恰幅の良い彼のblog

「いちょう団地祭り」に行ってきたよ

皆さんは「いちょう団地」を御存知でしょうか?

横浜市泉区と大和市にまたがる神奈川県下最大の公営団地で、アジアな住民がワンサと住んでいるらしいのです。

また、団地の多文化を反映した秋祭りが、なんともエグいという噂をかねがね聞いており、一度覗いてみたいと思っていたのよ。

2016-10-01 002

最寄り駅は小田急の高座渋谷が一番近いのかな?
初めて降り立ちましたが、駅周辺は比較的新しい開発の気配を感じますね。

でも、まぁ何も無ぇな。

高座渋谷と聞くと「中村屋」のイメージだったんだけど、「中村屋」も海老名に行っちゃったんだもんな。

2016-10-01 006

駅から1kmちょい。
田園風景をテクテクと歩いていきますよ。

田舎とバカにしていますが、ビルの合間や住宅地を歩くより、こうして畑を横目に季節を感じながらの通勤の方がずっと豊かですよね。

まぁ引っ越す気はサラサラないけどな!

2016-10-01 009

ただ、暮らそうと思えば、快適に暮らせそうです。
なぜなら、OKストアがあるから!!

二階に大きく”中国物産”の文字も見え、アジアンコミニティの気配を感じます。
2016-10-01 014

「県営いちょう団地」に到着です。

つーか、ものすごくデカい団地なんだな!
境川の両岸に高層&低層の団地がずらり列んでいますよ。

今、地図で見たら84号棟なんて文字が見えますし、ざっと3600戸くらいの部屋があるみたいです。そのうち、2~3割の住民が外国人なんだってさ。

2016-10-01 052

OKJのせいで?すっかり寂れた団地商店街には、デイサービスや怪しげな床屋の他、アジア食品店なんかも入っています。

中華菓子製造販売って文字につられて覗いてみたんだけど、今は輸入食品をおいてるだけみたい?扉にはいかにも外人向けな軽作業の求人がベタベタ貼ってあったり、それっぽさが漂います。

2016-10-01 018

お祭りは団地脇の狭い通路で行われていました。

意外と普通の風景であります。

私のような遠方の好き者に名が届く一方で、高座渋谷の近隣住民がやってきてワイワイ賑わうような類のお祭りではなさそうです。そもそも、この巨大な団地の規模を考えると、居住民ですら、必ずしも這い出てくるわけではないみたいですね。

もともと団地自治会のお祭りではありますが、基本は内向きのもので、インターナショナルフードフェスとしての集客アピールは薄いです。

2016-10-01 016

ただ、月次なお祭りというには、なかなか異様な雰囲気をまとっておりますよ。

日本人といえば、テントの下で呆けている老人ばかり。
すれ違う多く、道端に佇む多くが、素性のしれぬアジア人なんだもんな!

広場には、火薬鉄砲をバッツンバッツンぶっ放す、ちびっ子ギャングが溢れて、広島抗争みたいになっているし!会場には音割れまくりの北島サブときよしが爆音ループ。

この後ほどなくじて、爺婆の超絶下手なカラオケ大会も幕が切られ、何もかもが団地に跳ね返って響くこと響くこと!

これが夜9時まで、しかも2日間に渡って繰り広げられるっつーんだから、部屋で寝てる人々にはグアンタナモの拷問のような苦痛を与えていると思います。
      2016-10-01 021

お目当ての食屋台は焼き鳥や焼きそば等、自治会系の定番が6割で、思ってたよりもずっと多く、ベトナム系が3割、カンボジア、ブラジル、中国がちょいちょいといった比率。

朝鮮、中華系が強く出てこないのがやはり珍しいですよね。

通路が狭く、広場よりも低いので、食べる場所を探すのに苦労します。
ただ、考えてみれば、自分の部屋に持って帰る人が多いんだろうな。

フードのメニューもパック品が多く、その場で食べる系は少ないかも。

2016-10-01 049

エスニック屋台はお祭りの中で最も存在感を放っていますが、お店や教会などの有志で出されているらしく、チラシの配置図を見るとフリーマーケットとして一括りでやっつけられています。

決して仲が悪いわけではないと思いますが、お祭りのメインはあくまで自治会で、その中に外国人住民は必ずしも溶け込んでいないのだなとも感じます。

2016-10-01 039

アジア屋台は全部で10軒程度でしょうかね。

横浜港湾部のフェスに比べると、規模は少ないですが、フードの質や内容、供給体制もなかなか本気で面白いです。遠くまではるばるやってきましたが、その甲斐はあったかなと思いますよ。

値段はワンコインを中心に、特別安いものではありません。

2016-10-01 026 
焼豚のせご飯。

2016-10-01 034 
バインミーはベトナム系の全店で扱っていて、ホントは全部買って食べ比べたかったくらいだよ!!

