恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「横浜学 ~横浜とアメリカ~」の感想

関東学院大学と横浜ウォーカーのコラボ講座「横浜学」

第23回目のテーマは”横浜とアメリカ”

なんか、Tボーンステーキのように壮大なテーマだなと思っていたのですが、実際は本牧界隈のお話で、チョリソーくらいのサイズでしたね。

ジャズファンなのか?今回の会場はすごく盛況でしたよ。

DSCF4692.jpg 
一人目の講師は関学の欧米文化論と音楽評論の先生。
お話は1960年代の音楽とゴールデンカップスについてです。

大衆音楽の歴史は20世紀初頭にアメリカから始まる。
エジソンの発明したレコードの普及をきっかけに、レコード会社が設立され、ラジオ等の放送を介して大衆に伝播していくような、今日の音楽産業のプロトタイプが形成された。なお、日本におけるレコードの歴史は昭和3年から。

かつての横浜には”フェンス越しのアメリカ”と呼ばれた進駐軍の施設があり、軍全体の1/4にあたる大人数が駐留していた。彼らが夜の街を通して本場の音楽を直に伝えた。

美空ひばりや江利チエミなどは米軍向けラジオを通じて洋楽に触れ、PXは最新レコードや雑誌の調達場所になっていた。また、逗子や鎌倉はオフリミット地区として、米軍の保養所となり、後にサーフィンなどの文化を残した。

音楽の背景として横浜はビートルズを産んだリバプールと同じ港町であったことが挙げられる。かつての奴隷貿易と同様に、進駐軍を通して黒人文化に触れた街であったことが土壌となっている。

グループサウンズの源流もアメリカといえる。
まず進駐軍がもたらしたジャズが流行り、カバーポップスやエレキを経て、GSにつながっていく。GSはロックのリズム、歌謡曲のメロディ、そして来日したビートルズに影響されたアイドル性を擁するものだった。

本牧のバーから生まれたゴールデンカップスはGSのグループであったが、ライブなどでは「長い髪の少女」のような商業的なヒット曲を歌わず、本場の最先端のロックやR&Bを演奏した。「長い髪の少女」のB面「ジズ・バッド・ガール」などを聞けば分かるが、バンドの本質はそっちにあった。

先生曰く、歳を重ねると、当時馬鹿にしていたGSがすごく染みてくる。様々な音楽経験を経て、やっと分かるものがあるとのこと。それは絶対ノスタルジーだと思います!老人が童謡に回帰する感じの!

また、途中で当時を振り返るドキュメンタリーの一部を観たのですが、ちょうどベトナム戦時下だったこともあって、本牧界隈のナイトシーンは我々が想像するよりもずっとビリビリしたもんだったようですよ。”怖い”とか”荒々しい”とか”異様”というような単語が出ていたもんな。また、60年代の横浜は東京よりも遥かにオシャレで、流行の最先端として強烈なイメージを残したのだそうな。

つっても、今は不良ジジィくらいしか残ってないけどね!

DSCF4691.jpg

二人目の講師は東京音大の教授。
プログレロックのキーボードプレイヤーでもあるようです。
お話は日本のジャズシーンについて。

大正時代、米国と日本を行き来する多くの客船に専属の楽団が置かれ、彼らが現地の音楽を持って帰った。これがジャズの黎明。

当時のジャズはアドリブなしのダンスミュージック的なものであった。大正10年には花月園ダンスホールで座付きのハタノ・オーケストラによる演奏が始まる。本牧や山手あたりには”チョップハウス”が語源とされる”チャブ屋”が点在。表向きはダンスホールとして、実体は娼館として営業していた。

大正14年には伊勢佐木町の喜楽座(日活のあった場所)にて、米国巡業を成功させた奇術師の松旭斎天勝が現地のジャズ奏者を引き連れ凱旋公演。音楽と演芸、寸劇を組み合わせたこの公演スタイルは、後のボーイズ芸やコミックバンドの源流となったのではないか。

