恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「横浜学 ~横浜とみどり~」の感想

関東学院大学と横浜ウォーカーのコラボ講座「横浜学」

第24回目のテーマは”横浜とみどり”

「全国都市緑化よこはまフェア」の開催に合わせた話題だと思います。
最近の横浜学は歴史だけでなく、横浜の現在や未来を窺える話題も増えてきており、興味深いですよね。

DSCF4989.jpg 
一人目の講師は関学経済学部の教授。
自らも制定に関わった横浜みどり税についてのお話です。

1970年代の横浜は緑被率が50%あり、港と緑の調和する都市であった。しかし、開発が進むにつれ、80年代には40%、そして2009年には30%まで緑の割合が減ってしまっている状況。

これになんとか歯止めをかけたいということで「横浜みどりアップ計画」が策定される。その税源として導入されたのが横浜みどり税。

年間約25億円の費用について、企業から市民税に+9%、市民は+900円の徴収で賄う形。5カ年の期間限定で計画された税だったが、さらに延長し、現在はその第2期目に当たる。効果が評価されているので、やがては一般税化していかねばならないだろう。

第1期の成果として、地主が維持できなくなった山林の買い取りが64.5ha、地主所有のまま、保全林の指定を行った分が500ha。その他、農地の保全や公演等の緑化に使用された。

保全林に関しては、維持管理のため、市からお金や人のサポートが受けられる仕組みで、まずはこれに登録してもらうことで、地域ぐるみのサポートやいざという時の取得に繋がっていくため、非常に重要。

施策は新たに緑を増やすというより、今ある緑をいかに残していくかということに重点が置かれており、風景は大きく変わらないため、目に見える効果としては認識しづらいかもしれない。

DSCF4991.jpg

2人目に講師は里山NPOの方。
お話は里山の保全活動についてです。

横浜には原生林は殆ど残っておらず、現在残っている林は人の手が入ったもの。

里山はもともと人家の裏山というような意味で、かつては近隣に暮らす人々に管理され、人と自然が共生する循環型の生活の場であった。横浜では特に谷戸の風景が多い。

しかし、生活様式の変化、たとえば薪を拾うような生活でなくなっているため、現代では里山との関係が希薄になり、減少の背景ともなっている。

メダカが絶滅危惧種になるように、かつては身近な存在だった生物や風景が姿を消しつつある状況。

目下、里山保全には多くのボランティアが参加して、地域のつながりにもなっている。ただ、逆に人の手が入りすぎて、露地化してしまう懸念や、活動者の高齢化の問題を抱えている。若い世代は自然の中で暮らした原体験が無いため、なかなか後に繋がっていかない。

横浜市の緑は人口1人につき4畳半程度で、空気や資源、農作物に関しても自給には至らない。身の回りの風景だけではなく、他の地域から助けてもらって、暮らしている意識も忘れてはいけないだろう。

DSCF4992.jpg 
3人目は横浜市のみどりアップ推進部長。
「横浜みどりアップ計画」と「全国都市緑化よこはまフェア」のお話です。

横浜はモザイク状の樹林地が特徴で、身近なところに緑を感じられる街。

市街化調整区域は市全域の25%。
市西部にある河川源流域や農地等、緑の10大拠点といわれる緑地が存在する。

みどりアップ計画では、①緑の減少に歯止めをかけ、総量を増やす ②緑の質を高める ③市民と緑の関わりを増やす という目標を立て、森林や農地の保全、街路樹等の整備や各種PRの事業を行っている。財源はみどり税だけでなく、国税、市税、一般会計からも当てられている。

今回横浜での開催が33回目となる都市緑化横浜フェアではサクラ、バラ、チューリップがテーマフラワーになっている。

臨海部のみなとガーデン、郊外の里山ガーデンの2会場に約100万本の草花を展開。来場者からも高い好評を得ている。


座談会では、横浜の都市機能を考えるとさらなる市街化、緑被率の低下に歯止めをかけるのは難かしいため、残る緑の質をいかに高めていくかが重要になってくること。

緑化に関しても、外来のキレイな草花と土着の動植物を比べると、前者は対外アピールも強いが、後者はどうしても地味。今後横浜の緑のあり方について、どういう方向性を示すべきかということ。

また、質疑では、従来の里山を保全するのではなく、より維持の容易な原生林にしていく方が良いのではないかという問いについて、どの時代の林に戻すべきなのか、鬱蒼と荒れた環境に周囲の人々は耐えられるか、またかつての原風景や里山生活の文化を途切れさせて良いのだろうかという回答がありました。

スポンサーサイト

「イップ・マン 継承」を観たよ

Huluのオンライン試写で、楽しみにしていたド兄映画を観ましたよ!
ネットの試写会って初めてだな!