2016-10-01 036

一番旨かったのは、モツともやしが入ったおかゆ。    

2016-10-01 051

当日の土曜日は11時間のロングランで夜まで酒宴が続くようですが、翌日の日曜日は、なぜか昼間の3時間のみなので、どっちかに行けばいいやと思ってる人は注意してね。

その代わりというわけでもないのでしょうが、各国の伝統芸能の披露があるみたいです。 

2016-10-01 055 
もともと、インドシナ難民のために建てられた「大和定住促進センター」がルーツとなり、このように外国人住民が増えることになったようです。

昭和40年台の巨大団地も、かなり高齢化が進み、その隙間に働き盛りの外国人が入ってくる構図で、今やいちょう小学校は生徒の75%が外国籍とのこと。

日本社会の縮図と言えなくもありませんね。

2016-10-01 056 
高座渋谷駅は駅前にJAの野菜直売場や有名な肉屋があったり、大手ショッピングセンター等も多いので、存外暮らしやすそうですよ。

一応、最後のフォローしとくわ。

戸塚「八坂神社」のお札まきを見てきたよ!

夏ですね!

祭りの季節ですね!

浴衣を着るとか、着ないとか、誰と行くとか、行かないとか、
人混みの中で迷子になったり、ならないようギュッと手を握ったり、
射的や金魚掬いでの大活躍、わたあめやらリンゴ飴をかわいく囓る止め絵!

そういうシーンが、全く、何も、一切ありゃしないオヤジの夏がやってきました。

無駄に汗だくで、痒いだけの夏!

もうラノベの中で暮らしたいよ!

2016-07-14_2005.jpg 
さて、今日ははるばる戸塚宿までやってまいりました。

なにやら、女装したオッサン達が幸運の札をバラマキ歩くパンクな祭りがあると聞いて、ずっと見てみたいと思ってたんだよ。

八坂神社で毎年7/14に行われる”お札まき”です。

2016-07-14_2006.jpg 
こちらのお札まきは元禄年間に始まったらしく、実に300年以上の歴史がある祭事なんだそうですよ!

詳しくははまれぽの記事でも読んでみてください。

2016-07-14_2007.jpg 
けっこう小じんまりとした神社なんですよね。
外までずらりと続くのは、お参り待ちの行列です。

2016-07-14_2013.jpg 
ちょうど中でお祓いが始まっているところでした。

なお、お札まきのスタートは17:20くらいで変わらんようです。

2016-07-14_2015.jpg 
女装のオッサン達もスタンバイ。

こ、こりゃ、キツイぜ・・・

なり手を集めるのがさぞ大変だろうと思いきや、逆に希望者が多いんだってさ!

まぁ、おかめメイクがバキバキにキマっているので、
誰が誰だか分かんねーし、恥をかき捨てることが出来るのかもな!

2016-07-14_2027.jpg 
そして境内で円になってのお囃子が始まります。

いきなり「てんのう様は~♪」って始まるから、
勤皇派か!と思ったら、祭神である牛頭天王のことなのか。



このお囃子がなんとも庶民的というか、下世話というか、
非常に田舎っぽいテイストで、戸塚にぴったりだと思いました。

お札については、もらうと子宝に恵まれたり、病気が寄り付かなかったり、作物めっちゃ取れたり、毛が生えたりするらしいのですが、今の時代に言い始めたら、完全にカルトとして捕まるパティーンです。

祭事に関しても、おそらく祭で酒入れすぎちゃった筋の余興から始まったんじゃねーかと思うのよ。大学サークルの伝統芸だって300年続けば、崇められるんじゃね?

ただ、雲の上の話になってしまうやんごとなき神事と違い、みんなで作って楽しく参加する雰囲気はすごく良いですね。

2016-07-14_2029.jpg 
ここいらで撒こか」「まだまだ早い」などと幾度かのフェイントを織り交ぜつつ、いざ、お札まきが始まるとこ!

