恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「横浜学 ~横浜と学校~」の感想

関東学院大学と横浜ウォーカーのコラボ講座「横浜学」

第19回目のテーマは”学校”です。

あれ?

第18回「横浜と芸術」のレポがないけど、どうしたのかな??
まさか日付を間違えて、まんまと寝坊しちゃったのかな???

そんな時は、こちらへどうぞ
横浜学に興味があったけど、聴きにいけなかった方にも朗報です。
なんと関学様が全講演のアーカイブを配信してくれてたのですね!

晴れて皆勤も途切れたことだし、これでかったるい日はサボれるぜ!

2016-06-21_1873.jpg 
一人目の講師は立教大学の教授。
横浜市史の教育分野を編纂をした縁で呼ばれたみたい。

お話は戦前の横浜の教育史について。

地域の教育史は土地の歴史、学校の歴史、人物の歴史が相まって形作られる。

戦前日本の教育体系は進路によって進む学校が別れる複線型で、即就職、高等小学校から就職、旧制中学から高校や大学へ進むエリートと、尋常小学校を卒業した12歳の時点で、その後の人生が決まった。

各種学校の配置も、一律でなく地域特性に合わせて行われた。

貿易港であった横浜では、1882年に横浜貿易商組合横浜商法学校として設立されたY高の存在が、なんといっても大きい。

一方で、旧制中学の設置は遅れ、神奈川県尋常中学校→第一横浜中(希望が丘)が1897年、第二横浜中(翠嵐)が1914年、横浜三中(緑丘)が1923年と続く。これは県議会が予算がつけなかったためらしく、結局、帝大も旧制高校は置かれなかった。横浜では商業や工業のような実業教育を行い、高等教育は東京に行けよという施策だった。

高等女学校の設置は男子よりさらに遅れ1901年に県立第一高等女学校(平沼)。
横浜ではすでにミッションスクールが台頭しており、男子向けであった戦前教育の中で、英語を中心とした女子教育を先行していた影響も大きい。

また1926年にはY高の女子版として程谷町立実科高等女学校が設立。ここでは進学、家事、商業の3つの進路を見据えて、5年間学んだ。

教育者としては、誠の精神、心身の育成をモットーとしたY校初代校長の美澤進。試験、採点、賞罰の三無主義を掲げた横浜高等工業学校初代校長の鈴木達治。「信頼される人となれ」とジェントルマンを育てた横浜高等商業学校初代校長の田尻常雄などが挙げられる。

その後、横浜では教育熱が高まり、県立工業高校の入試倍率が5倍、Y高が2倍等と試験地獄を巻き起こすことに。沈静化のため、補習などの準備教育も禁止された。

講師はデキる感じの方で、お話もアカデミックに整理されていて面白かった。ただ、あの短時間では情報量が多く、ちょい盛り込みすぎたかな。

2016-06-21_1875.jpg 
2人目は関学女子短大の元学長、捜真の元理事長で、お話はミッションスクールの歴史。

横浜にはミッションスクールく、フェリス、英和、共立、雙葉等、プロテスタント系が8つ、カトリックが4つあった。他の都市では他所へ変遷する学校もあるが、横浜では今も創立の地に残る学校が多い。

フェリスはヘボン婦人が自邸で教えたヘボン塾が源流。
ヘボンと行動をともにした宣教師ブラウンの導きにより、その後、来日したアメリカ人宣教師メアリー・キダーが、塾から女子3人、男子5人を引き継いで設立した。

またブラウンの妻シャーロッテは、後に捜真となる英和女学校を開設。

各学校は異なる教派によって、布教の意味も含んで設立されている。
ただ、西洋一辺倒ではなく、教養ある日本女性を育てる観点で教育された。

重視されたのは、英語、数学、音楽、洋裁。
ただ主人に従うだけでなく、神のもとに自立して、他者に支える精神。

その他、各スクール創立者の紹介や住所、当時の写真などをサラリとなぞった程度で、あんまり踏み込んだお話は無かったかな。


3人目は横浜市教育委員会の方。お話は市立高校の取り組みについて。

現在、横浜には市立の小学校341校、中学が146校、高校が9校、一貫教育校1校、特別支援校が12校あり、生徒271600人、教員16000人が在籍している。

市立学校の強みは、近隣に多く存在する大学などとの連携や市内のネットワークを活用できる点で、港町らしく国際的な人材交流も盛ん。

市立高校では、目下次世代を担うグローバル人材を育成すべく、ヨコハマグローバルラーニングという共通プログラムを行っている。

ディベートやプレゼン大会などを通して、自国文化の理解、異文化への理解、グローバルな視野、自ら課題を探求する力、論理的な思考と表現力、語学力を学ぶもの。

また各学年20人ずつを選抜して、土曜や夏期に海外進学を見据えた支援を行うATOPという仕組みもある。

その後、パンフを読みながら各市立高校の紹介を受けたのだけど、これが思ってた以上に興味深い内容だったのよ。各校、ちゃんとキャラが立っていて、コースや教育内容についてもバラエティ豊か。お子さんのいる方はよく調べてみるといいんじゃないかな。

私が中学受験した時の基準は偏差値しか無かったのだけど、特性や進路、教育内容などを吟味して、自分にあった学校を選ぶことが出来そうで、うやましいな。

というか、人生、もう一度やり直したいよ!

「シン・ゴジラ」はスゴかった!!