昭和になるとスイングジャズが流行して、昭和8年の「ちぐさ」などのジャズ喫茶がオープン。

戦中は敵性音楽とされ鳴りを潜めたジャズであったが、戦後はOCやEMなど米軍施設の娯楽として、日本の軍楽隊のOB等が派遣され演奏した。また、本国から兵士慰問用に送られたVディスクを通じて、日本の奏者やファンにも流行が伝わっていく。クランベ―ク(焼はまぐり→横浜)やCB9等、日本人の本格ジャズバンドも生まれ、黒人クラブなどの厳しい聴衆を相手に人気を博した。

朝鮮戦争を経て、主に米兵向けだったジャズは、日本人向けにもシフトしていく。その後、ロカビリー、ポップス、カントリーなどの流行を経て、GSにつながっていく。

DSCF4693.jpg

三人目の講師はDJのロバート・ハリスさん。
若い頃、界隈でやんちゃしたお話でした。

日英ハーフで12歳から21歳まで横浜で暮らす。
通っていたセント・ジョセフは宗教色の強い変な学校だった。

様々な国籍の生徒が学ぶインターナショナルスクールを基本として、遊び歩いていた当時の伊勢佐木町などに溢れる日本の大衆文化が交じるカオス、ちゃんぽんの環境のおかげで、その後の世界放浪を何の違和感もなく過ごせた。

当時、中華街はお店の半分はGI相手のバーで、今とは様相が違っていた。

その他、いろいろ個人的な逸話があったんだけど、書き起こしづらいかな。詳しくは自伝を読んでねって感じ。先段の本牧ドキュメンタリーに出てくるような遊び人はだいたいリア友ですってノリで、おそらく、世代を共有する人にはたまらん昔話だったのではないかな。

なお、次回は「横浜とみどり」だそうです。
スポンサーサイト

「和食を支えるだしの健康機能」を聴いて

先だって、日大の生物資源科学部で行われた公開シンポジウム「食機能としての”食欲”を考える」を聴いてきました。

これが、なかなか面白い内容だったので、お土産話をまとめてみようかと思います。長いので、何度かに分割してね。

第一回目は味の素の研究員の方が講演されたかつおだし研究のお話です。

我々がだしを好むのは、単に”旨いから”というだけでなく、何らかの健康機能があるからではないか。そしてその嗜好は学習によって強化されていくのだというとこが特に面白かったな。


「和食を支えるだしの健康機能~消化管から脳まで~」


日本人は高寿命で肥満も少ないが、これは食生活の影響でもある。和食で重要な役割を果たしているのがだしで、これによって欧米食に比べ、油やカロリーを抑えた食事に満足感を補うことができている。

しかし、戦後に日本人の食生活は欧米化が進み、それに比例して、だしの購入額は減ってきている。このままではマズイということで、ユネスコの無形文化遺産登録など、和食保護の動きが高まっている。

”おいしさ”とはなにか
おいしさの感じ方は人それぞれに違っている。単に味覚だけの話だけではなく、見た目や食感や香り、健康状態や食事のロケーションも関わってくるからだ。また子供の頃に分からなかった鮒ずしの旨さが大人になって分かるようになったり、食の経験を積むことも重要な要素といえる。

”だし”とはなにか
だしとはグルタミン酸、グアニル酸、イノシン酸などを水や油で抽出したもの。さらにこれら旨み成分だけでなく、天然出し由来の香りや飲んだ後に消化管から立ち上ってくる何かも構成要素となる。

かつおだしについて
かつおだしの成分を見ると、旨味成分であるイノシン酸は3%程度であまり多くは含まれておらず、乳酸やヒスチジン、クレアチン、アンセルやミネラル等、むしろ苦味や酸味がほとんどである。欧米人はこれらを魚臭さや生臭みとして嫌う。

だしの経験学習
では、なぜ、日本人はかつおだしをおいしく感じるのか。それは単に味やこ香りの好ましさ故でない。遺伝子や現行の食事内容の他、経験学習が重要になっていると思われる。

水とだしを比べた、ラットの実験では、初日には同程度に飲まれていた両者が、日を追うごとに、だし優位となり、その嗜好性が著しく高まっていく結果が得られている。

また、別の実験では、だしを摂ると油の嗜好は抑えられ、逆に油を多く摂るとだしの嗜好は抑えられるという結果も出た。

かつおだしの健康効果
かつおだしについては、油や糖と違って、摂取の際に脳の報酬系は関与しないことが分かっている。では何でもって、摂取を動機づけされているのか。何か他に我々の健康に寄与する機能が存在からではないか?