本番では、首魁の高島かつらを、女装ズがぐるり囲んで守りつつ、周囲にお客さんを呼び寄せます。、もう、みんなニッコニコ。
 2016-07-14_2033.jpg 
この小さな御札を、下から団扇でパタパタ仰いで、撒き散らす仕組み。

札の端が程よく折ってあり、落ちる際にピロピロと風にのって回転、イレギュラーな動きになるため、ゲットするのはなかなか大変です。
まさに運試しの要素があります。

チビッコやお母さんの笑顔を見ると、汚れきった自分なぞがこの幸せに手を伸ばすのは憚られます。

2016-07-14_2031.jpg

蒔くのは1度に20枚程度。
境内では3回くらいやりましたかね。
繰り返すたびに、お客さん達も熱くなっていくので、そのへんで締めるのがちょうど頃合です。

しかし、のどかな戸塚のこの規模だからこそ、事故無くやれるのかもね。
もし、うちに地元でやったら、ゲスいジジババが直接もぎ取らんばかりの勢いで押し寄せる惨状が思い浮かびますよ。奴ら生への執着ハンパねーからな。

血を見るかもしれん・・・

2016-07-14_2039.jpg 
その後、行列は街に繰り出し

2016-07-14_2041.jpg 
幾つかのポイントで、やはりお札まきを行うような流れです。

最後は19:00くらいに境内に戻って、今度は舞台からわーっと撒いたりするみたい。そこをめがけて見物に繰り出しても良いのかも。

2016-07-14_2018.jpg 
ちなみにお札まきで全くゲットできなくても、
神社に参拝するとバァちゃんが一枚くれます。

何色かあるみたいなので、猛者はコンプを目指してください。

2016-07-14_2001.jpg

八坂神社の周囲は静かなもんですが、旧商店街の通りにズラリ屋台が出て、それこそ祭事以上に大盛況となっておりました。

なにやら昨年は調整不調で屋台が出なかったらしいのですが、戸塚っ子のこのはしゃぎぶりを見てしまうと、屋台無しなど、絶対あってはならないと思います。

2016-07-14_2047.jpg  
もっとも、道が狭いというのは確かで、校庭を開放したり、日立様にご協力いただいたり、何らかの対策は必要かも。

ちなみに表通りはテキ屋が押さえ、裏通りは地元店がチラホラという感じなので、テキ屋無しで、地元主体で回すというのもありかもね。

「よこすかYYのりものフェスタ2016」に行ってきた

横須賀の乗り物祭りに行ってきました!

私は今回が初めての参加であります。


2016-06-13_1809.jpg

様々な車両、鉄道、船舶が集まる横須賀恒例のイベントで、対象はチビッコか、心がチビッコのまま大人になれなかったマニアの面々。親子の微笑ましい姿から、ちょっと脇に目を移すと、たちまちその笑顔も固まるようなキモみも漂うカオスな光景です。


会場は幾つかに別れておりますが、まずはメインの三笠公園から。


2016-06-13_1810.jpg

背後に連合艦隊旗艦であらせられる戦艦三笠殿が鎮座しております関係で、ヤマトの配送車や京急バス等、はたらくくるまの存在感は見事にかき消されてしまいますな。


その他、パトカー、白バイ、消防車、救急車、ゴミ収集車など、内容はまぁ各自治体でやってる同種のお祭りとあんま変わらんかも。


2016-06-13_1813.jpg

陸上自衛隊の救急車。


2016-06-13_1812.jpg

同じく軽装甲機動車。

脇にいた若人が「払い下げられたら絶対買うのに!」って言ってましたが、視界悪いし、暑いし、ガッタガタだろうし、燃費も悪くて、スピード出ないから、絶対に泣くと思うよ!


2016-06-13_1815.jpg

建設業協会の面々はちびっこを膝に乗せつつ、ミニショベルでもって、プレゼントのスーパーボールを掬うパフォーマンス。


子供を抱き下ろす日焼けした太い腕!

この頼もしさ!オヤジ感!かっこ良すぎて、抱かれたくなるわ!


ちなみに”ユンボ”ってのは仏メーカーの商品由来だったんだね。


2016-06-13_1811.jpg

水道局は災害対応のオフロードバイクを展示。
警察とか消防なら分かるけど、自治体の水道局にこんな部隊があったのかとビックリしたんだけど、1987年立ち上げの横須賀「ブルートライアル隊」は全国の先駆けとなった存在らしいよ。


2016-06-13_1819.jpg

道路状況が悪くても無問題実演。


いや、趣味と実益兼ねてる気がする!

