恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク
スポンサーリンク

沼津を食べる、ぶらり旅

暖冬とはいえ、寒い日が続き、
もっぱら市内でくすぶる・・・というか、
近所の外食すら億劫になるくらいだったのですが、

久々に小旅行に出かけてきました!

2016-02-25_0189.jpg

向かった先は静岡の沼津です。

横浜駅から東海道線で2時間弱。
日帰りで十分行けちゃうような、このハンパな距離感!

家族からは「なんで沼津?」と呆れられての出発でありましたが、
こちとら河津桜を見に行くような風流は持ち合わせていないのですよ!

そう、行動原理はひたすらの食欲!

今思えば、福岡に奮発しておくべきだったけどね・・・



沼津といえば「たんけんぼくのまち」でありますよ!

しらないことが~♪おいっでおいでしーてるー♪

でーかけーよおー♪口笛吹いてさぁ~♪

2016-02-25_0195.jpg

豊かな海と山に挟まれ、温暖な気候の沼津は
古くから東海道の宿場町として栄え、
現在でも静岡東部の中核地としてビジネス拠点になっています。

また、漁業や干物等の水産加工業、茶やみかん等の農業。
工業では大手メーカーの生産工場なども多く、
産業バランスのとれた社会科勉強モデル都市ですよね。

子供心にもなんとなく「いいなぁ」と憧れる気持ちがありました。
そして、今回、満を持しての”たんけん”となりるのです。

ちなみに夜、ホテルでヒマを持てあましていると、
妹からも「おもしろ地図でも描いてろよ」というメールが届くわけですが、

なんと、この番組において、沼津が舞台になったことはありません!!!

お、おかしいな・・・

2016-02-25_0260.jpg

商業に関しては、
沼津駅を起点にいくつもの商店街が連なる規模にビックリ!

これらのお店が全て盛況であった姿は想像もつきませんが
最盛期の沼津はかんなり景気が良かったのではないでしょうか?

どっから金が湧いたんだ!

2016-02-25_0374.jpg

しかし、数多くのお店がすでにシャッター降ろしており、
駅に至近の一等地ですら、テナントが埋まる気配がないのが現状です。

まだ、それなりに生きているお店もポツポツあるのですが、
エリアが無駄に広い分、分散してしまっており、
共栄のメリットを出せない状態です。

2016-02-25_0236.jpg

まぁ都合よく外れの店から閉店していくわけではありませんが、
しかし、こんなになるまで無策であったのが悔やまれます。

目下、沼津駅前は超ヤバイということです。

2016-02-25_0331.jpg

夜は駅前ですら、5時を過ぎるとほぼ死んでしまいます。
つか、この銀座通りなんか昼間から死んでいるのですが。

よほどの田舎ならば納得もしますが、ここまで市街化されたエリアだと、
なんかもうちょっと遊び場があっても良いんじゃないかと思うのですよ。

沼津リーマンたちはアフター5をどう過ごしているのだろうか?

2016-02-25_0273.jpg

そもそも、若者どころか、人間が歩いていないから、
オッサンがぶらり散歩してるだけで、
前を歩くお姉さんに警戒されちゃう環境です。

根暗なデブだから?フゥフゥ言って歩いてるから!?

歓楽街だとも聞いていましたが、そっちの方の活気も感じられず、
逆に中で何をやっているのか妖しくもありますな。

健全な飲み屋の数からして多くはないし、
中からワイワイ楽しげな声が漏れ聞こえるような営業でもないです。

とにかく、寂しく退屈な夜です。

2016-02-25_0191.jpg

ただ、中心部の外をいろいろ走ってみると、
高層住宅こそ少ないものの、立派なお宅がびっしり建ち並び、
新築の現場も普通に動いておりました。

小さなコンビニなんかはバンバン廃業してるみたいだったけど、
人口がドンドン流出して、残るは老人だけというような干からび感や、
購買力がすごく弱まっているような印象はそれほど受けません。

2016-02-25_0373.jpg

実際、幹線道路には車が繁く往来しており、
飲食チェーンやショッピングセンターが軒を連ねて営業する風景です。

鉄道駅を基幹として中心街に人が集うような行動様式から
各々が自家用車で好きに動くような郊外型へ変化していったのでしょうね。

そんな中、駅前を再活性化するため、駐車場を確保したビルを建てて、
そこにハンパなチェーン店をぶち込む作戦はどうなんだろうか?