かつおだしを飲んだ後に様々な検査をしたところ、胃の電気活動や唾液分泌が促進された。また胃の排出速度を遅くすることが分かった。さらに空腹感を抑制して、満腹感を上げる効果も測定された。つまり消化や腹持ちがよくなったということである。これが低カロリーの健康食である和食を支えている。

また、だしを飲んだ後になんだかほっとするように、身体だけではなく心にも良く、ラットの実験では攻撃性や不安を抑える効果が見られている。その他、疲労回復や高血圧の抑制の効果もある。


とにかく、だしはすげぇな!というお話でした。だし飲まなきゃな!

ただ、私のようなデブ食を安易に続けていると、出汁の嗜好性は抑えられてしまうようで、安易にカロリーに釣られず、気をつけて、だしを摂ってかなきゃいけないなと思った!

あと、味が薄いとか言われて、欧米人に和食の旨みが伝わりづらいのは、和食を食べる続ける経験が必要だからなんだな。そういった意味でも、家庭での食育が重要になってくるみたいです。

すごく面白いお話でしたよ。

「横浜学 ~横浜とクラシック音楽~」の感想

関東学院大学と横浜ウォーカーのコラボ講座「横浜学」

第21回目のテーマは”クラシック音楽”です。

タイミング的に「横浜音祭り」に絡めた企画だと思います。
3年毎に行われるトリエンナーレの隙間を、何ぞアートなイベントで埋めようぜという目論見でありますが、街に音楽があふれ出してる気配は全く無くて、市民でもよく知らない人の方が多いのではないでしょうか?

まぁ、どんな、素晴らしいコンサートを開いても、観客はせいぜい2,3000人。しかも招待客ばっかという状況では祭りようがないんだよな。

DSCF3768.jpg 
一人目の講師はフェリスの学長さん、テーマは「横浜と洋楽の受容」です。

明治維新を期に、短い期間で文化をガラリと入れ替えた日本。音楽においても西洋のものが大量に入り、今日、我々が自らの音楽環境を顧みた際に思い浮かぶのは、小唄や三味線の旋律ではなく、西洋音楽のそれとなっている。

洋楽の大きな流入ルートは軍楽、賛美歌、唱歌の3つで、いずれも横浜と関係が深い。

軍楽は山手に駐留した各国の軍隊がもたらしたもので、当時、薩摩の学生がイギリスから軍楽の指導を受けた山手妙香寺には、吹奏楽発祥の地の碑がある。また、彼らが演奏しながら横浜の街をパレードする風景もあり、市井の人々も洋楽に触れる機会があった。

賛美歌は 教会の他、山手のミッションスクールでも広く歌われ、教育として日本で最初に取り入れたのはフェリス。この時、歌われた曲は「主われを愛す」で、複数の旋律が存在するが、当時の使われたものを講師の研究で特定した。はじめは英語で歌われ、やがて日本語訳詞もつけられたが、日本語に対し、音が足りなかったり、余ってしまったり、苦労の跡が見える。

唱歌は国の教育に取り入れられ、全国に伝播していった。
文語教育を念頭に置いた「仰げば尊し」のように、歌を通して言葉を教えるような意図もあった。その後、横浜で洋楽に触れた滝廉太郎による口語の歌。山田耕筰や團伊玖磨などにもつながっていく。

日本語の多い音節に対応すること。雨と飴のように、同じ読みでも複数の意味を持つ詞に、音の高低をリンクさせること。モーラ(拍)を反映すること等。日本語で歌う曲を綺麗に成立させるための作曲の基礎を彼らが作っていった。

学長は意外にお若い。宗教音楽の研究者に想像するような凝り固まったところがなく、教育者としても魅力的に思えたよ。

DSCF3769.jpg 
2人目は東京芸術大学特任教授で音祭りのディレクターさん。
音楽番組やコンサートの曲目、演奏順、紹介の流れを決めていく構成作家が本業らしく、テーマは「横浜音まつりの構成」について。