実態は水道局バイク部なんだと思う!ね、来夢先輩!


2016-06-13_1816.jpg

カレーやバーガー等、ご当地食屋台もならびます。
お店はお馴染みなラインナップで、食祭りでなくとも、横須賀のエッセンスは十分に味わえる感じですね。


2016-06-13_1818.jpg

遠くにJAMSTECの支援母船「よこすか」の姿も。


2016-06-13_1736.jpg

次の会場は潜水艦の見えるダイエー改め、潜水艦の見えるイオンのお隣にあるヴェルニー公園です。


最寄り駅は汐入となり、三笠公園からはちょい歩くんだよね。

一応、ドブ板を経由させる案内だけど、あそこを歩いて楽しいかというと疑問なんだよなぁ。ろくな物販はないし、飲食は「TSUNAMI」か「シェル」かみたいな二択だし、バーも観光対応する気ないし。


横須賀はいつも楽しいイベントを頑張っていますが、会場外の商業との連携や観光スポットの創出という部分はまだまだ課題ですね。


2016-06-13_1738.jpg

こちらの会場には主に鉄道系が集まっています。

JRや各地のご当地鉄道がブースを出展して、それぞれお土産やグッズなどを販売しておりました。でも、私には鉄分が微塵も含まれてないので、軽く流すだけでした。


2016-06-13_1805.jpg

目下、ご当地で売出し中のアニメ「ハイスクールフリート」のグッズや切手の販売も賑わっていましたよ。初回で出港して以降、横須賀には帰ってこねーけどね!


ちなみに帰りに寄ったポートマーケットの中にもハイフリストアができていました。作中のお菓子を再現している駅前の「さかくら」も、行列ができるのを初めて見たわ。


2016-06-13_1739.jpg

そして、遠くに見えるのは・・・次回に続く!


くそぉ、JRの横須賀保守基地にも展示があったのか!!見逃した!


「箱根駅伝2016」を追っかけました 

1月2日はデパート初売りの本番でありますが、
「東京箱根間往復大学駅伝競走」の開催を、
楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

スクールカーストの上位を占め、
女子とイチャコラしていた体育会系を心の底から呪詛していた私です。

肥満体の常として、スポーツ全般が大嫌いなので、
まったくもって興味が沸かないイベントでありますが、
我が家のスポーツ気狂いの付き添いでやって来ましたよ。

DSCN0951.jpg

スタートは東京大手町の読売新聞本社ビル横です。

8:00の号砲に間に合えば良い訳ですが、
大学新聞が自分とこの選手を紹介した応援号を配っていたり、
近隣の各所で参加大学による応援パフォーマンスが行われているため、
これらを観ようととすると、もっと早くに着いておかねばなりません。

チアっ娘がスゲー寒そうですよ!
つか、いいよね、女子大生のちょっとブな天然素材感が。
それだけでも早起きの元が取れたような気がします!
(横浜市在住:エロ中年談)

なお、我々は7:00前に到着したのですが、
沿道にはすでに多くの爺さん婆さんがスタンバっております。

混雑はスタート時点に近いほど増しており、
ゲートの周辺はすでに幾重もの観客が取り巻いて、
後ろから背伸びしても全く見えない状態でした。

このポイントなら、もう1時間は早く着かないとダメかもね。

DSCN0954.jpg

もっとも、進行方向の皇居側にどんどん進めば、
人垣も薄くなっていくので、観戦自体は余裕なのです。

そもそもスタート直後なので、
選手は団子になって、超高速で走り抜けていくわけですよ。

大手町での応援なんて、気張って来ても、
ほんの一瞬で終わっちゃうんだよ!!!

さすがにもの好きが多すぎるだろと呆れるのですが、
この後に日本橋、東京駅、銀座でデパート初売りが行われるので、
そのまま列んじゃえばいいじゃんというスケジュールなんだろうね。

さらに物欲が無い向きには皇居の一般参賀もあったりして、
スタートを見てからのアフターもなかなか充実しているんですね。

早起きが苦にならない世代はついでに観に来ちゃうよな!

DSCN0957.jpg

今回の配置は読売本社ビルの正面です。

一応、コースへの視界は確保していたのですが、
前のババアが、突然旗を付き出してくれたおかげで、
こんな写真しか取れませんでした。ババア!!!