むしろ目指すなら真逆の内容だったのではないかと考えます。

大きいとはいっても売り場のスペースはハンパだし、
ハイブランドやローカルブランドで差別化されないなら、
更に大きいロードサイドのモールの方へ行っちゃうと思うんだよね。

2016-02-25_0212.jpg

観光については、旧沼津御用邸がやんごとなく整備されていますが、
我々観光客が目指すのは実質、沼津港一箇所のみと言っていいと思います。

干物の販売店や寿司や海鮮丼を食わす観光店が建ち並び、
近年では”深海魚”が一つのキーワードになって、
平日でもそこそこの観光客を呼んでいますね。



こちらには新たな資本も多く入って、
そこそこ上手くやっている印象です。

テーマソングが耳にこびりついて離れなくなる
「沼津みなと新鮮館」は中身も小気味良いですよ。

ただ、みんな車でやって来るので、
やはり集客は駅前の中心地とはリンクしませんね。

2016-02-25_0215.jpg

沼津と聞くと、住民は新鮮魚の尾びれでもって、
ビチビチと往復ビンタをされている生活を思い浮かべますが、
街場の魚屋さんや、飲食店含め、不思議と消費の痕跡が乏しいんだよなぁ。

そもそも港で鮮魚を小売するお店が1、2軒しか無かったし。

2016-02-25_0380.jpg

名産の干物に関しても、例えば駅前の中心部などに、
これといった地元向けのお店が見つかりません。

考えてみれば、日本一の生産量ということは、
大量仕入れと大量生産の体制が組まれているということで、
工場から直接流通へ流れて、そのまま近くのスーパーなどに運ばれている仕組みなのでしょう。

中小店が家内でほそぼそ干すような体制ではないのかもしれません。
それでも加工したての未冷凍品を持ってくることはできるはずなんだけど。

2016-02-25_0216.jpg

港のお店も、店先の網にそれっぽく日干していますが、
店のオバちゃん達が朝一で行うのは、冷凍品をその上に並べることで、
これがお客が来る頃にグダっと溶けてくる計算です。

そう考えると、わざわざここでお土産を買う意味はあるのかなと思います。
むしろ凍ったままとか、自分ちの近くのお店で買った方が状態良いもんな。

2016-02-25_0355_20160225153558373.jpg

海鮮食に関しても、魚市場はちゃんと動いているのですが、
よくよく見てみると駿河湾あんてかんけーねーような、
北海のネタがメインになっていたり、冷凍品も多用されているようで、
どれだけ漁港脇の利点を味わえているかは疑問です。

そして、高い。

有名な「丸天」はコテコテな観光店ですが、意外に面白く頑張ってるし、
総合的に考えると妥当な選択肢なんじゃないかと思います。

IMG_20160222_141416.jpg

さてさて、海鮮のイメージに隠れがちですが、
沼津にはなかなか面白い大衆食文化が見られるのですよ!

今回の旅の目的はそれらを味見すること!

まず、隣県とはいえ遠く離れた名古屋の名物、
あんかけスパゲティが、何故か市民権を得ています。

「ボルカノ」というお店が大元のようですが、
ケンタッキーすら無い駅前に3つも定番店が配置されており、
お前ら、どんだけ好きなんだという感じです。

2016-02-25_0311.jpg

そして、餃子が一風変わっています。

かつて戸塚の原宿に「大正亭」というお店があり、
そこで初めて食べて、意味不明だと思った”焼き茹で餃子”

後に沼津の「中央亭」にそのルーツがあったことを知って驚いたのです。

また、その謎餃子に対する沼津市民の狂乱ぶり!
この寂れきった商店街で連日行列&品切れを繰り返す奇跡です!