楽しみにしていた「シン・ゴジラ」がついに公開されました!

観てビックリ!予想を遥かに上回る出来の良さです!

好きな人は二度三度と観たくなるでしょうから、
とにかく早めに劇場へ駆けつけてください!!

354182_001.jpg

公開に先立ち、Huluで過去作の配信をしていたので、懐かしく観返していましたが、まぁ安っぽい。ゴジラ映画は28作も続いた人気シリーズですが、後世に気恥ずかしさしか残さない安直な作品も多かったですね。

でも、第1作目の「ゴジラ」は、60年以上前に撮られた白黒作品ながら、今観ても何ら不足も感じないほどの観応えがあり、レジェンドとして、決して名前だけでない傑作だなと感じました。逆に、60年の間、日本映画はいかほどの進化を遂げたのかという切なさも漂います。

「シン・ゴジラ」は、てっきりこの初代の焼き直しで、オマージュバリバリの内容になるのだろうなと予想しておりましたが、いやぁ、見事に外れちゃいました。

354182_002.jpg

男子胸熱なメーサー戦車や秘密兵器も出てきません。

謎の巨大生物が突如首都を襲ったらどうなるのよという空想の根幹部分に沿って、ゴジラの存在以外は極力リアルに描かれており、ゴジラ対日本政府という、いわば災害対策ムービーといった内容になっています。

354182_003.jpg

VSものが定番となって、ゴジラは必ずしも敵役ではなくなりました。
時に少女と心が通ったり、人類に教訓を授けたりする神のような存在に描かれています。

初代には破壊に伴う人死の描写も多くありましたが、近代の作品では避難する人々も半笑いで、壊される街や兵器に人間の気配はありません。破壊はあくまでセットの中の出来事で、おらが街のランドマーク破壊への喝采もお約束となりましたね。

しかし、今回のゴジラはマヂ怖ぇから!ちびるから!

東京や神奈川を舞台に、まさに生きる災害、災厄といった無慈悲な蹂躙を繰り広げます。観客が感情移入できるような対象ではありませんし、とにかくゴジラが無敵すぎて、人類はもうどうやっても勝てないんじゃないかという絶望感をビシバシ感じますよ。

全般的に3.11の影響を色濃く感じます。
ゴジラの恐ろしさが、我々が実際に経験した恐ろしさとリンクしています。

354182_008.jpg

それでもくじけない面々が心強い!

映画は半ば会議室やプロジェクトルームの中で展開します。

実態の掴めない巨大生物、どんどん拡大する被害、数百万人にも及ぶ避難、憲法や核の問題、法や手続き、外交関係にてんやわんやという状況下で、政治家と官僚と軍人、それぞれが前向きに頑張るという部分がファンタジーであり希望だなと感じます。 

出演者も山ほどで、エンドロールで流れて、初めて、こんな人も出てたんだって気付くくらい。再度、観なおして確認していくのも楽しそうです。

354182_009.jpg

群像劇として描いているので、個々のドラマはあまり掘り下げられません。これに関してはもうちょいあってもいいかなと思います。主役の長谷川と竹野内の役割対比がいまいち弱いですし、現場の想いみたいなもんをもっと拾っても高まるような気がしますよ。

また、この大人数の中で、印象を残せる役者はやっぱり大したもんで、対策室の面々は個性があって良かったですが、特に市川実日子。官僚では防衛大臣役の余貴美子がかっこ良かったです。

354182_007.jpg

また、役所用語や学術用語など早口でワーワーやることで、錯綜する緊迫感みたいなもんを演出しているのでしょうが、観客に理解させる気がないにしても、役者の滑舌が悪くて聞き取れないとこが多いのは、ややストレスです。声優に吹き替えてもらいたいくらい。

イマイチの筆頭としては石原さとみタンの役で、やはりセリフ回しに難があるのにルー大柴的な英語交じりの会話をするもんだから、ちょっと陳腐な印象です。

このキャラが出てくると、ただもう、プルプルの唇を見つめるしかなくなってしまうのは、私がエロ親父だからではありませんよ!仕方ないのです!
なお、ちょっと谷間も拝めます。

354182_004.jpg

そして、こんなに自衛隊がかっこよく描かれた作品があったでしょうか!
陸海空総力を上げての迎撃戦が、すばらしいです。

ミリ属性の方も十二分に喜んでいただけるでしょうし、鉄属性の方はクライマックスに滂沱の涙が、重機属性の方は拳を痛いほど握ることと思われます。

ラストのヤシオリ作戦もミラクル頼みでなく、人々の知恵と力でゴジラに打ち勝つという、穴のないしっかりとした脚本になっているのがよろしいです。終盤、出演者がただ棒立ちになって眺めているだけといったいつもの情けない光景ではありません。

特撮や映像に関しても、これまでのゴジラ映画、日本映画のクオリティとは比べ物になりません。このままハリウッドに出してもなんも恥ずかしくなく仕上がっていて、ビックリいたしました。

我々世代の青春は庵野やシンジ君には裏切られることばかりでありましたが、今回ばかりはバッチリガッチリ結果を残してくれて、本当に心から有難うを言いたいです!

続編も示唆されますが、もう苦しんでエヴァを作らんでもいいから「シン・ゴジラ2」にめちゃくちゃ期待してしまいますよ!

この夏は「シン・ゴジラ」で決まりです!