つーか、私のコンデジのシャッタスピードでは、
走者が早すぎて、とても追いきれなんだよ!

帰って、ソッコーで新しいカメラをポチりましたよ。

そう、腕ではなく、全て機械のせい・・・

DSCN0949.jpg

走者があっという間に走り去ると同時に、
どこぞへダッシュしていく観客の姿が多く見られます。

なんだろうと思ってたら、”駅伝追っかけ観戦”という
ロクでもないアクティビティが存在するらしいのです。

この後は「大丸東京」かなとも思ったのですが、
今年は毒を食らわば皿までということで、付き合うことにしましたよ。
初売りを諦めるなんて、私も大人になったよな!

そんなわけで、大手町から東西線で日本橋、
うんでもって京急直通の浅草線に乗り換える作戦を立てたのです。

しかし、乗り換えが死ぬ程遠いという
東京地下鉄の同駅名詐欺に引っかかり、
ヒーヒー言いながら走ったのですが、良い乗り継ぎが得られませんでしたね。

大手町の次をどこにするかによりますが、
ホントは東京駅まで走って、高速のJRを利用するのが最良です。

でも、駅伝走者と違い、私は少しも走りたくなかったんだ!

ここは東京駅へのアクセスを重視して、
スタート観戦は読売方面に近づき過ぎない方が懸命です。

DSCN0963.jpg

スマホで実況ラジオを聞いたり、
地図や各地の通過予想タイムを見ながら次を探ります。

1区内に関してはもう無理でしたが
2区はまぁ、なんとか観戦できそうなペース。

せっかく京急に乗ったので、
鶴見以降の沿線でやっつけたかったのですが、
家族の希望で保土ヶ谷まで足を伸ばすことにしました。

ここも駅のすぐ横を通りますし、
人数も大手町に比べればおとなしいので、
比較的いい感じの観戦スポットかと思われます。

トップは青学の一色選手。

DSCN0967.jpg

2位はシャイロ選手。
またかという、山梨学院の駅伝広報効果は
実際ハンパ無いみたいですよ。

さて、観戦といっても、ゆっくりはしていられません。
やはり、上位と並走するくらいの勢いで電車に飛び乗ります。

思ってた以上に余裕が無いのですよ。
奴ら、電車移動よりも早いんじゃなかろうか!?

DSCN0973.jpg

時間の関係で追っかけできるポイントは限られています。

1区は京急蒲田、2区は仲木戸、3区は藤沢、
4区は大磯、5区は湯本を想定していたのですが、
駅前の人混みを避けたりする時間を入れると全く足りません。

5区全てを押さえるつもりならば、
駅の実近で、人混みの後ろから、ちらりと先頭を見るくらいで、
すぐ次へ乗り継いでいくような行程になり、あまり楽しくはなさそうです。

ちなみにこれは登山鉄道に乗り換える小田原駅なのですが、
乗車規制がなされており、長い行列が構内をグルリと続きます。

時刻表だけでスケジュール計算してもダメだっつーことなのです。

それでも走者の進行に合わせて、
並走する京急やJRは電車はものすごく混雑しています。

ジャージ姿の大学生など、明らかに駅伝関連の乗客が多く、
追っかけ勢って想像以上に存在するみたいですね。

DSCN0977.jpg

5区のトップは青学の神野選手です。

早いよ!!!

安全策をとって、3、4区をすっ飛ばし、
保土ヶ谷から箱根の大平台まで来ちゃいました。

小田原や箱根湯本の乗り継ぎで相当時間を喰ったので、
それでも30分すら先行できていません。

恐るべし箱根駅伝のスピード!

DSCN0995.jpg

大平台の名所、ヘアピンカーブの手前です。

カーブのあたりは各大学のOB応援団が占拠していて、
早くから頑張ってスタンバっているのでしょうか、
あとから来た観客にギャーギャーうるさいんだよ。

でも、箱根のあたりは駅前をちょっと外すくらいで、
観客の姿は全くいなくなるので、すぐ目前で走者を応援出来ます。

DSCN1001.jpg

こんな開けた撮影環境でもやっぱりまともに写せません。

勾配がきつくなる湯本以降の登りが、
それっぽいかなと思って足を伸ばしてみたですが、

奴ら、ヒーヒーあえぐ感じでもなく超快調じゃん。
私が平地で全力疾走するよりも速いペースで駆け抜けていきますわ。

チンタラ進む登山鉄道の車内は、
通勤ラッシュ並みのすし詰めで辛かったぁ。

DSCN1009.jpg

最後尾の集団です。

そのすぐ後を車列が続き、
「これで終わりです、応援ありがとう」的なアナウンスを続けるわけで、
このビリに対する精神攻撃たるや!