2016-02-25_0418.jpg

お菓子に関しては、一部にカステラを何かで巻きたがる傾向あり。

「冨久家」のイタリアンロールが全国的にも有名ですよね。
これも下手するとソッコー完売ということで、非常に焦りました。

ソウルフードという言葉がありますが、
一部の商品に対する支持については、なんでそこまでというか、
外の人間が容易に理解できないほどの熱量を感じます。

また、決して目立つような存在ではありませんが、
大福もケーキも作るような昔ながらの菓子店が市内に点在しています。
意外とお菓子好きなんだと思います。

2016-02-25_0377.jpg

今回はロクに廻れなかったのですが、
それっぽいカフェなんかもポツポツできているし、
たまに洒落たお店に出会うこともあり、面白い気配もないことはないのですね。

ただ、街全体を見回すと今開いてるお店も最末期で、
5年後10年後に続いてるかどうかは分からんところが多そうです。

その他、食に関しては、おみやげ含め、二十数店はご紹介できるかな?
今後、メインサイトでボチボチとまとめていきますのでお楽しみに!

2016-02-25_0186.jpg

井上靖先生!

なお、ネットでは下記サイトさんがとても参考になりました!

気まぐれ野良の食べ歩き
沼津ジャーナル

宇治で鵜飼いを観てきました!

今更ですが、関西旅行の土産話です。

今回はゆったりな旅程だったのですが、
拠点にした京の街を歩く機会は少なかったんだよね。

以前より夏の京都は地獄という話を聞いていましたが、
ネットリまとわりつくような蒸し暑さだけは体感してきました。

あと、久々に宇治に行ってきたのよ。

130820 087

工事中の平等院を見に!!!

130820 089

・・・ウソです。

夏の間、宇治川で鵜飼いをやってるつーんで、
ちょっと足を伸ばしてみたんだ。

水辺の、しかも夜のレジャーなら、
幾分涼しいんじゃないかという根性なしさっ!

130820 106

場所は平等院のすぐ脇の旅館街あたりです。
十三重石塔のある中之島からの乗船。

鵜飼いというと長良川のイメージが強かったのですが、
現在でも全国十数箇所で行われているんだそうな。

京都では他にも嵐山でも見ることが出来るんだってね。
どっちも台風でとんでもないことになってるらしいけど・・・

130820 102

”うのみにする”という言葉もありますが、
獲物を傷つけず、丸呑みする鵜の生態を利用した漁法。

首を縄で縛って、飲めないようにすると、
袋状に伸びる首のあたりに獲物が貯まる仕組み。

これがきつすぎると、鵜のやる気も出ないらしく、
小物は飲めて、大物がたまるような具合に、
結びや引きを調節するのが技術なんだって。

130820 110

黄昏時の出航。

月も綺麗で、場所柄、雅な雰囲気があるのですが、
ほんのちょっとしか移動せず、舟遊びの楽しみはありません。

130820 116

鵜匠は意外にも二人の若い女性。

伝統漁師というよりも、
飼育員や調教師とかのイメージが近いんでしょうか。

実際、ここでは漁というほどの魚は捕れず、
どちらかというと実演ショー的な性格が色濃いようですね。

130820 122

我々のようなフリの観光客はチョロチョロだったのですが、
その後、団体の到着で、結局12艘ちかい大船団に。

それらが2列縦隊に列んだ周辺を、
鵜飼いしながら回っていく流れです。

舟の両舷を通るので、どちら側に座っても間近で見られますが、
回数的には内側の方を多く通るようです。

なお、舟のどっちが内側になるかはランダムなのでわかりません。

130820 125

篝火の熱を感じる距離で見られるのですが、
鵜飼い自体は思ったよりも・・・地味です。

つーか、真下で泳ぐ鵜さんたちは熱くないのかな?!



暗いし、よく分からんけど、
ショボ動画でなんとなくの雰囲気を感じていただければと。

130820 129

ぶっちゃけましょう!

