)
鶴見:登茂吉 (蕎麦)

鎌倉・小町:キャラウェイ (カレー)
鎌倉・小町:納言志るこ店 (かき氷)
鎌倉・小町:美鈴 (和菓子)
鎌倉・御成町:ル・ポワン・ウェスト (フレンチ)
江ノ島:魚華 (海鮮)
葉山:葉山港湾食堂 (海鮮)
葉山:大正屋 (かき氷)
三浦・三崎:うらり (いろいろ)
三浦・金田:レストラン 金田
三浦・ソレイユの丘:プロヴァンス (カフェテリア)
湘南台:ぐるめ碧空 (洋食)
湘南台:アキズ (バイキング)
湘南台:コメダ珈琲店 (喫茶)
湘南台:飯田牧場 (ソフトクリーム)
横須賀:ステーショングリル (洋食)

築地:天房 (天丼)
築地:鮨文 (寿司)
ニュー新橋ビル:オザワフルーツ (ジュース)
水道橋:タレカツ (カツ丼)
水道橋:シャンティ (インド)
秋葉原:ジャイヒンド (インド)
ヨドバシ秋葉原:丸福珈琲店 (コーヒー)
淡路町:松栄亭 (洋食)
御徒町:ドランドラン (韓国)
浅草:正ちゃん (煮こみ)
浅草:神谷バー (居酒屋)
浅草:初音茶屋 (かき氷)
浅草:セキネ (肉まん)
向島:角萬 (そば)
両国:浪花家本店 (たい焼き)
五反田:とん金(とんかつ)
新宿:王ろじ (とんかつ)
新宿:クリスピークリームドーナツ (ドーナツ)

栃木・佐野:おぐら屋 (ラーメン)
栃木・佐野:ふくや支店 (イモフライ)
栃木・佐野:どまんなかたぬま 八尾春商店 (イモフライ)
栃木・佐野:中内商会 (カンロ)
栃木・佐野アウトレット:ボダム (カフェ)
軽井沢:ちもと (かき氷)
軽井沢:ミカドコーヒー (モカソフト)
軽井沢:村民食堂 (和食)

イベント:座間キャンプ盆踊り
イベント:根岸住宅盆踊り

リピート
中華街:栄楽園
弥生町:ショーラパン
野毛:キクヤカフェ
浦舟町:どんたく
本牧三之谷:チェックメイト
本牧漁港:笹加工直売所
滝頭:西洋料理たじま
天王町:村田屋
井土ヶ谷:きく弥
センター北:レジオン
鎌倉・長谷:宮代商店
築地:きつねや
町田:小陽生煎饅頭屋
町田:カフェ中野屋

「プラネット・テラー in グラインドハウス 」 テキサス一のBBQ食べたい

悪ノリ映画のロドリゲスの方。
ゾンビガスをあびた住民たちと戦うイカれた面々。

328315view001.jpg

むしろこちらの方を、すごく期待していたんだが・・・
やっぱし、この企画は肌にあわないなぁ。

サブキャラにも、それぞれイカした設定があったり、
過剰なグロこそちょっと苦手なんだが、アクションはクールだったりする。

しかし、中盤の山場をフィルム一巻消失ごめん!とかいって丸々カットしたり、
キャラもストーリーも投げっぱなしだから、どこか不完全燃焼なのだ。

意図的なのはわかるが、作品として大事なものまで壊している気がするよ。
せっかく面白くなりそうなのに、ああ、もったいない。

両監督とも、変にグラインドハウス映画の再現にこだわらず、
D級の遊び心を炸裂させたA級映画を普通に作ってくれたほうがよっぽど良いわ。

ちなみに見せ場はほとんど予告編に入ってるので、観にいく必要なし。
ダニー・トレホ先生主演の偽予告編の「マチェーテ」はかなり良かったけどね。

あと、イベントで来た小倉ゆうこりんがかわいかったぁ~

我が心の街・秋葉原のインド料理屋「ジャイヒンド」

某口コミサイトでの好評判を聞きつけ、行ってみたいと思っていたお店。
ヨドバシから歩いてすぐのとこにある。

shoku2398.jpg

写真はバターチキンマサラとキーマなんだけど、
手ごろなお値段で、とにかく、どれ食べてもうまいな~

接客も怪しげなインド人でなく、丁寧なお姉さんで、
お店は狭いんだけど、気持ちよくお食事できると思うよ。

お薦めできるお店だ。

しかし、今後はアキバの食レベルも上がっていくのだろうか・・・
なんでも缶詰にしときゃ、ヲタクが喜ぶと思うなよ!
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。