DSCN1011.jpg

規制解除の後に続く、一般車。

西部警察気取りか!

まぁ、恒例の行進行事なんだろうね。

この他、交通規制に先行して、
箱根方面を目指すロードバイク達もけっこういたり。
またそのドヤ顔ですよね!

駅伝周辺には、走ったり、沿道応援するだけでなく、
いろんな楽しみ方が存在するようです。

追っかけと言いつつ、
結局、3箇所でしか観ていないのですが、
それでもけっこう疲れましたわ。

つか、レポるなら、それぞれの地点の様子を
もっと撮っておくべきだったね。とにかく余裕なかったよ。

もうやらないぞ!!!

「第7回横浜・神奈川グルメフェスティバル 」開催中

横浜そごうでやってる神奈川展を覗いてきました。

デパートの華形イベントである物産展。

まだ見ぬ異郷に思いを馳せたり、
旅先で見つけたあの味との再会を果たせる楽しい催しですよね。

しかし、神奈川県横浜市で神奈川・横浜物産展て!

なんか気分的には、遠い県ほど貴重に思えますし、
地元ならば、そのお店に直接行っちまえよ!ってツッコミもあるでしょう。

でも、チラホラ噂を聞いて気になっているものの、
微妙な距離感に萎えて、足が向かないお店とかあるじゃん!

考えてみれば、県内僻地の良店に触れる機会って、
他県の超有名店よりもよほど少なかったりするのかもしれんしな。

拳王とか剣聖とか、もとい県央とか、県西とか、
いったい何の用があるんだって話ですよ!

150402 009

湯河原で大評判の「飯田商店」のつけ麺は、
比内地鶏のとてもおいしいつゆでいただものですが、

麺が昆布からとったトロミに浸かっていて、
まずはそのまま塩で食わせるというね!

ダシの絡み、ニュルンとした食感。
いや、すげーな!ラーメン界の進歩は空恐ろしいよ!

150402 004

小田原の上大井にある「四川」も長らく憧れつつ、
延々と宿題欄に残り続けると思われた秘境のお店。

御殿場線て!もう静岡のもんじゃないか!!

名物のタンタン麺は近代技巧派とはまた違い、
庶民の腹部をダイレクトに突いてくる作り。

親しみある麻婆豆腐から豆腐を抜いて、
ニンニクを効かせたようなトロミに麺を絡めていただくもの。

一見、なんてことないようで、他にはない。
つか、なんで一般化しないのか不思議なくらいのメニューです。

やっぱ僻地発だからか!

150402 030

元住吉「イクミママのどうぶつドーナツ」

かーわーいーいーー(久本雅美の声で)

このルックスだけで十分な価値がありますよね。

差し入れたら、女子ウケ、ハンパねーぞって思うんだけど!
身近に差し入れる女子がいなければどうしようもねーよ!

何より持ち帰りが心配だったのですが、
思ったよりもかっちりと出来ていて、崩れることはありませんでした。

150402 021

金沢文庫の「シャーロン」

初めてお目にかかりましたが、
ミニサイズのポテトパイがすごく良い感じです。

詰めあわせると東京會舘的上品さ?!
これも手土産にすると鉄板で喜ばれそうだな。

150402 020

綾瀬の「高座豚手作りハム」

骨付きハムをカットしたものしかまだ食べてませんが、
スゲー旨いです。スゲーオススメです。

150402 011

まだまだ都市部でお目にかかれない湘南ゴールド。

お目にかかってもポコポコでけっこう高かったりして二の足を踏んでしまうのですが、
お手頃値でゲットすることが出来るようです。

爽やかで上品な甘み。おいしいです。


毎回行ってる人には、ややマンネリ感のあるラインアップで、
チラシを見た時も、いくぶんショボく感じたのですが、
実際に足を運んでみると思わね宝を見つけたりで、
様子見のはずがすっかり楽しんで帰ってきました。

イートインの内容は日によって変わるみたいですが
7日(火)までやってるみたいなので、覗いてみるといいよ。

そうそう、「ラ・ベルデュール」とか地下二階にも一部出店があるので要注意な。


このカテゴリーに該当する記事はありません。