恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元町の「アルジェンテリア」は良いカフェですよ!

裏通りの端っこにあるスタージュエリーのカフェ。

shoku0801.jpg


お茶やケーキはピカピカの銀器でいただけます。

店内の雰囲気も良く、接客も丁寧。

これはニューヨークチーズケーキだったかな?
意外にも、デザートやお茶が美味しいんだわ!

かなり好きなお店です。

スポンサーサイト

春節なので、中華街「山東」の水餃子を食べた


大通り沿いの路地にある山東家庭料理のお店。

shoku0825.jpg


なんでこのタイミングで餃子なのかというと、お金の形に似ているため縁起物として、中国のお正月料理の一つになっているから。

・・・と今や誰でも知ってそうな微妙知識をありがとう、私。

もっちりとした皮に包まれた名物の水餃子は素朴でボリュームがある。

炒ったココナツがアクセントになっている特製ダレにつけて食べるの。


桜木町「ばる」は家庭的な定食屋さんです。

駅前の「神戸らんぷ亭」の裏路地にあるお店。

shoku0817.jpg


料理上手のお母さんが作りましたよって感じのほっとするお味。

値段も安くて、メニューもいろいろあるので、
単身赴任とか一人暮らしの方々はたまんねーと思うよ。

春節の横浜中華街に溢れる人、人、人  


今日は旧暦における元旦。
チョウ・ユンファが竹林を舞い飛ぶかの国では、この時期がお正月にあたるんですね。

ということで横浜中華街もすっかりお祭りムード。

20060129193443.jpg


本当は昨晩、爆竹飛び散るカウントダウンとかあったんだけど。

私「今夜、カウントダウンあるよ・・・」
妹「・・・ふぅん・・・・行くの・・・」
私「・・・行かないの?」
妹「・・・そうねぇ」

23:00 inコタツ with干し芋

私「・・・・・・・・・・」
妹「・・・・・・寒くね?」

24:10 inコタツ with干し柿

私「・・・・・」
妹「・・・・・」

ということで、怠惰に流れてしまったため、
地元ならではの貴重なレポートはできませんでした・・・

そして、名誉挽回の本日。
「よ~し、獅子舞でも撮ってきてやるか!」と景気良く動き出したのが・・・

イベント開始の一時間後・・・

さらに予定時間を短縮したのか、現地では獅子どころか、銅鑼の残響すら感じない始末です。

横浜紹介サイトにはなれないな・・・って思った。

しかし、今日の混雑ぶりってば、とんでもなかったよ!!
これが噂のみなとみらい線効果なのか、どの通りも人で埋って歩けないほどなんだもの!!
日ごろ混雑は避けてるといえ、こんなのはじめてだわ。たまげた。

でも・・・

特に何があるわけでもないんだよね、春節って。

店によって若干の特別メニューがあるか、ないか、無い。
若干の出店やお正月ならではの商品とかがあるか、ないか、無い。

みんな、あてもなくさまよっていたよ。

散々くさしておいて、恐縮なのですが、2月12日までは春節期間中なので、
空いている平日をねらって餃子でも食べに来てください。

http://www.chinatown.or.jp/info/schedule.html

伊勢佐木町「レーロイ」のココナツチキンカレーと意外なあれ


イセザキモールの一本裏手にあるベトナム料理屋さん。

shoku0803.jpg


クリーミィでスパイシーながらもマイルドなお味。

しかし、ココナツカレーにフランスパンの取り合わせって珍しいよね。

いかにもベトナムっぽいけど、
現地でもこうして食べてるのかな?

いや、悪くないんだわ、これが。

「PROMISE 無極」 真田広之×チャン・ドンゴンの快作!

チェン・カイコー監督、日中韓のビッグスターが競演する話題作。

sub2.jpg


とにかく、すばらしいアジアン映像美の乱れ撃ち!
欧米作品とは明らかに異質な空想世界を見事に描ききってるね。

いや~、この監督は間違いなく天才だわ。

話題の豪華出演陣。
ファンタジーなので、物語においては人間臭い掘り下げをあまりしていないようだけど、それぞれ見所は十分に用意されている。

チャン・あなたが好きだから・ドンゴンは俊足の奴隷役。
例のギラついた目でアラレちゃんのごとく走りまくる。

我らがデューク真田氏は無敗の大将軍役。エロ親父?
とにかく光栄のゲームキャラのごとく、バラバラ敵をなぎ倒す。

敵役のニコラス・ツェー王子がなかなか良かったよ。
冷酷で美しいキャラクターを好演して、会場のおば様の心をゲット。

彼らの迫力ある香港アクションも満載で見ごたえがあった。

セシリア・チャンはきれいだったけど・・・
むしろチャン・ツィイーにしてほしかったなぁ。

まぁ、ぶっ飛んだ作品なので、細かい突っ込みどころも多いが、
最近観た中では一番面白い映画だったよ。

なんで公開直前にこんなに盛り上がってないのかが不思議。

まったく、映画会社の怠慢だよね。
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。