操作は通常の動画鑑賞とほぼ一緒。
当選者にメールで動画アドレスが送られてきて、指定された4時間の中で試写をスタートする必要があります。なお、期限を過ぎて以降は、視聴中断すると戻れなくなるみたいよ。

ちょうど、夕飯時だったし!
せめて半日くらいは時間に猶予があっても良かったかな。でも、画面の半分で艦これやりながら、気になったことは検索しながら、楽な体勢でダラダラ観られるし、そのままの流れで関連作も観られるしで、なかなか快適な試写でした。

359284_001.jpg

映画は詠春拳の達人イップ・マンを主人公にしたシリーズ3作目。奥さんとかデブ刑事とか、前作から継続出演しているキャラもいます。

実在の人物といっても物語は基本的に創作で、ほんとは奥さん連れてきてないじゃん的な史実との相違だったり、故郷にいられない原因は共産党じゃんか!的なツッコミどころもありますよね。

359284_002.jpg 

今作は、香港で武館を開き、家族とともに平和に暮らすド兄に、小学校の地上げを目論むヤクザが襲いかかる!そして、ギラついた若手の台頭!奥さんも大変!という流れ。

オープンニングの枯れ味漂わす木人稽古シーンよ!そっから、武館を訪れる生意気な青年、怪鳥音を放ち、妙にしゃくれた謎の青年!を軽々いなし、悪くはないね的な笑みを浮かべる冒頭だけで、もうお腹いっぱいなのであります。某ブルースには遠慮なく乗っかっていく定番を回収です。

アクションはやはり最高で、チンピラたちを次々伸していく様、人質救出の大立ち回り、奥さんを守りながらのEV内バトル、タイソンとの死闘、そして、という感じで、それぞれ、アイデアと工夫が詰まっています。ド兄もシリーズで最も師父的な円熟ぶりを魅せ、3作でちゃんと変化がついてます。

359284_003.jpg

1はどうしちゃったのってくらい唐突に日本鬼子憎し!な話になりますし、2は西欧のクソ野郎を叩きのめす!な展開で、いずれも中国人としての意地みたいなものが根底に描かれます。

3は層の手の短絡的な話でなく、もうちょっと内省的になっているのかな。テーマは家族で、映画としてもしっとりと丁寧に描かれている印象です。アクション以外のド兄の演技も地に足がついてたな。奥さんとのラブラブダンスシーンとかも見どころ。

359284_005.jpg

タイソンがラスボスかと思ってたら違ったの!

ちなみに前作のボスも白人ボクサーでしたが、やっぱ存在感が違うな。
ステップは若干重げですが、それでも、元ヘビー級世界チャンプの迫力や怖さみたいなのは遺憾なく発揮されておりました。詠春拳のパパパパパンチが全く効いてる感じしないもんね!

まぁ、アクション指導でもあるサモハンが、ロッキー3で言うところのアポロ的な位置でおいしいとこをごっそり持っていく2も大好きですけどね!

359284_006.jpg

若手枠だと1、2のルイス・ファンも骨太でかっこよかったですが、今回のマックス・チャンもすっごく良かったですね。

考えてみれば、ド兄も53歳だし、以降の香港武術スターは誰なんだと言われると、心もとなくもあります。レジェンドクラスだと、単なる演者にとどまらず、自分でアクションを組み立てて切り開いていかねばならないとこが特殊事情です。若い世代に上手くつながってほしいなと思います。

カンフー映画も、京劇スタント時代、その後のワイヤーピュンピュン時代とは違い、地に足の着いた感じになってきていますな。昔のジャッキー映画で観る師父はすぐキレるし、尊大頑迷だったり、アル中だったりで、やたら器が小さいよね。中国の師弟関係は大丈夫なのかと、心配しちゃうのですが、今回のド兄師父は懐も深く、やる時はやる感じでかっこよかったわ。

最後に、題名に”継承”ってついてるけど、何が継承なのかさっぱり分かんなかったわ!売れたし、もう1作いけるよってことかな!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。