手がけるコンサートには大きく4つの型がある。
特定の作曲家や国、祝祭等のテーマにちなんだ曲を集める”テーマ貫徹型”。あれこれやりたい女性歌手を、一つのコンサートの中で女、母、おばちゃん、人という4つの切り口で演出するような”ブロック型”。いろんな具をまばらに散らした”かやくご飯型”。年越しの瞬間に「ボレロ」の演奏が終わるタイミングを合わせたジルベスターコンサートは”イベント型”。

横浜は興行の地として独特で、東京と同じアプローチではダメ。
それなら東京に行くよということになってしまう。また、地方のように、演者が有名であることが何より大事というわけでもなく、ご当地感や市民とのコミニケーションも問われる。これに関しては逆に東京では広すぎてケアできないことである。

音まつりでの注目は視覚障害者と晴眼者による暗闇の中の演奏会「ミュージックイン・ザ・ダーク」。ショートフィルムの上演後に実際に使われた音楽を演奏する別所哲也プロデュースのイベント。

DSCF3770.jpg 
3人目はアナウンサーの朝岡氏。
単なるファンと言うだけでなく、自ら演奏もするし、コンサートソムリエという肩書でコンサートの仕事も多いみたいよ。

テーマは「クラシック音楽の楽しみ方」
やはり、横浜でのコンサートは”横浜でしか味わえないもの”というのが、一つのポイントになっている。

自ら主催している「山手プロムナードコンサート」はフォルテピアノ、バロックバイオリンやチェンバロなどの古楽器を演奏する企画で、山手聖公会やベーリックホールなどを使っている。

会場のキャパは小さいが、そもそも古楽器の音は大きくなく、時に不揃いなこともあり、ちょうどよい大きさ。同時に当時の貴族のサロンのような雰囲気を再現できる面白いコンサートになっている。

国際親善事業としては2011年から横浜に来た「MMCJ」
指揮者の大友直人さんらが音頭を取るプログラムで、世界各国からオーディションで選ばれた受講生が横浜で3週間合宿しながら、一流講師の指導を受ける内容。みなとみらいホール等が使われている。


座談会では主にクラッシクコンサート界隈の諸々について。

興行に関しては、東京以外は本当に苦労している。
内容もどうしても定番の名曲ばかりになってしまうのだが、そこにご当地出身者や地域性を絡めて、どう広げていくかが試される。

学校などを巡るコンサートのプログラムももう何十年も変わっていない。明治以降の国家のお手本でもあったこともあり、音楽においてもドイツ偏重の傾向が拭えない。

音まつりは逆に様々なジャンルの音楽が一同に介しているが、それぞれの演者や仕事の文化が全く異なるので、運営はすごく大変。ただ、集めてくれば成立するものではない。

クラシックは特にファンの高齢化が著しい。
席も老人生活に好都合な昼公演の方が売れている。
チケットが高い、演奏時間が長い等、ハードルもあるのだが、若者や働く世代から遠ざかっていくことに危機感を抱いている。少しでも裾野を広げるべく、魅力をわかりやすく案内する司会者の力は重要だと思っている。

クラシック志向が減っているのは音楽といえばクラシックであるという押しつけが終わりつつあることも示している。これからはファンの人数は減るかもしれないが、本当に好きな人が残っていくだろう。

また、聴いて楽しむだけでなく、参加していく人が増えるかもしれない。
音楽は尊い芸術であるから、かしこまって扱わなければいけないというのはここ100年の姿勢であって、本来はもっと自由で楽しく触れるものだった。また、そういう時代になるのかもしれない。

音まつりの裏側についてはあまり語られなかったんだけど、講演としては、色々興味深く聞けたよ。最近は関学の先生が絡まない回も増えたけど、テーマに対して人選がしっかりしているので、むしろクオリティは上がっているように感じます。そして、やっぱ学者仕切りでなく、本職が話をすすめると滑らかに進行するなと感心したわ。

なお、次回は「横浜と自動車」だそうです。
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。