沿岸や中洲の公園からも丸見えです。

これならわざわざ舟に乗らなくても・・・いいんじゃ・・・

さらに今回は団体遅延のせいかもしれませんが、
1時間ほどの所要時間のうち、何もしない待ちの部分が長いです。

舟の遊覧も少ないし、価格に見合っているかは微妙なのですが、
まぁ、鵜飼いを初めて拝見して、十分に話のタネにはなりました。

「次はオレが出しちゃう番だぞぉ!」などとオヤジギャグをかましつつ、
ビール片手に酔っ払いながら見るのが楽しいかもしれませんね。

130820 049

そうそう、お隣、黄檗にある萬福寺は初めてだったのですが、
門前の普茶料理もおいしかったし、なかなか良いお寺でしたよ。

いや、ご本尊に親近感湧いたからではありませんからっ!

京都、ひとり・・・

皆様、風吹きまくり、花粉飛びまくりな今日このごろ、
いかがお過ごしでしょうか?

京都への短い旅から帰って来ましたので、ご報告です。

130227 209

今回は出発前に余裕がなくてさ、
満足なリサーチが出来なかったんだよ。

いつものように掲示板でも聞いてみたのだけど、
答えてくれたのは、めめさん、ただ一人きりでさ・・・

めめさん、ありがと!めめさん、大好き!

涙でぼやける車窓から新富士の製紙工場を眺めつつ、
うちのサイトももう終わりだなと、たそがれていたところです。

自分の身体がもはや普通車の座席幅からはみ出しつつあるショックと共に・・・

130227 210

さておき、この時期の京都旅行が安いのは、

めぼしい見どころが何にもないからだよな!

観光スポットはどこも空いてて、
表をほっつき歩いているのも関西圏の修学旅行生くらいっす。
奴ら、オフシーズンに体よく詰め込まれてるんだろうな。

つーか、今振り返って、ゾッとしたのが、
メモリーに観光の写真がほとんどないこと。

飲食店と食べ物と・・・旅人の文化レベルが知れるわな。

130227 060

唯一のビッグイベントであった北野天満宮の梅花祭。

・・・咲いてないし!

祭るべき梅は、やっとほころびはじめたくらいだし!

気候は暖かな春の予感どころか、
ソッコーで雪までチラつきやがってさ。
いろんな神様を恨みたくなるような極寒でしたよ!

薄着の私には灰雪が舞う風情を楽しむ余裕は無いから!

もう散策なんか適当に止めちゃって、
どこぞ暖かいとこでウダウダしていたいゲージがMAXハートです。

130227 161

「たまこまーけっと」の聖地巡礼もレポるつもりでしたが、
なんかすでに立派なもんができていたので、謹んで割愛します。

ただ、枡形商店街さんよ!
この時期、BGMにヘビロテすんのは
当然「ドラマチックマーケットライド」だろ!

そこは角松敏生じゃね-んだよ!
俺ら、WAになって踊らないよ!ってとこだけ注意してくれな!

今、すがるべくは加茂川マコトより、京アニ様の演出力やで!

130227 124

そんな訳で、

って、どんな訳だか全くわかりませんが、
食の成果もあんまりないのですよ。

もうね、すっかりポンコツジジィになってしまったようでね。
以前のように食べ続け、歩き続けることが出来ねぇんだ!

二日目昼の時点で、ふくらはぎが若狭サバのようになってしまって、
もとい、聖護院大根のようにパツンパツンになってしまって、
ソッコーでホテル帰って、風呂入って、寝たわ・・・

例によって、本記事はいつまとまるかわからないので、
まずはダイジェスト版をチラリとお楽しみください。

130227 147

憧れの「高安」へ!

「恵文社」も相変わらずの文化濃度で楽しかったな~

130227 201

「梅香堂」で豪快に糖分摂取!

130227 016

「マドラグ」の玉子サンドは「コロナ」の爺さん直伝だそうですよ!

130301 046

「亀末廣」の季節菓子を、
すっかり行き遅れた妹へお土産に。

まぁ、このデリケートな問題に関しては、
年長の私の方が傷深いんですけどね!



最後に今回持参したバイブルをぜひご紹介しておきたい。

佐藤紅さんの「京都おみやげ大全」

掲載は食べ物中心ですが、すごくよくまとまってますので、
るるぶまっぷるを卒業したい向きは要チェックやで!

また、残りの諸々はサイトでぼちぼちUPしていきますのでお楽しみに~
このカテゴリーに該当する記事はありません。